健康や美容への効能があるといわれているチアシードですが、一体何に良いのでしょうか?
ここでは、チアシードの効能について誰にでもわかるように簡単にまとめてみました。

チアシード 効能 まとめ

チアシードとは

主にメキシコなど中南米で栽培されている果実の種です。見た目は、ゴマのような感じで、黒や白や灰色のものがあり、浸水させると10倍くらいに膨らんでジェル状になるのが特徴です。


美容や健康維持に必要な栄養分がたっぷりなので、スーパーフードと呼ばれています。

効能

チアシードの主な効能をみていきましょう。

①ダイエット効果

チアシードの3分の1は食物繊維からできています。
水に浸すと、タネが膨らみ、その周りに透明なゼリー状のぷるぷるしたものが見えてくるのですが、このぷるぷるの部分にはグルコマンナンという食物繊維がたっぷりです。


この正体は、グルコマンナンというもので、こんにゃくにも含まれる栄養素。グルコマンナンには、カロリーが全くなく便秘を解消してくれるので、ダイエットに効果があります。
 
スポンサードリンク

②コレステロール低下効果

チアシードはタネなので脂質も多く含まれているのですが、この脂質の主成分はαレノレン酸というものです。この脂質は、太りにくい良質の油といわれています。


体内に入ると、DHAやEPAに変換され、血中の悪玉コレステロールを減少させ善玉コレステロールを増加させる効果があります。


αレノレン酸は、人間の体内では合成することのできない必須脂肪酸ですので、食べものから摂る必要があるのですが、普段の食事ではなかなか補いきれないもの。

チアシードは、大さじ1杯食べれば一日の摂取量として推奨されている2gをクリアできる、優れものなのです。

③美肌効果

チアシードには、お肌や髪の毛や爪などを若くつやつやに保つミネラル分がたっぷり含まれています。鉄分やカルシウムやたんぱく質などは、美肌に欠かすことができない栄養分です。

美容健康への効能がたくさん!

ほかにも、アレルギーの症状を緩和、アルツハイマーの予防や改善、生活習慣病の予防、歯の補強、消化機能の改善などの効果も期待できるようです。


こんなにも多くの効能があるチアシード。まさにスーパーフードです。注目の食材として人気が出ているのも頷けます。みなさんも普段の食生活に取り入れ、その効能を実感してみてはいかがでしょうか。
 
スポンサードリンク