多くの食品に使用されている「人工甘味料」


普段何気なく食べている食品の中には、この人工甘味料が使用されていることがあるのですが、皆さんは意識したことはありますか?


人工甘味料は「あまり良くない」とされており、食べ過ぎると虫歯や下痢といった副作用を引き起こす恐れがあることも懸念されています。


そこで今回は、人工甘味料の副作用についてご紹介します。


スポンサードリンク



「甘味料」とは?



砂糖

まずは「甘味料」について、簡単に説明させていただきます。


甘味料とは、食品に甘みをつけるために使用される調味料の総称です。


甘味料には、大きく分けて「天然甘味料」「人工甘味料(合成甘味料)」の2つに分けることができます。


天然甘味料



天然甘味料とは、天然に存在する甘味料のことです。


食品の中に含まれている甘み成分を取り出し、精製・濃縮を行ってから使用する「食品」と、天然に存在する甘味料ではあるものの、人工的に作られることもある「既存添加物」とに分けることができます。



【食品】

ブドウ糖
果糖
麦芽糖
ショ糖
オリゴ糖
砂糖(和三盆・黒糖・三温糖)
蜂蜜
メープルシロップ
アガベシロップ
パームシュガー
モラセス(糖蜜)
水あめ
ブドウ糖果糖液糖




【既存添加物】

トレハロース
マルチトール
パラチノース
キシリトール
ソルビトール
甘草(カンゾウ)抽出物
ステビア加工甘味料
羅漢果(ラカンカ)抽出物
ソーマチン
グリセリン
クルクリン
モネリン
モナチン
エリトリトール
ヘルナンドゥルシン



人工甘味料(合成甘味料)



人工甘味料とは、別名「合成甘味料」とも呼ばれている、人工的に作られた天然に存在しない甘味料のことをいいます。


食品添加物として使用されることを認められており、少量でも強い甘みを持っているため、砂糖の代替品として菓子・清涼飲料水の製造に使用されています。



スクラロース
アセスルファムカリウム
サッカリン
アスパルテーム



主な人工甘味料の種類



日本で主に使用されている人工甘味料の種類は、次の通りです。


スクラロース



スクラロースとは、ショ糖の600倍にも相当する甘みを持つ人工甘味料です。


人工甘味料の中では比較的安全性が高いとされており、「米国食品医薬品局(FDA)」や「世界保健機構(WHO)」などといった公的機関からも認可を受けています。


日本では「食品添加物」として、お菓子や清涼飲料水などに幅広く使用されています。


ただ、農薬の研究・開発中に偶然に発見されたとされている人工甘味料であるため、そういった意味では危険性が指摘されています。


アセスルファムカリウム



アセスルファムカリウムとは、ショ糖の200倍に相当する甘みを持つ人工甘味料です。


単体で使用されるよりも、他の人工甘味料と合わせて使用されることのほうが多く、他の人工甘味料と合わせることで強い甘みを発揮します。


食品に甘みをプラスする他に、食品の風味をアップさせる効果もあるため、食品添加物として幅広く使用されています。


ただ、ラットを使った実験では、1日の規定量を超えて大量摂取したラットが死亡、妊娠中のラットの胎児に異常が現れたことから、大量摂取は危険とされています。


サッカリン



サッカリンとは、ショ糖の200~750倍にも相当する甘みを持つ人工甘味料です。


人工甘味料としては一番歴史が古く、過去には「発がん性がある」と騒がれて使用を禁止されていた時期もありましたが、発がん性の原因が別のところにあり、サッカリン自体には発がん性が認められなかったことから、今では世界中で使用されています。


ただ、そのような過去があったことから、日本では使用量に上限を設けて、その使用量の範囲内でしか使用することができません


アスパルテーム



アスパルテームとは、ショ糖の100~200倍に相当する甘みを持つ、アミノ酸由来の人工甘味料です。


後味が独特であるため、その後味をカバーするために「アセスルファムカリウム」とあわせて使用されることが多いです。


世界的に一番普及している人工甘味料で、日本でもお菓子・清涼飲料水・加工食品・サプリメント・薬など、幅広く使用されています。



スポンサードリンク



人工甘味料を食べ過ぎると虫歯になるってホント?



虫歯の女性のイラスト

人工甘味料というと、砂糖などの天然甘味料とは違うわけですから、「虫歯にはならない」というイメージがあると思います。


「人工甘味料が使用された食品で虫歯のリスクを下げることができる」ということは事実なのですが、その一方で「人工甘味料でも虫歯になる」という話もあるようです。


そもそも虫歯というのは、食べ物に含まれている糖質をエサにしている虫歯菌が酸を作り出し、酸によって歯が溶かされることによって起こるもの。


人工甘味料は少量でも強い甘みをもたらすので、人工甘味料を使用している食品は糖質がほとんど含ませんから、酸はほとんど作り出されません。


ですが、その食品に「香料」などの人工甘味料とは別の糖質が含まれていると、その糖質によって虫歯が引き起こされる可能性があります。


人工甘味料を食べ過ぎると下痢になるってホント?



「人工甘味料を含む食品を食べ過ぎると下痢になる」という噂があるのですが、これは事実です。


なぜ人工甘味料を食べ過ぎると下痢になるのかというと、人工甘味料が腸内の水分バランスを乱すからです。


人工甘味料は水分を含みやすい性質を持っており、人工甘味料を含む食品を食べ過ぎると、腸の内部の浸透圧が上がってしまいます。


その上、人工甘味料は消化吸収されにくいものであるため、今度は腸内の浸透圧を元に戻すために、腸が溜まった水分を排出しようとします


その結果、下痢(浸透圧性下痢)を引き起こしてしまうのです。


その他の副作用(人工甘味料全体)



虫歯や下痢の他にも、人工甘味料による副作用はいくつかあります。


人工甘味料全体の、虫歯や下痢以外の副作用をご紹介します。


肥満



「人工甘味料は砂糖ではないので太らない」と思っている方、多いと思います。


確かに人工甘味料は微量でもしっかりと甘みをつけることができるので、カロリーはほとんどありません


ただ、糖分は人間の体のエネルギー源として欠かせないものであるため、糖分が足りない「低血糖」の状態になると、強い空腹感を感じます。


体が糖分を欲しがっている状態です。


人工甘味料で味付けされたカロリーがゼロに近い食品ばかりでは、当然糖分が足りない状態になり、強い空腹感に支配されて暴飲暴食へと繋がる可能性があります。


その結果、肥満という副作用が引き起こされる恐れがあるのです。


糖尿病



人工甘味料は血糖値が上がりにくいので、すい臓から分泌される、血糖値を下げる「インスリン」の分泌量も少なくて済みます


ところが、人工甘味料に慣れてしまうと、体質が変化して人工甘味料に対してもインスリンが分泌されるようになってしまう場合があるそうです。


そのため、人工甘味料を大量に摂取してしまうと、その分インスリンも大量に分泌され、この状態が繰り返されるとすい臓が弱ってしまいます。


すい臓が弱ると、インスリンの分泌量が減ったり、全く分泌されなくなったりするので、その結果「糖尿病」を発症する恐れがあります。


味覚障害



人工甘味料の「甘さ」に慣れてしまうと、味覚そのものが狂ってしまうこともあります。


人工甘味料は天然甘味料よりも甘みが強いので、人工甘味料の甘さに慣れてしまうことで天然甘味料の甘さが物足りなく感じてしまいさらに甘いものを求めるようになってしまう恐れがあります。


常に口の中が甘い感じがする「味覚障害」を引き起こしたり、甘いものに対して強く依存するようになる可能性もあります。


その他の副作用(種類別)



頭の痛みに耐える日本人女性

人工甘味料のその他の副作用を、人工甘味料の種類別でご紹介します。


スクラロース



赤血球の減少
マグネシウムの欠乏
リンの欠乏
甲状腺の衰え
成長の遅れ
肝臓・脳の肥大
肝臓細胞異常
白内障
卵巣収縮
白血病
リンパ腫

など


1日の摂取量…体重1kgあたり5mg

アセスルファムカリウム



吐き気
頭痛
発がん性
うつ病
肝疾患
腎疾患

など


1日の摂取量…体重1kgあたり15mg

サッカリン



排便を促す作用(緩下作用)
胃酸過多
不妊

など


1日の摂取量…体重1kgあたり5mg

アスパルテーム



知能の低下
蕁麻疹
アレルギー
不眠症
生理痛
不妊症
眼球突出
うつ病
認知症
糖尿病
ポリープ
肝障害
心疾患

など


※アスパルテームには「フェニルアラニン」という成分が含まれています。


そのため、フェニルアラニンの代謝ができない「フェニルケトン尿症」という病気を持っている方はアスパルテームの摂取を避けてください。


1日の摂取量…体重1kgあたり40mg未満


食品の成分表示を確認する癖を!



人工甘味料の副作用について、関連する知識などとあわせてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


天然甘味料を使用している食品も確かに多いのですが、人工甘味料を使用している食品もまだまだ多い状況です。


このような副作用に発展する可能性もあるので、食品の成分表示を確認する癖をつけるようにすると良いと思います。


スポンサードリンク