普段の習慣や手頃だという理由で緑茶を飲んでいらっしゃる方はとても多いと思います。

しかし、緑茶の飲み過ぎは妊婦さんにはあまりオススメできないことをご存知でしたか?
それは摂取量が多くなってしまうと、お腹の中の大切な命にも影響があると言われている“カフェイン”を緑茶も含んでいるからです。

大切な新たな命を守るためにも、どんな飲み方が良いのかを一緒に考えてみましょう。


スポンサードリンク



気をつけたい成分「カフェイン」 緑茶にだって含まれている


コーヒーや紅茶など、身近な飲料に含まれている“カフェイン”という成分は、皆さんご存知ですよね。
眠気覚ましや頭をリフレッシュしたい時に飲む方が多いのではないでしょうか。

そしてこのカフェイン、母体や胎児に対してどのような健康リスクがあるのか、その影響についてはまだはっきりと解明されたわけではありませんが、胎児の発育を阻害する可能性があることを、食品安全委員会が発表しています。

とは言え、緑茶や紅茶・コーヒーは一種の嗜好品として捉えられていますし、これを禁止してジュースだけ飲むほうが不健康ですよね。
かと言って水ばかり飲むのもストレスが溜まってしまいそうです。

実はこのカフェイン、摂取量のバランスをきちんと取ればほとんど影響はないんです。

それだけでなく、カフェインを含んでいる緑茶には体にとって良い作用がたくさんあるんです。
次はそんな緑茶の健康作用について解説します。



胎児の発育を促進! 緑茶はバランスよく飲めば○


緑茶に含まれる亜鉛は、体内の胎児の細胞分裂や産後の成長を促進する効果があります。
また、カテキンビタミンCと言った体の抵抗力を高めたり殺菌作用のある成分も含んでいるため、緑茶を適度に摂取することは母体にとっても胎児にとっても、とても良いことなんです。

とは言え、それは飲み過ぎなければの話。

緑茶を大量に摂取してしまうと、緑茶に含まれる“タンニン”が鉄と結合し「タンニン鉄」に変化します。
このタンニン鉄は鉄分の吸収を阻害してしまい、貧血の原因となってしまいます。
貧血持ちの方は、緑茶を飲み過ぎないほうが良いと言えますね。

貧血でない方や、妊娠前にコーヒーを好んで飲んでいた方には、緑茶を飲むことはとってもオススメしたいです。
コーヒーの3分の1ほどしかカフェインが含まれていないため、完全にカフェインを断ってしまうとストレスになってしまうという方は、コーヒーの代わりに緑茶を飲むと、ストレスをなるべく感じずにカフェインの摂取量を減らすことができます。


スポンサードリンク



飲み方に注意! 妊娠初期は緑茶も控えて



コーヒーや紅茶よりカフェインの量が少ない緑茶ですが、妊娠初期は健康な方であっても飲むのを控えてください。

なぜなら、緑茶に多く含まれるタンニンの主成分である“カテキン”は、葉酸の動きを阻害してしまうと言われるからです。
葉酸は胎児が成長していくためには必要不可欠な成分。
そのため、妊娠初期は赤ちゃんをしっかり守り、状態を安定させるためにも緑茶は控えましょう。

また、緑茶の中でも特に高級とされている玉露。
この玉露は普通の煎茶よりも含まれるカフェインの量が多いため、注意が必要です。

日本茶の中で最もカフェインが少ないと言われているのは番茶や玄米茶です。
カフェイン量を少しでも少なくしたい!という方は、緑茶ではなくこちらを飲むと良いですが、こちらも妊娠初期は避けたほうがよさそうです。


妊娠中期はゆっくり緑茶タイムがオススメ


つわりや安定しない体調がつらい妊娠初期を乗り越えると、自由がきくようになってきますよね。
安定期に入ってからは、緑茶を飲んでも悪影響は出にくいとされているようです。
そうなると、緑茶の持つ健康作用の恩恵を受けたいですよね。

緑茶は1日に1〜2杯ほど摂取することは良いとされています。
妊婦さんにとって、砂糖が大量に使われているジュースよりも緑茶の方が遥かに健康的ですし赤ちゃんにとっても良いです。

しかし、飲み過ぎには注意しなければいけません。

一日に10杯以上飲んでしまうと、いくらカフェイン量が少ないとはいえ赤ちゃんに影響が出ることが懸念されています。

あくまでも目安量を守り、ゆっくりとしたティータイムを楽しんで下さいね。
緑茶の香りにはリラックス効果もあるので、ストレスを感じた時に飲むのもオススメです。



おわりに


カフェインは大量摂取が懸念されているものではありますが、まったく摂取してはいけないというものではありません。

タバコやお酒と違い、直接的に胎児に影響が出てしまうかと言われると、そういうことでもありません。

あくまでも摂取量に気をつけて飲む分は、非常に良い飲み物です。

妊娠中は体が思ったように動かなかったり、急な体調変化でストレスを感じる妊婦さんもとても多いです。
少しでもそのストレスを減らすことができれば、お母さんもお腹の中の赤ちゃんも嬉しいですよね。

新たな命を抱えての生活は大変なことばかりですが、疲れた時は緑茶を飲んで「ふぅ」と一息つく休息の時間も、必要ではないでしょうか。


スポンサードリンク