褐色の綺麗な肌を求めて日焼けサロンを使ってみよう!と決心したはじめてのあなたへ。

日焼けサロンってどんなもの?どんな効果があるの?害はあるの?といったいろいろな悩みについて、まとめてみました。
日焼けサロンの参考にしてみてください!

スポンサードリンク

日焼けサロンとは

64cb0f727aa9f7967e3e1fef69ccbb98_m
インターネット最強百科事典として名高いWikipediaでは、
【日焼けサロン(ひやけサロン)は、肌に紫外線を人工的に当てて黒く日焼けを施す店舗のことである。日焼けする場合、日焼けマシーンを用いる。日サロ(ひサロ)と略されることが多い。】
と書かれています。

つまり、太陽のように紫外線を発するライトで身体を焼いて、褐色のお肌を手に入れるためのお店ということですね。

その他についてもWikipediaを見てみましょう。
多くの店舗では前払い方式のようです。先にお金を支払ってから、日焼けマシーンに入るようですね。

基本は個室のお店が多いようです。
日焼けの後にはシャワーを浴びるためのシャワールームもあるようです。汗をかいたりするのでしょうか?
最後にドライヤーなどが使えるドレッシングルームを利用して退店、という流れのようです。
シンプルですね。

ちなみに、日焼けして肌が黒くなるにつれ短時間での日焼け効果が薄くなるので、真っ白なお肌から褐色を目指す場合、5回程度は通う必要があるようです。
それだけ費用もかかるようですね。

また、日焼けの維持にも通う必要があり、初めに2~3万程度は必要になるようです。その後も定期的に費用がかかるので、なかなか褐色の維持も大変なようですね。
料金はお店によって違うようですが、安かろう悪かろうの場合もあれば、高くても悪い場合もあり、一概に値段が上がるほど質があがる、というわけでもないようです。

むしろ重要なのは、利用したい日焼けサロンに設置されている日焼けマシーンが、どういうものか、という点に目を向けたほうがよさそうです。
というのも、日焼けマシーンには様々な種類があり、ものによって性能はまったく違ってくるようですから、低性能な日焼けマシーンでは、効果が低かったり快適性が悪かったり、有害性が高かったりする可能性もでてきそうです。
といって高性能だからといって、単に余計な機能が沢山ついているだけで、一番重要な日焼け機能の部分では低性能マシーンと変わらない効果のものなどもある可能性もありますから、いずれにしても、しっかりと日焼けマシーンについて記述されている店舗を、日焼けサロンを利用する際には選ばれたほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

日焼けサロンの効果は?

028901d880407c9b00f7e7e8dbf10d70_m
では、そうした日焼けサロンを使う効果とはなんなのでしょうか?

一つ目は、「手軽に肌を焼ける」という点です。
というか、これが目当てで訪れる方がほとんどだと思います。
海辺で日焼けというのは年中できる行為でもありませんし、部分焼けなどにも気を配る必要があり、意外と大変です。
日焼けサロンではお金がかかるかわりに、短時間で手軽にバランスよく日焼けをすることができるので、手軽に綺麗に肌を焼くことができます。
手っ取り早く効果を得るためには最適なお店ですね。

二つ目は、「送風機などもあるので快適」です。
日焼けのためには肌を光線に晒す必要があり、暑いです。
ですが、日焼けサロンに設置されている日焼けマシーンは送風機が設置されているものもありますので、意外と快適に日焼けすることが出来ます。
簡単で快適なのも、日焼けサロンの効果ですね。

日焼けサロンの害は?

86a069c20fd4139a47dadd6f8d82c630_m
では、日焼けサロンに害はあるのでしょうか?
日焼けサロンで使われる日焼けマシーンは、紫外線を発するライトを使用します。
紫外線には種類があり、特定の紫外線では発ガンの危険もあり注意が必要なようです。

業界には規制などがないようですので、もしかしたら、その紫外線を照射してしまうマシーンがないとも限りません。
また、それ以外の種類の紫外線においても、微量の有害紫外線が含まれることがあり、完全に単一の紫外線のみが発せられる日焼けマシーンを導入しているお店はそうはないのではないかという話もあります。

綺麗な肌がほしくて日焼けサロンを利用しに行ったら、皮膚がんになって帰ってきました、という笑い話にもならない悲劇をこうむらないためにも、利用には注意したいところです。

国民生活センターも日焼けサロンの危険性を訴えているようですので、一度ごらんになられたほうが良いでしょう。

いずれにしても、日焼けサロンの利用にはメリットとデメリットがあり、デメリットのほうは重傷やガンによる死亡のリスクもありますので、使用には十分に覚悟をもって、自己責任で利用されたほうがよろしいかと思います。