健康的な体を手に入れるための運動後に飲むものといえば、なんでしょう?


筋トレのお供には、ソイプロテインがおススメですよ。


今回は、ソイプロテインを飲むタイミングや飲み方、効果をご紹介します。

スポンサードリンク

ソイプロテインって?


ソイプロテイン
ソイ=大豆ですね。


プロテイン=たんぱく質です。


ソイプロテインは、大豆由来の植物性たんぱくです。


甘味料で味付けをして飲みやすくしているものや、大豆そのままの味のものなど、いろいろあります。


大豆そのままの味のものは飲みづらいようですね。


ホエイプロテインに比べると、吸収速度が遅いのも特徴です。


飲むタイミングは?

説明

起床後



起床後にソイプロテインを飲む理由は、就寝中にたんぱく質を補給できないからです。


そのため、起床後にソイプロテインを飲んで体にたんぱく質を届ける目的があります。


間食



食事と食事の間が数時間空いてしまう場合、ソイプロテインを間食のかわりに飲むと効果があります。


体にたんぱく質が常にある状態のほうが筋肉がつきやすく、維持しやすいのです。


トレーニング前



トレーニングの2時間以上前に飲みましょう。


トレーニングの1時間前や30分前に飲むと、胃腸に負担をかけやすくなってしまいます。


ソイプロテインを飲むことで、脂肪燃焼効果を促進させます。


スポンサードリンク



トレーニング後

筋肉痛

トレーニング後は、栄養補給が欠かせません。


栄養補給はたんぱく質が重要ですが、炭水化物も摂取しましょう。


トレーニング後は筋肉の成長が進むので、終了後30分~1時間以内にソイプロテインを飲む人が多いようです。


就寝前



就寝中はたんぱく質を摂取することができないので、就寝前にソイプロテインを飲みましょう。


ソイプロテインは吸収速度が遅いので、ゆっくりと体がたんぱく質を吸収します。


最適のタイミングは?



ホエイプロテインと違って、吸収速度が遅いのがソイプロテインの特徴です。


たんぱく質を摂取することができない時間が長い就寝前が最適と言われています。


ソイプロテインの効果



大豆由来の植物性たんぱく質なので、動物性プロテインに比べるとカロリーが低く、食物繊維も豊富で腹持ちが良いです。


消化吸収に時間がかかるので、ダイエットの食事制限でも空腹感を少なくすることができます。


また、抗酸化作用のあるサポニンやイソフラボンも豊富に含まれています。


飲み方



基本的には、説明書に従いましょう。


ソイプロテインは溶けにくかったり、味が飲みづらいものが多いようです。


溶けにくい場合は、プロテインシェイカーにパウダーと水を入れて勢いよくシェイクしたり、コップにパウダーを入れて水を勢いよく注ぎ、スプーンなどでかき混ぜます。


味が飲みづらい場合は、水ではなく牛乳で飲むようにしたり、砂糖やハチミツなどを入れてみましょう。


より効果的な飲み方



トレーニング直後は、体がたんぱく質を必要としていますので、吸収の早い水で飲むといいでしょう。


就寝前は、起床までの時間が長いので、吸収の遅い牛乳で飲むといいでしょう。


スポンサードリンク