忙しい人の疲労回復、栄養補給に人気のチオビタ。
飲むと元気が出る気がして、手放せないと言う人も多いようですね。

今回は、チオビタの成分や効き目、栄養ドリンクの実際について紹介したいと思います。

取り上げる成分・効き目は、主に大鵬製薬さんから発表されているものを取り上げ、その効果効能を書いていきたいと思います。

スポンサードリンク


・栄養ドリンクの効き目


d235df5944b572c5363e362792d5e229_m
チオビタだけでなく、多くの市販の栄養ドリンクは、有効成分が強調され、効果効能も大々的に宣伝されています。
CMなどをみて「効くんだろうな~」と思った方が購入し、実際に飲んでみると「元気になった気がする!」と感じたことで人気となり、今ではかなり大きな市場となっているようです。

しかし、栄養ドリンクで元気になるという体感は、実は有効成分の効果ではなく「糖分」の効果のほうが大きいです。

成分を見ていただくと分かりますし、実際に飲んでいただくと実感できると思いますが、栄養ドリンクの主成分は糖分です。
かなり甘いですよね?

チオビタの場合、原材料部分を見ていただいても、添加物の一番先頭に「果糖ブドウ糖液糖」がきています。
これは糖分です。
多量の糖分の摂取によって、一時的に元気になった気がする、というのが栄養ドリンクの実際です。

本来必要ない糖分が含まれている上に、保存料や調整の添加物がかなり添加されています。
それらの影響も無視できません。
それを理解していただいたうえで、成分・効き目を求めたい方は、次をご覧ください。

・チオビタの成分と効き目


2ae3dee9d14061db7bcb981c4edcc0cb_m
チオビタの有効成分としては、
タウリン・・・疲労回復
これがまず第一です。1000mg配合というくらいで、有効成分の中では一番配合量が多いです。
主成分です。
栄養ドリンクの主目的である疲労回復に効果のある成分となります。
次に、
カルニチン塩化物・・・胃腸への働きかけ
これは胃腸機能の調節や、胃液の分泌など、胃腸に関する成分です。
さらに、
ビタミンB群・・・補給に
といった感じで、公式で謳われています。
ビタミンB群は体力消耗時に減少するため、疲労回復と同時に補給をしよう、という意味で配合されています。

さらに、公表されている効果としては、
・滋養強壮
・虚弱体質
・肉体疲労
・妊娠授乳期の栄養補給に
といったものがあります。

つまり、チオビタを飲むことで、
1タウリンの効果により疲労回復
2カルニチン~の効果で胃腸の活性化
3さらには体力の消耗によって減少したビタミンB群を補給できる
というマルチな効果が期待できるということが公式で発表されているものになります。
ここだけを見れば、かなり有効な栄養ドリンクに見えることと思います。
実際、タウリンなどは人体に必要な成分であったり、ビタミンなども求められる成分なので、無駄ではないと言えます。

スポンサードリンク


・しかし・・・


5d43ae76932990a8f7a1e21b2a3d55e5_m
繰り返しになりますが、効果のある成分よりも、糖分や添加物のほうが量が多いという事実があります。

チオビタを飲むと、有効成分だけを摂取できるわけではなく、余分な糖分や添加物まで摂取することになり、しかもそっちのほうが多いということで、有効成分をメインに摂っているんだか糖分を摂っているんだか分からない、というのが実際のところです。

さらに、タウリン1000mgと謳ってありますが、1000mg=1gです。
1gの栄養補給のために、ものすごい量の糖分と添加物を大量に摂ることになるというのは、どうなんだろう?という気がいたします。

元気になった気がするのは大量の糖分のおかげであって、タウリン1g程度で疲労が回復するという根拠は実はなかったりして、ますますなんのための有効成分なのだろう、という感じになってしまいます。

添加物が入っていようと、糖分が原因であろうと、飲んで元気になったように感じることを求めているんだ!ということであれば、チオビタのような栄養ドリンクを飲むことは全然おかしなことではありません。
自分がそれを必要かどうか、が重要ですので、必要であると感じる場合は、栄誉ドリンクも有用であると言えるかもしれません。

ただし、長い目で見ると疲労感などが増す可能性は高い、ということだけは覚えていていただきたいな~と思います。

・代わりは?


d42d33aabc714bd1312dc3cf45de61dc_m
じゃあチオビタの代わりに何かない?ということであれば、即効性を求めるのであればチオビタと同じように糖分、つまり砂糖や甘味を摂取したり、チオビタにも含まれるカフェイン効果を求めてコーヒーや緑茶を飲む、というのが即効性という意味では一番かと思います。

こだわるのであればハチミツレモンを作ってきて、職場でお湯割りにしたり、炭酸を持ってきてレモネード風にして飲んだり、というのも良いと思います。

もっと良いのは、どんなに忙しくても、キチンとした食事を摂り、睡眠を1秒でも多くとる、ということではないでしょうか。
でも・・・それが難しいから栄養ドリンクを求めちゃうんですけどね!

スポンサードリンク