数年前から話題になっている断捨離ですが、みなさん、やったことはありますか?


なんでもかんでもただ捨てればいいだけではないようですね。


ここでは、断捨離のやり方や、後悔しないためのコツをお教えします!

断捨離

断捨離のやり方



断捨離とは、「断行」「捨行」「離行」の頭文字から作られた言葉です。


入ってくるものを断ち、要らないものを捨て、ものへの執着から離れるという意味があります。


断捨離をすることで、スッキリとした気分で生活できるようになり、運気があがるとも言われています。


整理整頓をするという意味だけではないのですね。


断捨離をするときは、スッキリした部屋で生活する姿を想像するといいようですよ。


後悔しないコツ厳選ベスト3!!!


断捨離

1、断捨離する場所・期間を決める



家中を断捨離しよう!と張り切っても、一度に全部はできません。


途中でやる気がなくなったり、諦めたりしてしまいます。


なにを処分するか、残すか、考えるときに混乱してしまうかもしれません。


断捨離を始めるときは、まずは場所と期間を決めましょう。


キッチン、クローゼット、リビング、それぞれ一カ所ずつ断捨離を行いましょう。


そして、今度は「一年間使っていないものを処分する」とか「1シーズン使わなかったものは処分する」と、期間を決めましょう。


こうすることで、捨てるものか、残すものかの判断がしやすくなります。


特に衣類は、1シーズンや1年間使わなかったものは、流行や自分の年齢なども関係してきますので、今後使う機会はないと判断していいでしょう。


スポンサードリンク



2.勢いで捨てていくのではなく、ひとつひとつを手に取ってみる


断捨離
「断捨離するぞ!」と意気込んで、一気に断捨離をしてしまうと後悔することがあります。


そのときの勢いで「これも捨てちゃおう!」とノリノリで処分してしまったのに、冷静に考えると本当は処分したくないものだった・・・とか。


断捨離をするときは、ひとつひとつのものを手に取って一度考えてみましょう。


自分の中で答えが出ない時は、誰かに相談するのもいいですね。


特に、写真や日記などの思い出が詰まったものや、手作りのプレゼントのように世界にひとつだけしかないようなものは、買いなおすことができません。


捨ててしまってもまた買えばいいものとは違い、もう二度と手に入れることができないものってありますよね。


そういうものの場合、特に慎重に考えた方が後悔せずにすみますよ。


3.どうしても迷うものはとりあえず取っておく



断捨離をしていくと、処分するか残しておくか、どうしても決められないものが出てきます。


誰かに相談してもやっぱり決心ができない・・・


そういうものは、その場で答えを出さずに、とりあえず取っておきましょう。


そして、たとえば、一か月後や半年後に改めて考えてみるのです。


それでもやっぱり取っておきたいと思うものなら、取っておきましょう。


時間がかかってもいいのです。


処分するのは簡単でも、取り戻すのはとても難しかったり不可能だったりします。


納得できるまで取っておきましょう。


スポンサードリンク