昔から火傷の治療やお肌の保湿などで使われている馬油ですが、アトピーにも効果があると言うのをご存知ですか?


髪に塗っても良い効果が得られるようです。


ここでは、馬油が万能な理由を3つご紹介します。
馬油

馬油の効能



抗酸化作用、殺菌作用がありニキビが痕を残さず早く治る

炎症を沈めるので火傷や、日焼けで痛い赤い肌に効果がある

浸透力が強く、長い保湿効果がある

血行を良くするのでマッサージ効果がある



馬油はなにに使えるの?


馬油
ニキビ、火傷、日焼け、擦り傷、魚の目、痔、薄毛、白髪、乾燥肌、美白、あせも、おむつかぶれなどなど・・・

昔から使われている万能薬といわれるだけあって、肌に関することはほとんどに使えるようです。


馬油が万能な理由3つ



副作用がほとんどない(食べられる)



馬油は、馬のたてがみや脂肪からできています。


馬肉を食べたことがある人は多いと思いますが、たてがみの下の部分は取れる量も少なく、希少価値があります。


「コウネ」や「タテガミ」という名前で販売されています。


食品として食べられるものから作られているので、安全といわれています。


そのため、赤ちゃんに使うこともできるんですね。


副作用が「ほとんどない」というのは、ごくまれに、ほてりやかゆみの症状が出ることがあるからです。


スポンサードリンク



髪にも使える

馬油

馬油には血液の循環を促す作用があります。


馬油を頭皮につけてマッサージをすると、血行促進効果が期待できます。


頭皮の血流が滞るとさまざまなトラブルの原因となりますが、馬油でマッサージをすることで血行を正常に保ち、白髪や抜け毛防止になるといわれています。


また、カラーリングやパーマなどで毛先が痛み、パサパサしている場合は、毛先に塗ってみましょう。


馬油が髪の内部にまで浸透し、しっとりつやつやの髪になります。


たくさん塗るとべたべたしてしまうので、少量をしっかり揉みこんでいきましょう。


普段通りに洗髪をしたあと、タオルドライをした毛先につけるのがいいでしょう。


そのまま洗い流すことはしません。


アトピーにも使える



アトピー性皮膚炎になると、肌のバリア機能は極端に低下します。


そのため、外部刺激の影響を受けやすくなり、乾燥し、炎症が起こります。


そんなとき、馬油を塗ることで肌表面に油膜が張られ、外部刺激や乾燥を防いでくれます。


また、肌に浸透した馬油の成分が炎症を沈め、新陳代謝を促し、極端に低下したバリア機能の形成をサポートしてくれます。


しかし、アトピー性皮膚炎の場合、肌に合わない場合は症状を悪化させる結果になりかねません。


少しずつ試してみるといいようですね。


さいごに



口に入れても安全な馬油は、赤ちゃんにも使えるのですね。


馬油を使うときは、赤ちゃんだけではなく大人も天然成分100%のものを選びましょう。


より安全で安心して使える物を選びましょうね。


とはいうものの、まれにかゆみやほてりの副作用が起こることもあるので、初めて使うときは少しずつ試してみましょう。


スポンサードリンク