空腹を我慢することなく、食べながらダイエットもできるとして人気のオールブラン!


糖質制限をすることで健康にもいいといわれていますが・・・


ここでは、オールブランの食べ方とその効果について書いていきます。
オールブラン

オールブランとは?



ブランとは、小麦の外皮のことをいいます。


小麦の外皮を原材料にして作られたシリアルをオールブランというのですね。


食物繊維を豊富に含み、鉄分やカリウム、マグネシウムなどのミネラルも含まれています。


オールブランの食物繊維


オールブラン
オールブラン一食分を40gとした場合、とれる食物繊維は12.9gです。


成人女性の一日の摂取目標量は17gと言われています。


オールブラン一食分で、一日に必要と言われる約7割を摂取することができるんですね。


美味しい食べ方



そのままだと、美味しくないと感じる人も多いようです。


空腹を我慢しなくていいとはいえ、せっかく食べるのなら美味しく食べたいですよね。


一般的には、牛乳やヨーグルトと混ぜて食べる人が多いようです。


そこに、バナナやキウイなどのフルーツをトッピングしたり、はちみつをかけたり。


ドライフルーツやナッツと混ぜたり、きなこや豆乳との相性もいいようなので、いろいろと試して自分の好きな食べ方を見つけてみましょう。



お菓子作りが得意な人は、クッキーに混ぜたり、マフィンやケーキにしてもいいかもしれません。


オールブランの効果



なんといっても、食物繊維が豊富なことから、便秘解消の効果が期待できます。


食物繊維はお腹の調子を整えます。


食事制限をしてしまうダイエットではどうしても便秘になりがちですが、オールブランで食物繊維を豊富に摂取すれば、心強い味方となりますね。



糖質とは?



五大栄養素の「炭水化物」のことです。


炭水化物は、主食のことです。


お米や穀類、麺類やイモ類などのことですね。


スポンサードリンク



糖質制限の効果がヤバイ3つの理由



その1 みるみる体重が落ちていく

オールブラン

一日に摂取できる糖質を制限すると、みるみる体重が落ちていきます。


糖質制限とは、本来は糖尿病患者に行う治療のことで、細かく配慮して食事中の糖質を制限します。


ですので、もしも間違った糖質制限をしてしまうと・・・


脂肪だけではなく筋肉まで落ちていきます。


筋肉が落ちると、基礎代謝が落ちます。


そして、みるみる体重が落ちたからと喜んで、元の食事に戻ってしまうと一気にリバウンドしてしまうのです。


ダイエット中は体重が減ることはうれしいことですが、一気に減らさないよう気を付けましょう。


その2 体脂肪が体内でどんどん利用されていく



食事をして、それがカロリーとなり、エネルギー源として利用されるのは、脂質、たんぱく質、糖質の三つです。


このうちタンパク質は体を作る材料になることを優先するので、日常的にエネルギー源になるのは脂質と糖質です。


メインのエネルギー源は脂質で、脂肪細胞に蓄えた体脂肪を分解して消費します。


糖質制限をするとインスリンの分泌が少なくなり、体脂肪の利用が促進されます。


今までたまっていた無駄な体脂肪をどんどん利用していくため、一週間ほどで体重が減ってきます。


その3 炭水化物以外なら好きなだけ食べられる



糖質とは、炭水化物のことですので、それ以外のものはなんでも好きなだけ食べて良いとされています。


今までのダイエットは食事制限で空腹を我慢したり、一度の食事で食べられる量を決めたりしたかもしれません。


とはいうものの、過度に食べすぎるのは体に良くないのでほどほどにしておきましょう。


スポンサードリンク