チアシードの話題はモデルさんや女優さんのブログでは、もはや鉄板。

チアシードのレシピも検索をかければいろいろと出てきます。

しかし、あなたはチアシードの効能を十分理解し、吸収できていますか。

チアシードの良さを活かすことができていますか。

これから紹介することを知れば、もっともっとチアシードを活用できるようになること間違いなしです!

チアシードを効率よく摂って美人に差をつけましょう。

ココナツオイル 効能


1 チアシードに水分を吸収させておく


まず食べる前に、チアシードは水に10分から1時間くらいつけておき十分膨らませておきましょう。

そのままお腹に入れてしまうと胃腸の水分を吸ってしまいます。

チアシードがふやけると周りが透明なゼリー状になるのが分かると思います。

これはコンニャクにも含まれるグルコマンナンという食物繊維です。

グルコマンナンは糖やコレステロールの吸収を抑える働きがあります。

これを水につけずそのまま食べてしまうと効果は薄れてしまうのです。

【関連記事】
チアシードなど副作用の黒歴史とその使い方を紹介


2 必要以上に摂取しない


チアシード 摂取量

チアシードの摂取目安は一日大さじ1杯

美容に良いからとサラダやヨーグルトにさらさら入れているとあっという間に大さじ1杯を超えてしまいます。

しかも以外と知られていないのがチアシードのカロリー。

実はチアシードは100gあたり534kcalと高カロリー。

ご飯一杯がおよそ250kcalといわれているので、ご飯2配分に相当します。

チアシード大さじ1杯で必要な栄養素も摂取できますし、それ以上カロリーを得る必要も無いでしょう。

【関連記事】
【チアシードで痩せたい初心者必見】摂取量と副作用の落とし穴?

3 チアシードに熱湯は使わないこと



様々なサイトでお茶やホット豆乳にチアシードを混ぜるレシピも紹介されていますが、チアシードは常温で飲むことをおすすめします。

チアシードに40度以上の熱湯を使うと美容成分が壊れてしまい、効果が得られにくくなるのです。

 
スポンサードリンク


4 朝食にスムージーとして



さらに、特に便秘がちの人や肌荒れが多い人にはお試し頂きたいのが、スムージーにチアシードを入れて朝食として飲むことです。

スムージーはどんな味でもかまいません。

手作りでも市販の物でもOKです。

これだけで健康的に痩せられるようになります。

チアシード スムージー 飲み物


5 食事はしっかり摂る



チアシードはダイエット効果が期待できますが、それは水でふやかせることで現れるゼリー状のグルコマンナンの働きによる効果が大きいです。

グルコマンナンは体内で消化されない食物繊維です。

腸内で他のいらない物と一緒に便として体外へ排出されます。

きちんと食事を摂っているからこそ便通がよくなり、老廃物を絡め取るデトックス効果も発揮されるのです。

 
スポンサードリンク