アーモンドは栄養価が高く、毎日食べることで不足しがちな栄養素を補えると言われています。


しかし、食べ過ぎるとヤバイのです。


ここでは、アーモンドの効能や食べ過ぎによる影響をまとめてみましょう。

アーモンド

アーモンドの効能とは?


アーモンド
・カルシウム、鉄分、亜鉛、マグネシウムなどが豊富で、日本人に不足しがちなミネラル類を補ってくれます。

・コレステロールがゼロで、血液中の糖分とくっついて糖化を防いでくれます。

・骨を作るために必要なマグネシウムが豊富なので骨粗しょう症の予防になります。

・ビタミンEが豊富で、血行をよくしてくれたり、活性酸素による酸化を防いでくれます。

・アーモンドの脂肪分約7割が善玉オレイン酸で、生活習慣病の予防になります。

・食物繊維が豊富で、腸内環境を整えてくれて便秘解消になります。

・ポリフェノールも含まれているので、老化や生活習慣病の予防になります。



食べすぎによる影響


太る

太ります



アーモンドを食べる量は一日に20粒~23粒が目安です。


1粒6kcalあり、食べ過ぎると当然ですが太ります。


ダイエット食品としても注目されているアーモンドですが、摂取方法を間違えると太ってしまいます。


食べ始めると止まらない、ついつい食べ過ぎてしまうという人は気を付けましょう。


お腹が緩くなります



アーモンドには不飽和脂肪酸が含まれています。


これは、摂りすぎると下痢を起こしてしまいます。


腸内で、アーモンドの脂肪分と水分が分離することで下痢になってしまうのです。


また、食物繊維も含まれているので、過剰摂取することでお腹が緩くなることがあります。


ヘルペスができるかも



アーモンドにはアルギニンという成分が含まれています。


これを摂りすぎると、口唇ヘルペスができることがあります。


スポンサードリンク



薬が効かなくなる?



アーモンドにはマンガンというミネラルが豊富に含まれています。


しかし、マンガンによって効き目が悪くなる可能性のある薬があります。


抗生物質や血圧安定剤、便秘薬や精神病などの薬です。


とはいえ、薬の効き目を無くすほどの量はなかなか食べれる量ではないのであまり心配しなくていいと思います。


どうしても気になる場合は、薬を処方してくれる医者や薬剤師に相談してみましょう。


ニキビや吹き出物ができるかも



アーモンドは栄養価が高く、油分も多く含まれています。


そのため、食べ過ぎるとニキビや吹き出物ができたり、肌荒れを起こす可能性があります。


塩分の摂りすぎになるかも?



市販されているアーモンドの中には、塩分が多く含まれているものもあります。


塩分の過剰摂取は体にさまざまな不調をもたらします。


アーモンドを食べすぎることは塩分の過剰摂取にもつながるので、無塩のものを選ぶといいでしょう。


さいごに



アーモンドは栄養価が高く、優れた食品です。


ダイエットや老化防止にも効果があり、便秘解消や骨粗しょう症予防などは特に女性にはうれしい食品ですね。


大量摂取しなければ、健康にも美容にも良い効果が期待できます。


適量を守って毎日摂取するぶんには全く問題がないので、食べ過ぎに注意して毎日の生活に取り入れましょう。


スポンサードリンク