ルイボスティーは妊活や不妊治療にも効果が期待できると言われています。


では、妊婦さんにはどうなのでしょう?


副作用があるというのは本当でしょうか?


ルイボスティーの妊婦さんへの効果


ルイボスティー

ノンカフェイン



まず、一番良いのはルイボスティーがノンカフェインであることです。


妊娠中はカフェインの摂取を控えるよう言われていますが、ルイボスティーはノンカフェインですので、赤ちゃんへの悪影響はまったくないと考えられています。


ミネラルが豊富


ルイボスティー
ルイボスティーにはミネラルが豊富に含まれており、体に必要な栄養素を摂取することができます。


健康に良いだけではなく、フラボノイド類が多く含まれているため、抗酸化作用があります。


抗酸化作用は免疫力を高める効果が期待できるので、妊婦さんにもおすすめですね。


便秘解消



また、妊娠中は便秘で悩む人も多くいますが、ルイボスティーは便秘解消効果も期待できます。


妊娠中は市販の便秘薬は避けたいですよね。


ルイボスティーを飲むことで、腸内環境が整えられ、便秘解消につながるのです。


母乳はどうなる?


妊婦
ルイボスティーは、妊婦さんやお腹の赤ちゃんへの悪影響はありません。


そして、母乳の質を高める効果が期待できるといわれています。


母乳には、赤ちゃんに必要な栄養素がたくさん含まれています。


ルイボスティーはミネラルが豊富に含まれているので、赤ちゃんに必要な栄養素を補うことができます。


ノンカフェインのルイボスティーですから、母体にも赤ちゃんにもカフェインが入らないと言うのは安心ですよね。


ルイボスティーを飲むことで母乳の量が増えるわけではありませんが、母乳の質が高まります。


母乳育児を考えている妊婦さんや、授乳中のお母さんたちにすすめられているのはこういう理由があるのですね。






副作用があるの?


副作用
ルイボスティーを適量飲むことで、副作用は全くないと考えられています。


副作用が起こるような量というのは、1日に2リットルとか3リットルとか、過剰摂取した場合です。


ルイボスティーは毎日最低でもコップ3杯(500mlほど)を飲み続けることで効果が期待できます。


多くても1日1リットルくらいがいいでしょう。


ルイボスティーに豊富に含まれるミネラルも、過剰摂取すれば悪影響が起こります。


便秘解消に効果があるとさきほど書きましたが、大量に飲むことで下痢をする場合があります。


また、ルイボスティーに含まれているナトリウムは過剰摂取すると高血圧の原因になります。


どんなに体に良いと言われているものでも、過剰摂取は悪影響を及ぼす場合があります。


たくさん飲めばより効果が期待できるというわけではありませんので、適量を守って飲みましょう。


さいごに



ルイボスティーは妊婦さんやお母さんたちにうれしい効果がありますね。


妊娠中や出産後は心も体もとてもデリケートな時期ですから、飲みすぎないようにしましょう。


安眠効果もあるので、寝る前に飲むことで良質な睡眠を得ることができます。


良質な睡眠はストレス解消にもなります。


妊娠や育児でたまったストレスも、上手に解消できるかもしれませんね。

≪送料無料≫限定生産茶葉ルイボスティーお試しセットはコチラ