脂肪を減らしてくれるといわれているナイシトールの副作用はどんなものがあるのでしょう?


成分や効き目が、実は危険なんて話もありますが・・・なにが危険なのでしょう?


今回は、ナイシトールについて調べてみましょう!

スポンサードリンク

ナイシトールの効き目は?

ナイシトール


ナイシトールは18種類の生薬からなる防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)という漢方が使われています。


脂肪の分解、燃焼を促進し、肥満症の改善に効果があります。


便秘解消やむくみ解消の効果もあります。


お腹がぽっこり出ていて便秘がちな人にオススメですね。


ナイシトールで脂肪を減らしながら、生活習慣を改善したり、運動をすることによって、健康な体を作ることを目的としているようです。


ナイシトールの成分は?


ナイシトール
ナイシトールの主な成分は防風通聖散です。


トウキ・シャクヤク・センキュウ・サンシン・レンギョウ・ハッカ・ショウキョウ・ケイガイ・ボウフウ・マオウ・ダイオウ・硫酸ナトリウム十水塩・ビャクジュツ・キキョウ・オウゴン・カンゾウ・セッコウ・カッセキという18種類の生薬から抽出したエキスを乾燥して錠剤にしています。


ナイシトールの副作用は?



ナイシトールは副作用は少ないと言われていますが、まったくないわけではありません。


主な副作用としては下記のようなものがあります。


発疹、かゆみ

激しい腹痛を伴う下痢

胃部の不快感

間質性肺炎(咳、息切れ、呼吸困難、発熱など)

偽アルドステロン症(手足のむくみ、頭痛、血圧上昇など)

肝機能障害(黄疸、全身のだるさなど)


副作用として一番多いのは、ちょっとした下痢になることのようです。


重い副作用が起こることは稀のようです。


しかし、体の異常を感じたときは服用をすぐに中止し、医師や薬剤師に相談しましょう。


スポンサードリンク



ナイシトールのなにが危険?


副作用
漢方なので体に優しい・・・と思っている人も多いかもしれませんが、不向きな人もいます。


・中高年~高齢者

・妊娠中・授乳中の人

・胃腸などの内蔵が弱い人

・肝臓が悪い人


上記の人が服用する場合は、必ず医師や薬剤師に相談をしましょう。


胃腸の弱い人が服用すると、効き目が強すぎて胃腸に負担をかけることもあるようです。


また、ナイシトールは便秘薬でもあります。


便秘解消の目的で常用するようになると、便秘薬を服用しないと便通が起こらなくなることも・・・


薬に頼らないと便通が起こらないというのが、実は一番怖い副作用なのかもしれません。


ナイシトールを服用するだけでダイエット効果があるわけでもありません。


便秘解消やむくみ解消、脂質の代謝を促進し、余分な脂肪を減らす働きがありますが、これだけでダイエットできるわけではないのです。


さいごに



ナイシトールの主成分は漢方だから副作用は少ない・・・と思ってしまうのは間違いのようですね。


漢方も薬ですから、合わない人もいるのです。


説明書通りに用法容量を守って服用し、異常を感じたらすぐに服用を中止しましょう。


健康のため、薬とも上手に付き合っていきたいですね。


スポンサードリンク