花粉症の症状、辛くて苦しいですよね。


そんな花粉症の症状にも、いろいろあります。


鼻づまりや目のかゆみ、体のだるさや微熱などなど・・・


咳やたんが出る人もいるようです。


咳止めを飲んでも効果が出ない場合は、なにか別の原因があるのかも?

花粉

花粉症で咳やたんが出る原因



花粉症は、花粉に対するアレルギー反応です。


その反応は人によってさまざまですが、基本的には体が防御反応を起こすことで症状が現れます。


咳やたんは、のどに花粉が付着することでおこるアレルギー反応です。


また、鼻づまりのせいで口呼吸をすることが多くなり、唾液の量が減ります。


口やのどが乾燥し、のどの粘膜が炎症を起こし、咳が出る原因にもなっています。


咳止め

治療

花粉症からくる咳には、花粉症用の抗アレルギー薬がいいでしょう。


風邪とは違う原因なので、風邪薬の咳止めを飲んでも効果は期待できません。


取り扱い説明書をきちんと読んで、用法容量を守って服用しましょう。


咳止めで効果がないときは?


説明
花粉症用の抗アレルギー薬を服用しても効果がない場合は、別の病気の可能性があります。


いくつかの症状を書いておきます。


急性気管支炎



たんの色が無色から黄色に変わったら気を付けてください。


乾いた咳から湿った咳になり、発熱や胸痛を伴います。


特徴としては、暖かい場所から寒い場所(屋外など)へ出たときに咳が出やすくなります。


スポンサードリンク



気管支拡張症


インフルンザ
濃い黄色のたんが多く出るようになり、熱が出る場合もあります。


咳が長期間続き、酷くなると血痰が出ることもあります。


そうなる前に病院へ行きましょう。


肺炎



発熱、胸痛、呼吸困難、乾いた咳、チアノーゼなどの症状があります。


チアノーゼとは、肌や唇が青紫色になり、大変危険な状態です。


黄色いたんがでるときは要注意です。必ず病院へ行きましょう。


自然気胸



刺すような胸痛、呼吸困難、乾いた咳、唇が紫色になるなどの症状があります。


百日ぜき



風邪と同じような症状が続き、だんだん咳が激しくなります。


特に夜間の咳が激しく、咳止めが効きません。


痙攣性の激しい咳、呼吸ができなくなるほどの激しい咳をします。


ねばねばしたたんが出ることも特徴です。


幼児に多い病気です。


肺結核



咳やたんが長期間続きます。


食欲が落ちたり、体重が減少し、疲れやすくなります。


微熱も長期間続くことがあります。


自己判断せず病院へ



市販の花粉症用の抗アレルギー薬を服用しても症状の改善が見られない場合は、自己判断せずに病院で診察を受けましょう。


健康な状態であればどうってことない病気でも、花粉症のアレルギー反応でのどの粘膜が炎症を起こしていたり、体力が低下していると罹りやすくなってしまいます。


もしも花粉症ではなく、別の病気であったとしても、早期発見することにより症状が軽いうちに治療することができます。


「花粉症だし・・・」と放置しておくと、治療期間が長引いたり、完治することが難しくなるケースもありますので、気になる症状がある方は早めに病院へ行きましょう。


スポンサードリンク