黒ビールと普通のビール、比べてみた事がありますか?

見た目だけ比べるとただ黒いだけのように見えますが、なぜ黒いのかを解き明かしていくとその明確な違いが見えてきます。

今や若者のビール離れと言われている世の中ですが、市販されているビールだけでなく海外ビールもあれば各都道府県に1つはある醸造所のオリジナルビール“クラフトビール”も非常に人気が高まっています。

今回はそんなビールの一種である黒ビールの色はなぜ黒いのか、普通のビールとどう違うのかを解説していきたいと思います。


スポンサードリンク



黄金色じゃないビール… 奥の深いビールの違い


私たちが普段よく目にし、市販されているビールの色のほとんどは黄金色をしていますよね。
黒ビールはそれとはまったく違う濃いカラメル色
この色の違いはどこから生まれるのかと言うと、ビールの原材料である“麦芽”の加工方法の違いにあります。


ビールの原材料である麦芽はその名の通り、麦を発芽させたものです。
麦を水に浸し発芽させると、酵素が生成されるためにアルコール作りに最適な状態となります。
発芽した麦を乾燥させると、そこで発芽の状態をストップさせる事ができます。
これが麦芽です。


この麦芽を今度は焙煎するのですが、通常のビールよりも黒ビール用の麦芽の焙煎時間が長く、焙煎によって色がカラメル色になります。
この麦芽を濃色麦芽と呼びます。

また、使用する麦芽の糖分を焙煎する事によってカラメル色になるとも言われています。
この焙煎した濃色麦芽をいくつかブレンドする事によって、あの独特の色味のビールが生まれるのです。

一方普通のビールに使用される麦芽は、濃色麦芽に比べると焙煎や乾燥の時間が短いため、濃い色にはならないのです。

この麦芽とビールの味はかなり深い関係性があると言われていて、黒ビールの宣伝文句によく使われる「珈琲のような香り」といった表現は、麦芽を焙煎した香りや風味から表現していると言われています。


スポンサードリンク



黒ビールはなぜコクがある? 独特のコクの秘密


黒ビールの持つ独特の風味やコクは、普通のビールに比べれば何倍も強いですし、普通のビールにあのコクはありません。
逆に、日本のビール独特のホップの苦味や香りは、海外のビールに多い黒ビールにはほとんどありません。

ビールの色の濃さと風味は、原材料の違いもありますが結びついていると言っていいと思います。


また、エールやラガーといったビールそのものの種類の違いによってコクや風味も変わってきますが、ビールの種類についてはとてもここだけでは語り尽くせないほどに深いものになっていますので、今回は割愛します。
しかし、ビールの種類によって同じ黒ビールでもかなり風味やコクが変わってくるのは事実です。

かなり好みが出る部分ですので、黒ビールを一度飲んだけど麦の香りが強すぎるという方や好みの味で無かったという方は、いくつかビールの種類やメーカーを変えて飲み比べてみると、好みの味のビールに出会えると思います。
一つのメーカーから何種類も違うビールが販売されている事がほとんどですので、少しずつ飲み比べるのも楽しいですよ。

また、スーパーなどで販売されている黒ビールには、カラメル色素を使用して色をつけているものも販売されているので、本格的な黒ビールを飲んでみたいという方は気になるビールメーカーのものを購入すると良いですよ。



おわりに


単なる色の違いではなく、かなり奥の深い飲み物であるビールは、美味しくないと言って挑戦しないのがもったいない飲み物だと思います。
メーカーやブランドでもかなり味の差があり、友人や家族などと少しずつ飲み比べて好みの味を探求する事もビールの楽しみではないでしょうか。

今回ご紹介した黒ビールは、国内産よりも海外産が主流のお酒です。
有名なところで言えばドイツやスイスなど、人気の旅行先のところが多いです。

日本で購入すると酸化してしまって本来の風味やコクがなくなってしまうという意見も何件か拝見したので、本場のビールを飲みたい!という方は海外旅行のついでに各国のビール巡りをするのも大人の旅行といった感じでムードがありますね。

日本にもビール専門店や世界各国のビールを取り扱う通販サイトがどんどん増えてきているので、そういったところを利用して飲んでみるのもビールを身近に感じられて良いですよ。

くれぐれも飲み過ぎには気をつけて、お気に入りのいっぱいを見つけてみて下さいね。
どんなに興味があっても未成年飲酒だけは絶対にダメですよ!!


スポンサードリンク