リポビタンDと言えば、いわずと知れた「タウリン1000mg!」の栄養ドリンクです。

「ファイト1発!」のキャッチコピーでCMでもおなじみですね。
「リポD」などの略称もあったりしますし、日本の栄養ドリンクの市場ではシェア5割という、日本の栄養ドリンク界を代表する商品であると言えます。

それゆえ愛用する方も多く、これから使ってみたい、と言う方も大勢居られると思いますので、今回はリポビタンDの成分と効き目、その効果について紹介したいと思います。

スポンサードリンク


・含まれる成分


0319fbc25c801c1f4281f5216c19ef5d_m


タウリン・・・1000mg
イノシトール・・・50mg
ニコチン酸アミド・・・20mg
チアミン硝化物(ビタミンB1)・・・5mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)・・・5mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・・・5mg
無水カフェイン・・・50mg
添加物:白糖、D-ソルビトール、クエン酸、安息香酸Na、香料、グリセリン、バニリン
こんな感じになっております(大正製薬製品カタログより)。

効果効能としましては
肉体疲労
病中病後
食欲不振
栄養障害
発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給 
滋養強壮
虚弱体質
このようになっております。

代表的なところとしてはタウリンの疲労回復効果が有名ですね。
リポビタンDとしても最も多く含まれる主成分ですから、リポビタンDを飲めば疲労回復が望める、ということになります。
さらにイノシトール、ビタミンB群など、ビタミン関連の成分が配合されており、体力の消耗によって現象するビタミン群の補給にも効果的、ということになります。

スポンサードリンク


・ところが・・・


e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_m
成分・効果についてご説明いたしましたので次は効き目についてご説明いたします。

もう一度成分表示をご覧ください。
注目していただきたいのは各成分の配合量

ウリンの場合、1000mgとなっています。
1000mgとはイコール1gです。
1gと書くと、たった1g・・・?という気持ちになりますね。

その他の成分は、1g以下です。
入ってるんだか入っていないんだか、というくらいな量です。

配合されている成分量があまりに少なすぎて、実際の効き目は不明です。
効くと思えば効く、と言えると思います。
気の持ちようとも言いますので、信じることで効果も生まれてくるかもしれません。

ところで、添加物の部分に注目していただくと、先頭に「白糖」となっております。
医薬品関連にはこのように表記されるようですが、要は糖分です。
飲んでみたことのある方はおわかりかもしれませんが、リポビタンDは、甘いですよね。
内容量の大部分が糖分です。

もしかしたら、リポビタンDなどを飲んで元気になった感じがするのは、糖分の多量摂取による効果かもしれませんね。

昔から眠いときなどに砂糖をなめたり、疲れたら糖分を摂ることで疲労回復を得る、という話を聞いたことがありませんか?
それと同じ効果なのかもしれません。

ということで、元気になりたいのであれば、固形の黒糖を舐めておけば、問題ないのでは?という気がしないでもないですね。
黒糖、おいしいですしね。

ただ、リポビタンD然り、黒糖然り、糖分ばかり摂取していると、一時的に元気になった感じはするかもしれませんが、その元気は持続しませんので、長い目で見ると、「飲めば飲むほど疲れる、手放せなくなる」という状態にならないともいえません。
もし、単にタウリンやビタミン類「のみ」を摂取したいのであれば、そうしたサプリメントに頼ったほうが、まだ効果が望めるかもしれませんね。
リポビタンDには添加物として白糖のほかにも保存料や香料など問題の多い添加物も含まれていますから、サプリメントのほうがマシ・・・という可能性もあります(サプリメントも添加物だらけなので、五十歩百歩ともいえますが)。

いずれにしろ、急激な効果を求めると、反動も大きいのが常ですから、程々にしたほうが良いかもしれません。
それよりも日々の食生活や睡眠・運動などで体調を整えたり、どんなに忙しくても生きた食事を摂ることを心がけるなど、根本からの解決を気長に行っていったほうが、結果的に良い方向にいくかもしれません。

・まとめ


34b153202c296d85d15cd83d5c3c0b50_m
リポピダンDは、疲労回復などに効果があり、ビタミン類の補給にも使える、と謳われています。
けれど、ビタミン類は食事から摂取すればよく、疲労回復には含まれる糖分のほうが影響が大きそうなので、砂糖類を舐めても同じ効果があるかもしれないです。

急激な疲労回復を望むのは忙しい現代人として仕方の無いことですが、長い目で見て、急激な疲労回復を求めるよりも、食生活や少しでも多く睡眠をとることによる根本解決を図ったほうが、結果的なコストパフォーマンス、効き目はあるかもしれない・・・。
という感じになりました。

これから飲んでみようかな?と悩まれているかたは、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク