辛い料理を作ろうとした時に、「鷹の爪はないけど唐辛子ならある」なんて場面に直面したことがある方、結構多いと思います。


名前が違うので「唐辛子と鷹の爪って同じなの?違うの?」という疑問を持ったことがある方も多いはず。


そこで今回は、「唐辛子と鷹の爪に違いがあるのか?」という、多くの方が抱いている疑問について解説します。


また、唐辛子の主な種類や効能、辛さのレベルについても調べてまとめてみましたので、こちらもあわせてご紹介します。


スポンサードリンク



そもそも「唐辛子」とはどんな野菜なのか?



唐辛子

私たちの食生活に溶け込んでしまっているため、なかなか詳しく知る機会がない唐辛子。


まずは最初に、「唐辛子はどんな野菜なのか」ということについて解説します。


唐辛子とは、ナス科トウガラシ属に分類される野菜のことです。


辛みが強いのが特徴で、香辛料や薬味として料理に使用されています。


一節によれば8000年前以上前から食べられていたとされ、紀元前4000年ころには栽培も行われていた、非常に古い歴史のある食べ物であると言えます。

※「SlowBeauty(http://www.slow-beauty.net/post-675/)」より引用


このように、歴史が非常に古い野菜でもあります。


「甘唐辛子」もある!



「唐辛子=辛いもの」というイメージが強いかもしれませんが、唐辛子は必ずしも辛いとは限りません。


辛くない「甘唐辛子」というものもあります。


身近なものでいうと、ピーマン・パプリカ・シシトウといった野菜は、皆さんもご存知の通り辛みはありません。


そのため、これら3つを含めた辛みのない種類の唐辛子のことを甘唐辛子と呼んでいます。


唐辛子と鷹の爪の違いはあるの?



唐辛子と鷹の爪の違いの有無に関してですが、結論としてはこの2つに違いはありません


そもそも鷹の爪というのは、唐辛子の種類のこと。


つまり、数ある唐辛子の種類の中に「鷹の爪」という種類の唐辛子があるということです。


日本で一番メジャーな種類の唐辛子であるため、唐辛子を鷹の爪と言ったり、鷹の爪を唐辛子と言ったりすることがあるわけです。


鷹の爪の名前の由来は?



ちなみに、「鷹の爪」という名前は、字の通りですが鳥の「タカ」に由来しています。


タカの爪というのは、全体的に細長く、先端に向かって次第に細く湾曲しています。


唐辛子の鷹の爪は、鳥のタカの爪と同じような形をしているので、「鷹の爪」と呼ばれています。


日本でおなじみの唐辛子



 炎を上げるとうがらし

唐辛子は非常に種類が多い野菜です。


そこで今回は、唐辛子の種類の中でも、日本でおなじみの種類の唐辛子をまとめてみました。


鷹の爪



前述している通り、タカの爪に似た形をしている、日本で一番メジャーな唐辛子


真っ赤に熟した実を料理に使用します。


熊鷹唐辛子



日本で栽培されている唐辛子の中で「一番辛い」といわれている唐辛子。


辛さはもちろんのこと、香りにも深みがあるのが特徴的です。


島唐辛子



こちらは熊鷹唐辛子に続く、日本で二番目に辛いといわれている唐辛子です。


九州から沖縄にかけての地域で栽培されており、鷹の爪や熊鷹唐辛子よりも丸みを帯びた形をしています。


韓国唐辛子



日本でも人気の韓国料理に使われている、韓国原産の唐辛子です。


辛みはそれほど強くないので、そのまま食べることもできるのだそうです。


ハバネロ



かつては「世界一辛い」とされていた、日本でもなじみ深いメキシコ原産の唐辛子です。


オレンジ色で丸みを帯びた形をしていますが、その可愛らしい見た目とは裏腹に、辛さは強烈です。


ハラペーニョ



「ハラペーニョソース(緑のタバスコ)」でおなじみの、メキシコ原産の唐辛子です。


辛さの中にほのかな甘みが感じられるのが特徴的です。


タバスコペッパー



「タバスコソース」でおなじみの、アメリカ原産の唐辛子です。


辛みはもちろんのこと、うまみもあるので、日本でも調味料として重宝されています。


スポンサードリンク



唐辛子の効能



唐辛子には、代表的な栄養素である「カプサイシン」を始め、



ビタミンA
ビタミンB2
ビタミンC
ビタミンE
βカロテン
鉄分
カリウム


などといった栄養素が含まれています。


そして、こういった栄養素に由来する効能もたくさんあります。



代謝UP
発汗作用
デトックス
血行促進
冷え性改善
むくみの予防・改善
肩こりの改善
脂肪燃焼促進
疲労回復
ダイエット
生活習慣病の予防
便秘改善
消化促進
食欲増進
美肌(シミ・シワなどの予防)
育毛



一言で言えば、「健康にも美容にも良い食べ物である」ということになりますね。


※唐辛子の注意点



このように様々な効能がある唐辛子ですが、食べ過ぎは厳禁です。


適量であれば体に良いのですが、食べ過ぎると逆に毒になります。


食道・胃・腸を刺激するので、粘膜が荒れる可能性がありますし、アドレナリンの過剰分泌が促されることで、下痢や精神疾患を引き起こす恐れもあります。


下痢に関しては、唐辛子の食べ過ぎによる下痢が続くことで「痔」になる可能性もあります。


たくさん食べる方はまずいないと思いますが、食べ過ぎには気をつけて下さい。


唐辛子の辛さレベルまとめ!



絶叫する外国人女性

では最後に、日本でおなじみの唐辛子を含め、世界の唐辛子の辛さレベルについて、唐辛子の辛さを表す単位である「スコヴィル値」をもとにご紹介します。


唐辛子は非常に種類が多い野菜であるため、中でも特に辛さレベルが高い、上位15位までの唐辛子に絞ってご紹介させていただきます。


ご了承ください。



【第1位】スコヴィル値:1,463,700
トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー(オーストラリア)
※世界一辛い唐辛子としてギネス世界記録に登録されています


【第2位】スコヴィル値:100,000~350,000
ハバネロ(メキシコ)


【第3位】スコヴィル値:100,000~325,000
スコッチ・ボネット(ジャマイカ)


【第4位】スコヴィル値:100,000~225,000
バード・アイ(インド)


【第5位】スコヴィル値:200,000
ジャマイカン・ホット・ペッパー(ジャマイカ)


【第6位】スコヴィル値:100,000~125,000
カロライナ・カイエンペッパー(アメリカ)
熊鷹唐辛子(日本)


【第7位】スコヴィル値:85,000~115,000
タビチェ(メキシコ)


【第8位】スコヴィル値:95,000~110,000
バハミアン・ペッパー(バハマ)


【第9位】スコヴィル値:50,000~100,000
ブリッキーヌ(タイ)
チルテビン・ペッパー(メキシコ)
ロコト(ペルー)


【第10位】スコヴィル値:50,000~100,000
島唐辛子(日本)
ピリピリ(南アフリカ)


【第11位】スコヴィル値:50,000~75,000
天津唐辛子(中国)


【第12位】スコヴィル値:60,000
マラゲータ(ブラジル)


【第13位】スコヴィル値:50,000~58,000
ピキン・ペッパー(アメリカ)


【第14位】スコヴィル値:40,000~50,000
スーパー・チリ・ペッパー(中国)
アヒ・アマリージョ(ペルー)
鷹の爪(日本)
ブータン唐辛子(ブータン)


【第15位】スコヴィル値:30,000~50,000
カイエンペッパー(エチオピア)
タコス・ペッパー(アメリカ)
ウルピカ(ボリビア)



唐辛子も鷹の爪も同じもの!



ここまでは、唐辛子と鷹の爪の違い、そして唐辛子の主な種類・効能・種類別の辛さのレベルについてご紹介させていただきました。


結論としては、唐辛子も鷹の爪も同じものなので、「この種類の唐辛子を使ってください」という指定がない限りは、唐辛子が必要な時に鷹の爪を使ってもほとんど問題はないと思います。


そして、あわせてご紹介させていただいた唐辛子の主な種類・効能・種類別の辛さのレベルについても、食生活を送る上で覚えておいて損はありません。


ぜひ参考になさってください。


スポンサードリンク