アサイーに続き健康食として今注目されているチアシードをご存じですか。

ハリウッド女優のミランダ・カーも愛食していることで知られ、日本ではモデルのローラがたびたびブログで紹介しています。

美容と健康にいいと話題のチアシード。

最近ではスーパーマーケットの野菜売り場でも見かけるようになり、一般庶民の私たちでも手軽に入手できるようになりました。

チアシード そのまま 危険 副作用

チアシードとは



チアとはシソ科サルビア属の植物で、その種のことをチアシードといいます。

見た目はゴマのような小さなつぶつぶです。

メキシコ南部が原産といわれ、古代マヤ・アステカ時代には「小さじ一杯のチアシードと水で24時間走り続けられる!」と言われていたほどビタミン、ミネラル(特に鉄分、カルシウム)、アミノ酸(オメガ3脂肪酸、αリノレン酸)などが豊富に含まれています。

そんな伝統食材が、現在の若い女性の間ではダイエットや美肌に効果があるということで注目されています。


どんな効果があるのか



一口にダイエット効果、美肌効果とは言っても、具体的にどんな効果が期待できるのかというと・・・。

チアシードは水分を吸収し、10倍近くの大きさになります。

なので、少量でも食べただけで満腹感が得られるのです。

これはダイエット効果に期待が高まります。

そして、チアシードは食物繊維が豊富。

便秘にも効きますし、コレステロールの改善にも効果的です。

食物繊維が豊富に含まれていることでゴボウも有名ですが、チアシードはゴボウよりはるかに多くの食物繊維を含んでいます。

さらに、生活習慣病の予防や美肌効果も期待できるアミノ酸(オメガ3脂肪酸、αリノレン酸)も含まれているのです。

魚離れの現代において、オメガ3脂肪酸を豊富に摂取できることはとても望ましいことですよね。

しかもオメガ3脂肪酸はグラムあたり、サーモンの8倍も含まれているそうです。

 
スポンサードリンク

チアシードの副作用



ここまで良いことずくめのチアシード。

「ぜひ私も食べてキレイを手に入れたい」ところですが、ご注意頂きたいこともございます。

チアシードは自然食品ですが副作用があります。

どんなものかというと、先ほどふれたように、チアシードは水分をたくさん含み膨張します。

膨張前のチアシードをそのまま大量にお腹に入れたらどんなことが起こると思いますか。

チアシードが胃の水分を吸収して胃の中で膨らんでしまうのです。



アメリカではこんな悲惨な事故が実際に起こっています。

男性が膨らんでいないチアシードを多量に食べた後に水を飲み、体内で膨張したチアシードが食道をふさぎ、男性は窒息してしまったというのです。

チアシードは栄養価が高いので一日に大さじ一杯摂取すればOKです。

また、この事故でも分かりますが膨らまないまま摂取することはおすすめできません。

そして、チアシードを水に浸しても膨らまない場合は特に大量摂取は厳禁です。

数時間後、体内で膨張する恐れがあります。


さらにこんな副作用も



チアシードで便秘が解消されるはずが、食べ過ぎることで逆に便秘になりやすくなることもあります。

この原因は、チアシードを摂取することで過度に腹持ちがよくなってしまったことにあります。

つまりチアシードを取りすぎたことで、膨らんだ食物繊維が胃や腸をパンパンにし、便秘を引き起こしてしまうのです。

ここでもポイントはチアシードの食べ過ぎです。

チアシードは一日大さじ一杯で十分なのです。


膨らまないままのチアシードは食べない



チアシードはそのまま食べず、必ず水やヨーグルトなどの水分でふやかせてから食べるようにしましょう。

そのままの種の状態では、発芽毒という玄米などの種ものには含まれている毒が身体に悪影響を及ぼすので危険だと言われています。

水に浸すだけで「アブシジン酸」の毒性はなくなるので、一度水に通してから食べるようにしましょう。

それにこれらの副作用はチアシードをそのまま食べなければ防ぐことができるものです。

必要な知識を身につけて、安心してチアシードで美容と健康を手に入れましょう。
 
スポンサードリンク