「よく見かけるけれど、あまり飲む機会がない」なんて方も多いであろうそば茶


実はこのそば茶、是非飲む機会を増やしていただきたい健康に良いお茶で、特に妊婦さんや高血圧の方にオススメです。


今回はそば茶の効能として、妊婦さんや高血圧の方にオススメできるポイントを3つずつご紹介します。


スポンサードリンク



「そば茶」とは?




そば茶


そば茶とは、麺類のそばの原材料となる「そばの実」を脱皮・焙煎して「お茶」として加工した飲み物です。


香ばしい味わいでおいしいのですが、その奥からそば特有の独特な香りがするので、ちょっと不思議な感じのするお茶でもあります。


ノンカフェインでノンカロリー、子供からお年寄りまで飲むことができます。


また、強力な抗酸化用を持つポリフェノールの一種である「ルチン」という成分が豊富に含まれており、様々な生活習慣病の予防に効果を発揮してくれます


では「そば湯」は何なの?



お蕎麦屋さんに行くと出てくるそば湯「そばをゆでた時のゆで汁」で、そのまま飲んでもOK、食後のそばつゆに薬味と一緒に入れて飲んでもOKな飲み物です。


なぜゆで汁まで飲むのかと言うと、そばは栄養豊富な食べ物である一方、その栄養素の多くが水溶性で水に溶けだしてしまう性質を持っているからです。


そばはそばで食べ、流れ出てしまった栄養素はそば湯として飲む、こういった形でそばの栄養を余すところなく体に摂りいれることができます


そば茶との違いは、「ゆで汁を飲むのか、それとも実を焙煎したものを飲むのか」という部分にあります。


そば茶の効能のカギを握る「ルチン」



「健康に良い飲み物」として知られているそば茶ですが、そのそば茶の効能のカギを握っているのは「ルチン」という成分です。


先ほどもちらっと話の中に出てきましたが、ルチンというのは強力な抗酸化作用を持つポリフェノールの一種です。


主な効能としては、



◇ビタミンCの吸収を促進する
◇毛細血管を強化する
◇血管の弾力性をアップ・キープさせる
◇インスリンの分泌を促進する
◇脳細胞の錆びつきを予防する



といった効能があります。


こういった働きをしてくれることで、



◇動脈硬化
◇脳卒中
◇高血圧
◇心臓疾患
◇痔疾患
◇糖尿病
◇認知症


といった病気に対する予防・改善効果を期待することができます。


ルチンが多いのは「だったんそば茶」



一言に「そば茶」と言っても、



◇普通のそばの実から作られているそば茶と
◇「だったんそば」というそばの実から作られているそば茶


この2つに分けることができます。


だったんそばは、中国・モンゴル・ロシア・ネパールといった国で栽培されているそばの実のことで、そのだったんそばの実のを使ったのが「だったんそば茶」です。


このだったんそば茶には、普通のそば茶の約100倍に相当する量のルチンが含まれています。


そのため、「普通のそば茶以上にルチンの効果が期待できる」というわけです。


スポンサードリンク



妊婦さんにオススメできる3つのポイント



妊婦・妊娠のイラスト

今回ご紹介しているそば茶は、アレルギーを持っている方を除く全ての方にオススメな飲み物なのですが、特にオススメとされているのは「妊婦さん」と「高血圧の方」です。


なぜ妊婦さんと高血圧の方には特にオススメとされているのでしょうか?


まずは、妊婦さんにそば茶をオススメできる3つのポイントからご紹介します。


①ノンカフェインだから



妊娠中のカフェインの摂取は、流産・早産・低出生体重児・貧血など、母子の健康に悪影響を及ぼします


「カフェインを一切摂取してはいけない」というわけではありませんが、カフェインを含むコーヒーや緑茶などは最大限控えるようにしなければなりません。


そんな時、そば茶であればノンカフェインなので、水分補給にピッタリです。


②食事量の増加に伴う症状に効果的



妊娠中は胎児の分まで栄養を摂らなければなりませんから、必然的に食事の量も増えます


そうなると、「高血圧」が引き起こされる場合があります。


そば茶に含まれるルチンには血圧を下げる効果があるので、食事量の増加に伴って上がった血圧を下げてくれます


また、妊娠中は胎児にブドウ糖をしっかりと届けるために、体内でブドウ糖をエネルギーに変換させる「インスリン」の働きが低下します。


インスリンは血糖値を下げる働きもしているため、インスリンの働きが低下することによって高血糖になりやすくなります


それでなくても、前述している通り妊娠中は食事の量も増えるので、妊娠中特有の体質の変化と食事量の増加によって「妊娠糖尿病」が引き起こされる場合があります。


そば茶に含まれるルチンには、インスリンを分泌する臓器である「膵臓」の働きを活性化する働きがあるので、血糖値を上がりにくくしてくれます。


③便秘解消効果がある



妊娠中に便秘に悩まされる方は非常に多いです。


原因としては、



◇つわりによる脱水・水分不足・食事量の低下
◇ホルモンバランスの変化
◇胎児の体重増加による腸の圧迫
◇妊娠中のストレス


といったものが挙げられます。


そば茶には食物繊維が含まれているので、そば茶を飲むことで便秘解消効果が期待できます。



※だったんそば茶だと…?



だったんそば茶だと、「シス・ウンベル酸が含まれている」という点も、オススメポイントに追加されます。


このシス・ウンベル酸とは、美白効果のある成分のことです。


妊娠中というのは、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」というホルモンの分泌が活発に行われています。


このホルモンは、メラニンに過剰反応する性質があるため、妊娠中は日焼けやシミが起こりやすくなります


ですが、このシス・ウンベル酸の美白効果が、日焼けやシミから妊婦さんのお肌を守ってくれます


高血圧の方にオススメできる3つのポイント



血圧計で血圧測定

では次に、高血圧の方にオススメできる3つのポイントについてご紹介します。


①血管を強化してくれる



高血圧というのは、血液が血管の壁を押す圧力が高くなっている状態です。


血液によって圧迫されている血管は、壁を厚くして対応するので弾力性を失い、そして徐々に脆くなっていきます


この脆くなった血管が様々な出血性疾患を引き起こす原因になるのですが、そば茶に含まれるルチンには脆くなった血管を修復し、強化する働きがあります。



②「ACE酵素(アンジオテンシンⅠ変換酵素)」の働きを抑制する



私たちの体の中には、「ACE酵素(アンジオテンシンⅠ変換酵素)」という物質があります。


このACE酵素は、血液中にある「アンジオテンシンⅠ」という物質に対して働きかけを起こすことで、「アンジオテンシンⅡ」という物質が生まれます。


高血圧の方にとっては残念なことに、アンジオテンシンⅡは血圧を上昇させる働きがあります。


そば茶に含まれるルチンには、ACE酵素の働きを抑えてアンジオテンシンⅡの生成を阻害する効果があります。


③血液をサラサラにする効果がある



一概には言えませんが、高血圧の原因として「ドロドロ血液」が挙げられます。


血液に粘度があるために、全身に血液を循環させるうえで大きな圧力をかけなければならない場合があるのです


そば茶に含まれるルチンには、ドロドロ血液や体の錆びつきの原因の1つとなる「活性酸素」を除去する「抗酸化作用」があります


そのため、抗酸化作用が血液をサラサラにしてくれます


ただ、ドロドロ血液を引き起こす要因は他にもたくさんあるので、そば茶を飲むだけで血液がサラサラになるかといえば、そうとも言えません


つまり、他にも気を付けなければならない部分もありますが、そば茶を飲むことだけでもサラサラ血液に近づくことができるということです。


そば茶を飲もう!



ここまで、「そば茶の効能」として、妊婦さんや高血圧の方にオススメできるポイントを3つずつご紹介させていただきました。


そば茶の効能を知って、「そば茶が飲みたくなった」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?


もちろんそばアレルギーの方にはオススメできないのですが、妊婦さんや高血圧の方はもちろんのこと、健康を気にする方は是非、そば茶を飲むようにしてみてください


スポンサードリンク