一年を通してお世話になりっぱなしのエアコン…今や生活に無くてはならないものになりましたね。
でも夏場は体が冷え過ぎたり頭痛や吐き気の原因になることもあります。

これらの症状はクーラー病冷房病と呼ばれ、エアコンを最も使用する夏場特有のものだと思われていますが、実は放置していると慢性化する恐れもあるのです。

体の冷えや頭痛だけでなく、肩こりなどの症状も引き起こすこのクーラー病。
今回はそんなクーラー病の対処法についてご紹介します!


スポンサードリンク



実はなってない? クーラー病の症状あるある


外に出ずオフィス内で仕事をすることの多い女性がなりやすいとも言われるクーラー病ですが、冷え性の一種という考え方もあるようです。
男性よりも体温の低い女性にとっては、エアコンによる冷えもかなりつらいですよね。

そんなクーラー病の主な症状がコチラ

・頭痛
・吐き気
・肩こり
・腹痛
・食欲不振
など

これって夏バテの症状じゃ?と思う方もいらっしゃる方もいると思いますが、クーラー病は頭痛や吐き気だけでなく疲労感や倦怠感、体の痛みも症状にあるのです。

ただ寒さ対策をするだけだと、知らず知らずのうちに慢性化してしまい、冷房のきいたところに行くだけで症状が現れてしまうこともあります。
クーラー病は単なる冷え性ではなく、きちんんと対処しなければいけないものなのです。


対処法1 知らないと怖いクーラー病 原因を知ろう


クーラー病の一番の原因と言われているのは、急激な温度変化に対して体温調節をしている自律神経が対応できなくなってしまうからです。
自律神経は、気温差が5℃以上ある場所を出入りすると対応が出来なくなってしまうと言われています。

30℃を超える暑い外からいきなりガンガン冷房のきいた室内に入ると、頭痛が起きたりしませんか?
自律神経が対応できなくなると、そのような反応が起きるのです。

自律神経を構成する2つの神経、交感神経と副交感神経が気温差により対応できないペースで交互に活動すると、2つの神経のバランスが崩れてしまいクーラー病を引き起こしてしまいます。

これがクーラー病の原因です。


スポンサードリンク



対処法2 まずは体を温めよう ポイントは着脱できるコト!!


オフィスや家庭でクーラー病を予防する際は、まずは体を冷やし過ぎないことです。
カーディガンやストールなど羽織れるものや、ブランケットのように足元を温めるものが一つはあると便利ですよ。

職場環境にもよりますが、そもそもの設定温度を低くし過ぎないこともとても大切です。とは言っても知らず知らずのうちに誰かが設定温度をものすごく低くしていた…なんてこともありますし、やはり羽織ものは一つは用意して置くほうが良いと思います。


他にもマスクをつけたり、お腹を壊しやすい人は腹巻きを巻くのも良いですね。

これらを用意する際のポイントは、着脱ができること
つけている間にちょっと暑くなってきた…というときはサッと脱いでしまえるようなものの方が体温調節がしやすくなります。
また、しっかりと着込んでしまうと体温が上がり過ぎたり汗をかきすぎたりして脱水症状になることもあります。
十分に気をつけて下さいね。

他にも、温かい飲み物を飲んだりして体の内側から温めることも大事なポイントの一つですよ。
暑いからといって冷たい飲み物ばかり飲むと、腹痛や下痢の原因にもなってしまいますし体を内側からどんどん冷やしてしまいます。

常温やぬるめの飲み物がオススメなので、ぜひ準備してみてください。


対処法3 クーラー病を予防する 全ては正しい生活から!


クーラー病を予防するのはものだけではありません。
普段の食生活や生活リズムを改善することで予防できることもあります。

冷たいものを摂取しすぎたり偏った食生活が続くと腸内環境が悪くなり、お腹を壊しやすくなります。
また、冷房のきいた部屋で冷たいものばかり食べてしまうと体を内側から冷やしたり夏バテの原因もなります。

朝起きて朝食をしっかり摂ったり、冷たいものばかりではなく栄養バランスをきちんと考えた食事を摂るなど、体内の環境を良くすることも意識してみてください。

また、夏場はお風呂に入らずシャワーのみで済ましてしまう方も多いですが、湯船にしっかりとつかり体全体を内側から温めることもクーラー病の予防になります。

半身浴などで体を内側からどんどん暖めていくことを意識して、普段はシャワー派の方もぜひ一度試してみてくださいね。



おわりに



エアコンは今の私たちには無くてはならないものです。
しかし、便利な生活を得るために体の調子を悪くしてしまっては本末転倒ではないでしょうか。

特にクーラー病の頭痛や吐き気は、知らないうちにどんどん悪化し慢性化してしまうこともあるので、暑くても体の芯まで冷やすことのない生活を心がけていくことが大切です。

まずは設定温度を低くするのをやめ、生活リズムを正し、体を冷やし過ぎないような小さな工夫を継続していく必要があります。

便利なもののために自分を犠牲にすることがないよう、どんどん暖かくなってくるこれからの時期に気をつけていきたいですね。


スポンサードリンク