口臭が気になることって、ありませんか?


口臭の原因はいろいろありますが、舌苔(ぜったい)もそのひとつです。


舌苔の臭いはどうやって取ったらいいのでしょう?


その原因と対処法を調べていきましょう!

舌

舌苔とは?



舌の色は、ピンクですか?


それとも、白っぽく苔が生えたようになっていませんか?


この、白っぽい苔のことを「舌苔」といいます。


食べ物の残りカスが付着していたり、細胞の角質に細菌などがたまって白く見えるのです。


原因は細菌や病気などさまざまありますが、原因不明のケースもあるようです。


対処法の3つのポイント

口

専用のブラシを使う



臭いを取るためには、舌苔を取り除かなければいけません。


歯磨きのついでに・・・と、歯ブラシで舌を磨くと舌の表面を傷つけてしまう可能性がありますので、舌専用のブラシを使いましょう。


また、磨きすぎて舌苔を取りすぎると、逆効果になってしまい口臭がひどくなることもあります。


舌専用のブラシは、一日一回のケアにとどめておきましょう。


また、舌に傷がある場合は傷が治るまで使用は控えましょう。


傷を悪化させてしまう可能性があります。


口腔内を清潔にする



舌苔の正体の多くは食べ物の残りカスの付着や、細胞の角質に細菌がたまったものです。


食べ物の残りカスは、舌の表面に無数にある細胞の間に引っかかって残ってしまうことがあります。


食事の時には噛む回数を増やしたり、水分をよくとることで対処しましょう。


細胞の角質にたまる最近は、歯磨きやうがいなどで洗い流すことができます。


口腔内を清潔にすることで、舌苔が増えることを防ぐことができますね。


スポンサードリンク



口腔内を乾燥させない


口
唾液が少なかったり、口呼吸をしていると、口腔内が乾燥します。


唾液には、口腔内を洗浄する効果があります。


そのため、唾液が減ると細菌がたまり、舌苔ができやすくなります。


口腔内が乾燥すると、細菌が繁殖しやすくなり、舌苔ができやすくなります。


口呼吸ではなく、鼻呼吸をするようにしましょう。


無意識で鼻呼吸ができない人は、意識的に鼻呼吸をする練習が必要です。


しかし、口呼吸には、鼻のつまりや骨格、かみ合わせなどが原因になっている場合があります。


鼻のつまりが原因かもしれない・・・と思うときは、耳鼻科を受診するといいでしょう。


また、薬を服用しているときに口腔内が乾燥することがあるかもしれません。


薬の説明書などを確認すると、乾燥の原因かどうかわかりますね。


その場合は、一時的に乾燥しているだけなのであまり気にする必要はないでしょう。


さいごに



口臭はデリケートな問題なので、なかなか人に指摘されることはありませんよね。


自分で気づいたときには「みんなに臭いと思われているかもしれない」と心配になってしまうかもしれません。


ですが、舌苔はきちんとケアすることで減らすことができます。


専用ブラシで磨くだけではなく、口腔内を清潔にしたり、乾燥させないようにするなど、普段の生活を見直すことでも予防ができますね。


スポンサードリンク