柑橘類のゆずは、食べてもいいし、ゆず湯にしてもいいですね。


化粧水として使う人もいるようですが、ゆずでキレイになれるのでしょうか?!


ここでは、ゆずの効果や効能、ゆず湯、ゆず茶、化粧水について調べていきましょう!
ゆず

ゆずとは?



ミカン属の常緑小高木で、柑橘類のひとつです。


消費、生産ともに日本が最大で、果皮の表面がでこぼこしていて酸味が強く、香もあるのが特徴です。


香を楽しむために、少しだけ料理に使うことも多いですよね。


果肉部分だけではなく、皮も香辛料や薬味として使われます。


また、冬至の日にはゆず湯に入るという風習もありますね。


ゆずの効果効能は?


ゆず

ビタミンC



ゆずには豊富なビタミンCが含まれています。


果肉よりも皮の方が栄養価が高く含まれています。


ビタミンCは風邪の予防や疲労回復、美肌効果が期待できます。


また、ビタミンCにはストレスを解消させる効果や、神経伝達物質の合成をサポートする働きがあります。


ペクチン



ペクチンは水溶性の食物繊維です。


食物繊維には整腸作用があり、下痢や便秘を予防します。


また、血中のコレステロールを減らす効果もあるので、動脈硬化や糖尿病などの予防も期待できます。


クエン酸やリンゴ酸などの有機酸



疲労回復効果や、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。


リモネン



リモネンなどの香り成分は、脳をスッキリさせ、ストレスを解消させるなどのリラックス効果が期待できます。


ゆず湯



冬至の日にゆず湯に入ったことがありますか?


この日にゆず湯に入ると、一年間風邪をひかないと言われていますね。


血行促進の効果があるゆずで体を温め、風邪を予防する働きを期待しているのでしょう。


ゆず湯の作り方


まるごとそのままをたくさん湯船に浮かべる

輪切りや半分にカットして湯船に浮かべる

掃除のことを考えて、輪切りや半分にカットしたものを袋に入れてから湯船に浮かべる

ゆずの果汁をしぼって湯船に入れる

ゆずの皮だけを湯船に浮かべる

ゆずの香りの入浴剤を使う   などなど


いろいろな方法があるので、気に入った方法で試してみましょう!


スポンサードリンク



ゆず茶



ゆずの皮をふんだんに使って作られるゆず茶には、ビタミンCや鉄分、ミネラルなどがたっぷり入っています。


疲労回復や風邪予防だけではなく、美肌効果やダイエット効果も期待できるのです。


市販されているゆず茶を飲んでもいいし、自分好みの味に手作りするのもいいですね。


化粧水



ゆずを使った化粧水には、美肌や美白、保湿効果、引き締め効果があります。


ゆずを使った化粧品も売られていますが、手作り化粧水は作り方が簡単なのでおススメです。


ゆずのタネを水に1日漬けるだけ


たったこれだけでできてしまうのです!


この時の水は、水道水以外のものを使いましょう。


割合は、ゆずのタネ:水=1:3で瓶などに入れ、冷蔵庫に保存します。


ゆずのタネは、市販されているものもありますが、家庭でゆずを使うたびにタネをあつめて冷凍保存しておき、使う分だけ凍ったまま水に漬けるといいですね。


また、水で作っているのであまり日持ちがしません。


一週間ほどで使いきれる量を作り、冷蔵庫で保存しましょう。



スポンサードリンク