皆さんは、コシアブラという食材を知っていますか?
聞いたことが無い、名前は知っているけれど食べたことは無いという方がほとんどではないでしょうか?

たらの芽やわらびとは違い、栽培がまだまだ普及していないため、山菜の中では希少価値が高い食材です。

そんなコシアブラは山菜らしく春が旬。
旬の時期がくる前に、知っておくと役に立つコシアブラの食べ方や保存方法をご紹介します。


スポンサードリンク


ポイント1 コシアブラの栄養を知る

積まれた本
コシアブラの持つ健康効果を、皆さん知っていますか?

コシアブラはカロリーが低く、食物繊維が豊富です。
そのため整腸効果や便秘の改善の効果があります。
ただ、調理法によってはカロリーが上がってしまいますので、その点は注意して下さい。

また、ポリフェノールを含んでいるので、抗酸化作用や抗菌作用の他にも、動脈硬化予防や制ガン効果もあります。
意外と知られていないですが、とっても良い栄養素をたくさん含んでいる食材なのです。

おいしくて栄養も豊富。
こんな食材を食べない訳にはいきませんよね。


ポイント2 コシアブラのおいしい食べ方を知る

キッチンツール
コシアブラには独特の香りがあり、それが季節を感じさせてくれます。
大きいものは少し苦みが強いですが、山菜特有の味が好きな方には好まれる風味です。

他の山菜と同じでアクが強いので、天ぷらにされることが多いですが、アク抜きをきちんと行えば天ぷら以外の料理にも使うことができます。

コシアブラのアク抜き方法
1 水に対して2%の量の塩を加え、沸騰させます。(例:水1リットルに対し塩20グラム)
2 コシアブラを2、3分茹で、その後氷水にさらします。

下処理はなんとたったこれだけ!
筆葉ほどの小さなコシアブラであれば、さっとくぐらせるだけで大丈夫です。

難しいようで、意外と簡単にアク抜きできてしまいます。

アク抜きしたコシアブラは、おひたし和え物といった一品料理から、炊き込みご飯パスタの具などの主食にも使うことができます。

簡単な下処理を行うだけで、こんなにも料理のレパートリーが広がることを、皆さんは知っていましたか?
山菜はいつも天ぷら…という方は、ぜひアレンジ料理に挑戦してみて下さい!
いつもと違う食べ方をするだけで、山菜の魅力はもっと深まりますよ!


スポンサードリンク



ポイント3 保存方法を知る

キッチンで悩む女性
スーパーで販売されているものを購入したり、採りにいったり、貰ったりと、春には山菜を食べる機会が多くありますよね。
たらの芽やわらび、今回ご紹介するコシアブラなど、様々種類はありますが、保存方法に困ったことはありませんか?

貰ったのはいいものの、食べきれないから保存したい。
いざそう思っても保存方法がわからず、結局傷んで捨ててしまった経験がある方も多いと思います。

難しいと思われがちの山菜の保存方法ですが、実は意外と簡単に保存することができるのです


短期か、長期か。いつ食べるのかを考えた保存を!

コシアブラは良い香りが特徴の山菜です。あまり日持ちしないのですぐに食べてしまうことが一番ですが、どうしても余ってしまうこともあると思います。

短期間の保存の場合は、乾燥を防ぐために新聞紙でくるみ、穴を開けたポリ袋などに入れて野菜庫に入れておくだけでオッケーです。
ただし、長期の保存には向きませんので、2、3日で食べきってしまいましょう


長期保存したい場合は、一度茹でてから冷凍します。
1 沸騰した湯に塩を少量加え、1分半ほど茹でます。
 この際、くたくたになるまで茹でるのではなく、固めに茹でましょう。
2 氷水にさらしてアクを抜き、よく水気を切ります。
3 小分けにしてアルミやステンレスのバットに広げて冷凍します。
4 凍ったコシアブラをラップに包んでジップロックなどに入れて冷凍保存します。


更に長期間保存したい場合は、塩漬けにします。
コシアブラの重さに対して20%の量の塩と、20%の量の差し水を用意します。
この水には、水の分量に対して20%の塩を入れて溶かしておきます。


コシアブラ1キログラムの場合
塩:200グラム
差し水:200cc(160ccの水に40グラムの塩を入れて溶かしたもの)

1 付け根のハカマと呼ばれる部分を取り除きます。
2 ハカマを取り除いたコシアブラの重さを量り、塩と差し水の分量を決めます。
3 漬け物容器に分量の半分の塩を入れます。
4 コシアブラを入れ、残りの塩を入れます。
5 差し水を容器の端からまわしかけます。
6 重石をして、冷暗所で保管します。目安は15日くらいです。
7 更に保存したい場合は、水を捨て、しっかりと水分を切ってから同じ分量で漬け直します。

冷凍保存より長期間の保存が可能ですが、保存期間が長引くほど風味を損なってしまうので、なるべく早めに食べましょう。
食べる際は、塩抜きを忘れないようにしてくださいね。


おわりに

コシアブラ
これからが旬の食べ物、山菜。
風味が苦手で敬遠していたという人も、今年はぜひ挑戦してみませんか?

山菜採りツアーなども行われているようですので、自分で採った食材を使うのも良いと思います!
ただ、山菜採りは毎年怪我や行方不明になる事件も起きていますので、十分に注意して参加しましょう!
それでは、良い山菜ライフを!

スポンサードリンク