これからチアシードを始めようかと迷っている初心者さんのために、チアシード
はどういったものか、食べ方などご説明させて頂きたいと思います。

チアシード 副作用 摂取量


チアシードって?

見た目は胡麻と間違えてしまいそうなものですが、乾燥地帯南米地域で栽培
されているシソ科サルビア属ミントの種子です。


美容ダイエットに良いとされています。
現地民の方々は、食用として薬品として利用していたようです。
栄養価にすぐれているスーパーフードなのです。

食感が不思議

チアシードは水分をたっぷり吸収します。時間を置くと種の周りがゼリー状に
なり、グルコマンナンという食物繊維があらわれます。この状態で食べても味
はもちろん匂いもしません。


時間を置くことによって、食感は異なりますがとろみがほしければ30分程、プ
チプチ感が欲しければ1時間以上がおすすめです。


食感についての感想をお聞きした所、ほとんどの方がタピオカみたいだといい
ます。

 
スポンサードリンク


チアシードの食べ方は?摂取量は?

①水に浸す。通常15分程で戻りますが、物足りない場合は30分以上置いても
良いと思います。


②ヨーグルトやスムージーに混ぜます。これ以外でも水分があるものならOK
です。


③いただきます。


とても簡単ですね。チアシードには食物繊維がたっぷり含まれています。


お腹の中で10倍程に膨らむので、腹もちも良くダイエットに効果的だと注目さ
れています。美容や健康にも良いと口コミで広がっています。


チアシードの1日の摂取量は、スプーン大さじ1(10~12g)です。

副作用の危険性ってあるの?

皆さんが気にするところはやっぱりここです。



驚くことはありません。チアシードは摂取量の目安さえ守れば副作用的なもの
は起きません。


皆さんの言う副作用というのはお腹の緩みのことです。


先程も食物繊維が多く含まれていることをご説明させて頂きましたが、食物
繊維が多いということはお通じが良くなるということです。


効果については個人差がありますが、摂取しすぎると下痢の状態がでてしまっ
たりするということなのです。


もともとお通じの良い方が使ってもお腹の緩みは感じると思いますので、心配
な方は摂取量を減らすこともお勧めします。
チアシードに限らず、決められているものは摂取量を守ることが大切です。

いかがでしたか?
チアシードの事、おわかり頂けたでしょうか?
始めてのものって不安があったりしますよね。


説明不足でまだまだわからないことがあると思います。


詳しくお調べになるのでしたら、インターネットにチアシードの記事が沢山載って
いますので是非見てくださいね。


この記事を読んでチアシードに興味をもって頂けた方どうもありがとうございます。


 
スポンサードリンク