美容に効くと人気のチアシードですが、お肌への効能はどうでしょうか?
また、チアシードには副作用があるという意見もありますが、どんな副作用があるのでしょうか?
ここでは、肌への効能と副作用についてみていきましょう。

チアシード 効能 肌

チアシードの肌への効能

チアシードには、日本人に不足しがちなミネラルやビタミンがたっぷり含まれていますので、当然お肌へも良い影響があります。
どんな栄養素が肌に良いのか見てみましょう。



①食物繊維

チアシードに多く含まれる食物繊維は、便秘の解消に効果的です。その含有量は、大さじ1杯でおよそレタス300g分と同程度の食物繊維が摂取できるというから驚きです。


便秘が解消されて腸内環境が綺麗になると、体内がデトックスされ、体の新陳代謝が活発になり、お肌も綺麗になります。
 
スポンサードリンク

②カルシウム

カルシウムには肌の細胞と細胞をつなぐ働きや新陳代謝を活性化させる働きがあります。
そのため、カルシウムを摂取することで保湿機能が高まり、シワや乾燥の原因を取り除くことができます。

③ミネラル

チアシードには、多くのミネラルが含まれています。鉄分やカリウムは肌のターンオーバーに不可欠な栄養素で美肌には必須のミネラルです。

④タンパク質

人間の体の約20%はタンパク質でできています。タンパク質は肌や髪の毛や爪の大部分を占めているものなので、タンパク質が不足すると当然肌トラブルを引き起こしてしまいます。

チアシードには良質のたんぱく質が豊富に含まれていますので、美肌への効果も期待できるというわけです。

副作用は肌に影響しないのか?

上記でみてきたように、良いことばかりがクローズアップされているチアシードですが、食べすぎてしまうと副作用も出てきますので注意が必要です。


その副作用とは、チアシードに含まれている食物繊維が原因で引き起こされる下痢です。


下痢になってしまうと、本来体内に吸収されるべき水分や栄養分がうまく吸収されずに便と一緒に流れ出してしまいます。そうすると、水分不足やミネラル不足に陥り、体の至るところで不調が生じてしまいます。


肌の水分が不足して乾燥肌になったり、血液循環が悪化して栄養状態の悪い肌になってしまうのです。


チアシードの一日の推奨量は約15gとなっています。食べすぎには注意しましょう。


また、どんなに栄養価が高いといっても、チアシードだけで体に必要な栄養はすべて補いきれません。栄養バランスが良い食事が基本です。

そのうえでチアシードを取り入れることで、美肌効果もアップするでしょう。

スーパーフードを普段から摂取する方法


現在注目されている健康的な生活を送るために欠かせない食べ物が、スーパーフードです。

スーパーフードは、

  • チアシード
  • バジルシード
  • ココナッツオイル
  • アサイー
  • スピルリナ
  • ゴジベリー
  • ヘンプシード

など、多くの種類があります。

しかしスーパーフードを毎日食べるのは手間がかかって結構しんどいですよね。

これらのスーパーフードを簡単に摂取して、トレンドかつ健康的な食生活を送る方法のヒントはこちら。

スーパーフードを簡単に摂取する方法を確認する


女性のダイエットや健康促進を助けてくれるスーパーフード。

一度手に取ってみるのもいいかもしれませんね。