健康に良いと言われているルイボスティーが、不妊治療にも効果的ということはご存知ですか?


不妊症に悩んでいる方や、妊活に励んでいる方はほとんどルイボスティーを飲んでいるとか。


では、ルイボスティーがどうして不妊治療に効果があるのでしょう?



体にいいと言われる3つの理由をお教えしましょう。


ルイボスティーの主な効能

ルイボスティー
美肌、老化防止などのアンチエイジング効果

アトピー性皮膚炎などの改善効果

花粉症などのアレルギー症状の改善効果

基礎代謝の改善効果

ストレスの軽減効果

二日酔いの軽減効果

加齢臭を抑える効果

不妊症の改善効果



体にいいと言われる3つの理由


口

抗酸化作用がある



ルイボスティーの主な効能で「美肌、老化防止などのアンチエイジング効果」があると書きました。


その理由として、強力な抗酸化力をもつフラボノイドが含まれていることがあげられます。


不妊症の原因には、排卵障害や黄体機能不全、卵巣機能不全などがありますが、それらは活性酸素と体内酵素のバランスが崩れることで起こります。


また、卵巣や卵子、子宮の老化も原因のひとつと考えられています。


ルイボスティーのもつ抗酸化作用で、卵巣や卵子、子宮の老化を防ぎ、活性酸素と体内酵素のバランスを整えることができれば、不妊治療への効果も期待できるのです。





カフェインが含まれていない

ルイボスティー

ルイボスティーには、カフェインが含まれていません。


カフェインには中枢神経を刺激し、覚醒や興奮の作用をもたらします。


これは、胎児の成長に悪影響を及ぼすと考えられています。


また、利尿作用もあるので、胎児の成長に必要な栄養素であるカルシウムが排出されやすくなります。


そのため、妊婦がカフェインを摂取することを控えるよう言われているのですね。


ですが、ルイボスティーにはカフェインが含まれていないため、カフェイン中毒の心配などをすることなく飲むことができます。


カフェインを1日100mg以上摂取すると、早産率が1.2倍に上がるともいわれているんですよ。


ミネラルが豊富に含まれている



妊活で特に必要とされているのが、セレン、亜鉛、鉄分です。


中でも亜鉛は不足すると不妊症状が出ると言われており、これは男性も女性も同じです。


男女ともに亜鉛を摂取することで生殖機能を改善させる効果があると考えられています。


亜鉛はストレスで消費するものなので、毎日飲むことで不妊治療にも効果が期待できます。


ルイボスティーにはミネラルが豊富に含まれているので、不足しがちな栄養素を摂取することができます。


不妊治療中の方だけではなく、多くの人におすすめできる飲み物ですね。


さいごに



ルイボスティーは不妊治療に効果的だということがわかりましたね。


不妊の原因は女性にだけあるわけではない・・・というのは今や常識となりましたが、夫婦で一緒に飲むといいですね。


寝る前にルイボスティーを飲むと、リラックス作用があるのでよく眠れるそうです。


また、ルイボスティーを飲んだからと言って不妊治療にすぐに効果があるわけではありません。


1か月~3か月ほどは時間がかかると思っておきましょう。

≪送料無料≫限定生産茶葉ルイボスティーお試しセットはコチラ