「コーヒーを飲む時にコーヒーフレッシュは欠かせない」という方も多いと思います。


ブラックの状態では苦くて飲めないコーヒーでも、コーヒーフレッシュを入れることによって味がまろやかになり、飲みやすくなります


ところがこのコーヒーフレッシュ、なるべく使用を避けたほうが良い「危険な食品」であることがわかっています。


そこで今回は、コーヒーフレッシュの成分や添加物から分かる体への影響についてまとめてみました。


スポンサードリンク



コーヒーフレッシュは「だだの油」



コーヒーフレッシュ

見た目や香りからすると、コーヒーフレッシュは「ミルク」ですよね。


実際にコーヒーを頼んだ時に、「砂糖とミルク(コーヒーフレッシュ)は必要ですか?」なんて言われることが多いですから、乳製品の1つであるような感じがすると思います。


ところがコーヒーフレッシュはミルクではなく、植物性油脂と添加物を使ってミルク風味に仕上げられた、ただの油です。


コーヒーフレッシュは、経済的に余裕のある富裕層しかミルクを手に入れることができなかった時代に、ミルクの代わりになるものとして開発されたもの。


当然ながら体に良いものではなく、「危険」と言わざるを得ない食品なのです。


腐らない&低コスト



もしコーヒーフレッシュが牛乳などと同じ乳製品の仲間だったとすると、常温の場所に置いておくとすぐに腐敗が始まってしまうので、冷蔵保存しなければなりません。


ところが、実際のコーヒーフレッシュはというと、お店では常温の陳列棚に並べられていますし、買ってきて常温の場所に保管しておいても腐ることもありません


長期保管ができて、その上安く手に入れることができるので、一般的に幅広く普及しているのです。


製造コストも安く済んでいる



コーヒーフレッシュを構成している成分は、比較的安く仕入れることができるものです。


そのため、コーヒーフレッシュ自体の製造コストも安く済んでいます。


コーヒーフレッシュに含まれている成分



製造メーカーによっても多少異なる場合がありますが、一般的なコーヒーフレッシュには、次のような成分が含まれています。



【植物性油脂】
コーヒーフレッシュの場合はサラダ油やパーム油を使用

【乳化剤】
本来であれば混ざり合うことのない水と油を混ぜ合わせる(水と油の分離を防ぐ)ために使用されている添加物

【増粘多糖類】
ミルクに似たとろみをつけるために使用されている添加物

【pH調整剤】
コーヒーフレッシュを日持ちさせるために使用されている添加物

【カラメル色素(着色料)】
砂糖を焦がして作る色素のことで、ミルクに近い色を作り出すために使用されている添加物

【香料】
ミルクの香りを付けるために使用されている添加物



どうでしょうか?


単刀直入に言うと、「ほとんどが添加物」の食品ですよね。


「危険」と言われていることにも納得できると思います。


コーヒーフレッシュの製造過程



コーヒーフレッシュはこれらの成分を使い、次のような過程で製造されています。



①植物性油脂と水を混ぜ合わせ、乳化させて白っぽくさせます。
②ミルクのようなとろみをつけるために増粘多糖類を加えます。
③ミルクのような色をつけるためにカラメル色素を加えます。
④日持ちするようにpH調整剤を加えます。
⑤ミルクのような香りをつけるために香料を加えます。



これでコーヒーフレッシュは完成。


添加物をいくつも使うことで、ミルクのダミーを作り出しているようなものなのです。


スポンサードリンク



コーヒーフレッシュの体への影響



一般注意マーク

前述している通り、コーヒーフレッシュには添加物がたくさん使用されており、お世辞にも「体に良い食品」とは言えないものです。


では具体的には、体にどのような影響を与えるのでしょうか?


成分別に見ていきたいと思います。


植物性油脂(サラダ油)



「植物性」と聞くと、あまり体に悪いイメージはないと思いますが、植物性油脂には「カロリーが高い」「コレステロール値が上がる」といったリスクが潜んでいます。


ただ、カロリーやコレステロール値よりも注意しなければならないのが、「トランス脂肪酸」による体への影響です。


トランス脂肪酸とは、使用を禁止されている国もある「マーガリン」に入っていることでよく知られている成分のことです。


植物性油脂に水素を加えると発生するのですが、



動脈硬化
心臓疾患
認知機能の低下
アレルギー



といった人体への影響が報告されています。


厚生労働省では、トランス脂肪酸の摂取量について「総エネルギー摂取量の1%未満」ということを推奨しています。


乳化剤



コーヒーフレッシュに使用されている乳化剤の代表的なものは、「ショ糖脂肪酸エステル」というもの。


このショ糖脂肪酸エステルは「発がん性」や「肝臓への悪影響」が指摘されています。


他にも、妊娠中に摂取することによって「胎児の染色体異常」が起こる可能性があり、妊娠中の摂取を控えるようにすべきとされているほどです。


pH調整剤



「食品が日持ちするように」という部分から、もうすでに体に影響がありそうな添加物ですが、このpH調整剤は、摂取量が多くなってしまうと腸内の善玉菌を殺してしまいます。


つまり、腸内環境の悪化を招いてしまう可能性があるわけです。


また、pH調整剤には「リン酸塩」という成分が含まれているのですが、リン酸塩の過剰摂取はカルシウムの吸収を妨げ、カルシウム不足の状態を招く恐れがあります。


pH調整剤のおかげで、腐敗した食品を食べて食中毒を起こす人は大幅に減ったのですが、その一方でこのような危険性があることは無視できません


カラメル色素



カラメル色素には1~4までの4種類がありますが、コーヒーフレッシュに使用されることが多いのは、「3」と「4」のカラメル色素です。


この3と4のカラメル色素には「アンモニア化合物」という有害成分が含まれていることから、発がん性があることが認められています。


他にも、



リンパ球の減少
免疫機能の抑制(白血球の働きを阻害する)
DNAの損傷
染色体異常


といった人体への影響が懸念されています。


1のカラメル色素は純粋に砂糖を焦がして作られているため、1番安全性が高いのですが、コストがかかるのであまり出回っていません。


2のカラメル色素は危険性が高いため、日本では使用されていません。


どのカラメル色素を使用しているかまでは表示義務がないので、残念ながら知ることはできないのですが、コーヒーフレッシュに使用されているカラメル色素は少なくとも良いものではありません


増粘多糖類



増粘多糖類は天然由来の成分を使って作られているので、問題がないように感じられますが、発がん性が指摘されているものを使用している可能性があります。


また、アレルギー症状を引き起こす可能性もあるとされています。


コーヒーにミルクを入れたい時は…?



コーヒー

コーヒーフレッシュの体への影響についてご紹介してきましたが、「ではコーヒーにミルクを入れたい時はどうすれば良いのか?」という問題が残りますよね。


コーヒーにミルクを入れたい時は、次のような工夫をしましょう。



コーヒーフレッシュをたくさん使わないようにする
「トランス脂肪酸0」のコーヒーフレッシュを選ぶ(メロディアンミニなど)
動物性油脂を使用した粉末ミルクを選ぶ(クリープなど)
牛乳やスキムミルクなど、コーヒーフレッシュ以外のもので代用する



あまり使用しないほうが体のためは良い!



今回は、コーヒーフレッシュの成分や添加物から分かる体への影響についてお話しさせていただきました。


「添加物がたくさん入っていたなんて知らなかった」という方も多いと思います。


「コーヒーフレッシュを一切断つべきか」というと、そこまで極端なものでもないのですが、あまり使用しないほうが体のために良いということに変わりはありません。


比較的安全性の高いコーヒーフレッシュを選んだり、牛乳などで代用したりすることでリスクは軽減できるので、是非参考になさってください。


スポンサードリンク