リポビタンDと言えば、いわずと知れた「タウリン1000mg配合!」の栄養ドリンクです。


「ファイト1発!」のキャッチコピーで、テレビCMでもおなじみですね。


「リポD」などの略称もありますし、日本の栄養ドリンクの市場ではシェア5割という、日本の栄養ドリンク界を代表する商品であると言えます。


それゆえに愛用する方も多いと思いますし、「これから飲んでみたい」という方も多いのではないかと思いますので、今回はリポビタンDの成分と効き目(効果)、飲むタイミングについてご紹介したいと思います。


スポンサードリンク



そもそもリポビタンDには効果があるのか?





リポビタンDに関しては、実際に飲んだ方が流した噂かどうかは分かりませんが、「効果がない」「効果なし」といった噂があり、


「リポビタンD 効果がない」
「リポビタンD 効果なし」



といったキーワードで、情報を探っている方も多いようです。


リポビタンDの効果の現れ方には個人差があると思うので、中には効果がなかった方もいるかもしれません。


ただ、リポビタンDの口コミを調べてみたところ、気持ち的な部分も含め、何らかの効果があった方のほうが多く見受けられたので、「効果はある」と判断することができます。


リポビタンDに含まれる成分と働き





まずは、リポビタンDに含まれる成分についてご紹介します。


リポビタンDに含まれる成分は、以下の通りです。


タウリン・・・1000mg
イノシトール・・・50mg
ニコチン酸アミド・・・20mg
チアミン硝化物(ビタミンB1)・・・5mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)・・・5mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・・・5mg
無水カフェイン・・・50mg
添加物:白糖、D-ソルビトール、クエン酸、安息香酸Na、香料、グリセリン、バニリン

大正製薬 リポビタンD製品情報より引用


成分として記載されている



タウリン
イノシトール
ニコチン酸アミド
チアミン硝化物(ビタミンB1)
リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
無水カフェイン



といった成分それぞれの働きについては、以下のようになっています。



【タウリン】
肝機能の向上・肝細胞の再生促進・細胞膜の安定化

【イノシトール】
生活習慣病予防(脂肪肝予防・動脈硬化予防)神経細胞の働きのサポート・髪の健康維持

【ニコチン酸アミド】
皮膚や粘膜の健康維持・血行促進

【チアミン硝化物(ビタミンB1)】
糖質の代謝サポート・神経細胞の働きのサポート

【リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)】
脂質と糖質の代謝サポート・皮膚や粘膜の健康維持

【ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)】
たんぱく質の代謝サポート・脂肪肝の予防・皮膚や粘膜の健康維持

【無水カフェイン】
覚醒(眠気覚まし)・興奮・利尿・痛みを鎮める



スポンサードリンク



リポビタンDの効果効能





リポビタンDには、



①肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給
②滋養強壮
③虚弱体質



といった効果効能があるとされています。


②と③に関しては、これだけ書かれても、「え?」となってしまう方もいると思うので、もう少しかみ砕いて説明すると、②の滋養強壮の場合は「体に栄養を補給して体質を改善し、強い体を作る」という意味が、③の虚弱体質の場合は、「疲れやすい・胃腸が弱い・感染症にかかりやすいといった体質を改善する」という意味を持っているものと思われます。


代表的な効果効能としては、タウリンの疲労回復効果が有名ですね。


タウリンは、リポビタンDの中に最も多く含まれる主成分ですから、「リポビタンDを飲めば疲労回復が望める」ということになります。


さらにイノシトールやビタミンB群など、ビタミン関連の成分も配合されており、「体力の消耗によって減少するビタミン群の補給にも効果的」ということになります。


他にも、リポビタンDに含まれるカフェインによって眠気を吹き飛ばすことができたり、栄養を補給することで風邪からの回復を早めたりすることもできるのだそう。


特に、風邪の引きはじめにリポビタンDを飲むことで、より風邪からの回復を早めることができるそうです。


リポビタンDの効果はいつから現れ始めて、どのくらい持続する?



当たり前のことですが、リポビタンDを飲むからには、「リポビタンDの効果はいつから現れ始めて、どのくらい持続するのか」ということも気になりますよね。


リポビタンDの効果が現れ始めるのは、リポビタンDを飲んでから大体30分程度経ってからと言われています。


そして、リポビタンDの効果が持続するのは、大体3~4時間と言われています。


数回に分けて飲むのも効果的!



リポビタンDは1本100ml入りなので、1日の用法用量である1本を、一度に飲み切ってしまうことも容易にできます。


ですが、リポビタンDを一度に飲み切ってしまうのではなく、「1本を数回に分けて飲むのも効果的」と言われています。


これはおそらく、リポビタンDに含まれる成分の中に、すぐに体外へ排出されてしまう水溶性の成分が含まれていることが関わっていると思われます。


水溶性の成分は、1日に数回に分けて摂取することで体内にその成分が存在している状態を保つことができ、その結果として効果を持続させることができるからです。


そういう意味でも、リポビタンDを1日数回に分けて飲んでみるのもオススメです。


リポビタンDの効果的な飲み方



34b153202c296d85d15cd83d5c3c0b50_m

リポビタンDを飲むからには、「効果的な飲み方で飲む」というのも非常に大切なこと


効果的な飲み方をするために一番意識したいのが、リポビタンDを飲むタイミングです。


リポビタンDには、飲むタイミングとして適しているタイミングがあり、そのタイミングで飲むことでより効果を実感しやすくなります


リポビタンDを飲むタイミングとして適しているのは、以下のタイミングです。



【起床後】
起床後は栄養が不足している状態なので、このタイミングでリポビタンDを飲むことで、リポビタンDに含まれる栄養を効率よく吸収することができます。
その上、リポビタンDにはカフェインも含まれているため、カフェインによる覚醒作用で眠気を覚ますこともできます。



【仕事が始まる30分前】
前述した通り、リポビタンDの効果が現れ始めるのは大体30分後なので、仕事が始まる30分前に飲んでおいて、仕事が始まる頃に効果が現れ始めるようにするのがオススメです。



【肉体疲労を感じている時】
仕事や運動などで体を動かし、肉体疲労を感じている時にリポビタンDを飲むことで、疲労回復効果が見込めます。



もちろん他にも、


大事な会議の30分前
飲み会の前
徹夜をしなければならない時
風邪の引きはじめや風邪を引いている時



など、リポビタンDを飲むタイミングとして適しているタイミングはいくつかあります


※極力避けるべきなのは「寝る前」のタイミング



リポビタンDを飲むタイミングとして、極力避けるべきなのは「寝る前」のタイミングです。


リポビタンDにはカフェインが含まれているため、寝る前に飲むことでカフェインの覚醒作用や興奮作用によって寝付けなくなり、翌朝の目覚めにまで影響を及ぼす恐れがあります。


もし、疲労回復効果を求めて寝る前にリポビタンDを飲みたいというのであれば、カフェインが含まれていないタイプのリポビタンDを飲むことをオススメします。


まとめ



今回は、リポビタンDの効き目や含まれている成分、飲むタイミングについてご紹介させていただきました。


リポビタンDには、配合されているタウリンやイノシトールといった成分による効果や効能があります。


そして、最適なタイミングで飲むようにすれば、より効果が期待できるようになります。


リポビタンDを普段から飲んでいる方や、リポビタンDを飲もうと思っている方は是非、参考になさってください。



スポンサードリンク