辛くて苦しい花粉症・・・


花粉症のシーズンは早く過ぎてほしいものですが、ピークはいつなのでしょう?


花粉によってピークの時期が違うようですが、ここでは、一般的な花粉症について調べてみましょう。
花粉症

花粉症はいつからいつまで?



花粉症の原因となる花粉は、人によってさまざまです。


ひとつにしか反応しない人もいれば、複数の花粉に反応する人もいます。


年中花粉症!という人までいるようです・・・辛そうですね。


病院で、どの花粉に反応しているのか調べることができるので、自分自身がどういう花粉に反応するのかを知ることができれば、花粉症のシーズンが始まる前に対策を練ることができそうですね。


スギのピーク・・・2月~4月

ヒノキのピーク・・・3月~5月

ネズのピーク・・・4月~5月

シラカンバのピーク・・・4月~5月

ハンノキのピーク・・・1月~6月

オオバヤシャブシのピーク・・・3月~4月

コナラのピーク・・・4月~5月

リンゴのピーク・・・4月~5月

カモガヤのピーク・・・4月~7月

オオアサガエリのピーク・・・4月~7月

ハルガヤのピーク・・・4月~7月

ホソムギのピーク・・・4月~7月

スズメノカタビラのピーク3月~5月 などなど



スポンサードリンク



ピーク時期以外にも注意すべきポイント3つ


花粉症

ピークの前後一か月も気を付けて!



たとえば、スギ花粉ですが、ピークは2月~4月といわれています。


しかし、1月の暖かい日などにはすでに飛び始めることがあるのです。


ピークの時期になると市販の花粉症用の薬が売り切れになる・・・なんてこともあるようですので、ほんの少しでも花粉が飛び始めたら、準備しておくほうがよさそうですね。


特に、春は多くの人が花粉症の症状に悩まされる時期でもあります。


早めに準備に取り掛かっておきましょう。


自覚のない別の花粉に反応しているかも?



花粉症は、いつ、だれが発症してもおかしくない病気です。


昨年までは大丈夫だったのに、今年は急に症状が・・・という人も大勢いるようです。


また、昨年まではスギの花粉にしか反応しなかったのに、今年はイネ科の花粉にも反応するようになった!というケースもあります。


ピークの時期を過ぎたのに、花粉症の症状が続いているようなときは、別の花粉症を疑いましょう。


日常生活でも気を付けましょう



日本人の4人に1人は花粉症になっているといわれています。


現在花粉症ではなくても、ある日突然花粉症になってしまうかもしれません。


花粉症になる原因は、それまでに吸い込んできた花粉の量が関係しているとも言われています。


現在花粉症ではない人や、複数の花粉に反応をしないためにも、普段からマスクなどをして花粉を吸いこまないようにすることが必要なのかもしれません。


外出先から戻ったら、家の中に入る前に花粉や埃を払い落したり、手洗いやうがいをきちんとするようにしましょう。


体の免疫機能を正常に働かせることも大切ですので、規則正しい生活を心がけ、良質な睡眠をとりましょう。


スポンサードリンク