お酢って、体に良いイメージがありますよね。


お酢にもいろいろ種類があって、ダイエット効果が期待されるものもあります。


今回は、リンゴ酢の効能や、ダイエットのときの飲み方、痩せる理由について調べていきましょう!
リンゴ酢

リンゴ酢とは?



リンゴ酢は、リンゴの果汁を使ったお酢です。


1000ml中に300ml以上のリンゴ果汁が使われています。


リンゴの香りがするフルーティなお酢で、一般的にはアルコールを加えて作られますが、リンゴ果汁だけで熟成、発酵させたリンゴ酢もあります。


日本で調理に使われているお酢に比べるととても飲みやすく、そのまま飲むことができます。


リンゴ酢の効能とは?

Unknown-6

リンゴ酢には、さまざまな効果・効能があります。


ダイエット効果



食後の血糖値の急な上昇を抑えてくれます。


そうすることでインシュリンの分泌が低くなり、脂肪がつきにくくなります。


また、酢酸が脂質の合成を抑制するため、新しい脂肪がつきにくくなります。


むくみ解消効果



リンゴ酢にはカリウムが豊富に含まれています。


カリウムは、塩分の排出を促し、水分代謝を正常にします。


腎臓の働きを良くする効果もあるので、むくみ解消効果が期待できます。


整腸作用



リンゴ酢にはアップルペクチンという食物繊維の一種や、有機酸が含まれています。


これらは腸内の善玉菌を増やしてくれます。


リンゴポリフェノールも含まれており、整腸作用があります。


腸の蠕動運動も促進してくれるため、腸内環境が整い、便秘解消が期待できます。



疲労回復効果



リンゴ酢には、リンゴ酸やクエン酸などの有機酸が含まれています。


これらは疲労した筋肉の中の乳酸などの代謝を助けます。


そのため、疲労回復効果や、筋肉痛の解消が期待できます。


高血圧予防効果



リンゴ酢には、血圧を下げる効果があります。


スポンサードリンク



美肌効果



リンゴ酢に含まれるクエン酸は、皮膚の老化を促進させる活性酸をを減らす働きがあります。


酢酸やリンゴポリフェノールの整腸作用は、体内の毒素を排出してくれます。


このため、デトックス効果が期待でき、肌荒れを防ぐことができます。


ダイエットの時の飲み方ポイント3選!!



1.お酢の量



毎日大さじ1~2杯。


1日に15~30mlのお酢を飲みましょう。


そのまま飲んでもいいですし、お湯やお水で薄めても大丈夫です。


自分が飲みやすい方法で飲みましょう。


2.飲むタイミング



お酢は食欲増進の効果があるので、食後に飲むようにしましょう。


食前に飲むと、食事量が増えてしまうことがあります!


また、寝る前でも効果があります。


3.運動と組み合わせる



お酢を飲むだけではなく、有酸素運動と組み合わせるとよりダイエット効果が期待できます。


運動の前にお酢を飲むと、筋肉疲労に効果があり、疲労回復が早まります。


痩せるって本当!?



市販されているリンゴ酢には、飲みやすいようにはちみつや糖分が含まれているものがあります。


清涼飲料水として売られているリンゴ酢には糖分が含まれています。


醸造酢と書いてあるものを選びましょう。


選び方や飲み方を間違えなければ、痩せるというのは本当のようですよ!


スポンサードリンク