漢方薬の加味逍遥散(かみしょうようさん)は不眠症や更年期障害にいいそうです。


最近では男性にも更年期障害があるといわれており、加味逍遥散を服用する人もいるようですよ。


では、加味逍遥散の効果や副作用はどんなものがあるのでしょう?


不妊になりやすい副作用があるとは本当なのでしょうか?

スポンサードリンク


加味逍遥散の効果効能は?

加味逍遥散

血液循環をよくして、冷え性の改善、のぼせなどの熱を冷まします。


ホルモンバランスを整える効果もあり、更年期障害や自律神経失調、月経前緊張症などにも効果が期待できます。


生理不順や生理痛、月経前症候群、更年期障害、不眠症、疲れやだるさ、イライラ感や不安感などにも効果があるといわれています。


加味逍遥散に含まれている生薬


漢方薬

柴胡(サイコ)セリ科のミシマサイコの根

芍薬(シャクヤク)ボタン科シャクヤクの根を乾燥したもの

蒼朮(ソウジュツ)キク科ホソバオケラの根茎を乾燥したもの

当帰(トウキ)セリ科トウキ属植物の根を乾燥したもの

茯苓(ブクリョウ)サルノコシカケ科のマツホド菌の菌核を乾燥し外皮を除いたもの

山梔子(サンシシ)アカネ科のクチナシの果実

牡丹皮(ボタンピ)ボタン科ボタンの根の皮を乾燥したもの

甘草(カンゾウ)マメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥したもの

生姜(ショウキョウ)ショウガ科ショウガの根茎

薄荷(ハッカ) シソ科のハッカの地上部



スポンサードリンク



副作用は?

副作用

発疹、かゆみ、胃部の不快感、食欲不振、下痢など。


稀に起こる副作用として下記のものがあります。



偽アルドステロン症(だるさ、むくみ、手足のしびれ、ふるえ、血圧上昇など)


肝臓の重い症状(だるさ、食欲不振、黄疸、尿が茶褐色など)


腸間膜静脈硬化症(長期間服用時に腹痛、下痢、便秘、腹部膨満などが繰り返される)



副作用の症状が現れたときはすぐに使用を中止し、医師や薬剤師に相談しましょう。


不妊になりやすいって本当!?



不妊の原因のひとつに、ホルモンバランスの乱れがあります。


加味逍遥散はホルモンバランスを整える働きがあるので、副作用で不妊になりやすいというのは間違いでしょう。


不妊治療に効果があるとされる漢方薬の大半に入っているのが「当帰(とうき)」という生薬です。


血行不良や血液量の不足を改善し、妊娠しやすい体質にします。


ホルモンバランスの乱れは、生理不順や生理痛などにも影響があります。


加味逍遥散はそれらの症状を改善する効果が期待できます。


ホルモンバランスを整え、体質を改善することで妊娠しやすい体を作ることができます。


漢方薬は体質を改善する目的で服用するものです。


短期間での体質改善は難しいので、最低でも1か月、長い人になると半年以上は効果が現れるまでに時間がかかります。


不妊治療の一環として加味逍遥散を服用するときは、医師の指示に従いましょう。


さいごに



不妊治療中はさまざまな情報に振り回されがちです。


体質によっては合わない漢方薬もあると思いますが、自己判断でいろんな漢方を試すのではなく、医師と相談しましょう。


スポンサードリンク