緑茶とほうじ茶に共通して含まれている「カテキン」


カテキンには、美容や健康に対する様々な効果があるとされています。


ほうじ茶の含有量は少なめですが、緑茶の含有量は多く、カテキンの効果を期待して緑茶を飲む方も多いです。


ただ、お茶を通してカテキンを摂取するとなると、副作用の有無も気になりませんか?


そこで今回は、カテキンの副作用について、カテキンの基本情報や効果などとあわせてご紹介します。


スポンサードリンク



カテキンとは?



抹茶と落雁

カテキンとは、「タンニン」というポリフェノールの一種で、お茶が持っている渋み成分のことです。


「カテキン」という名前は、インド産で古くから健康や美容に用いられてきた、マメ科アカシア属の低木「アカシア・カテキュー」の樹液から抽出された「カテキュー」という物質に由来しています。


カテキンを多く含んでいるのは緑茶で、他にもほうじ茶・ウーロン茶・紅茶といったお茶にも含まれています。


1番茶(新茶)に含まれるカテキンの量はそれほど多くはありませんが、2番茶・3番茶と順番に摘み取っていくに従って、カテキンの含有量は増えていくそうです。


カテキンは4種類



一言にカテキンといっても、全部で4種類のカテキンが存在します。



エピカテキン
エピガロカテキン
エピカテキンガレート
エピガロカテキンガレート


そしてこれらのカテキンは、お茶飲料として製造される過程の中で熱が加えられると、またさらに違うカテキンに変化します。



エピカテキン⇒カテキン
エピガロカテキン⇒ガロカテキン
エピカテキンガレート⇒カテキンガレート
エピガロカテキンガレート⇒ガロカテキンガレート



ちょっとややこしいのですが、簡単に言えば「カテキンは変化しやすい物質である」ということです。


カテキンは酸化しやすい



カテキンは非常に酸化されやすい物質です。
緑茶は、荒茶製造工程中で酸化酵素の働きが抑えられるため、ほとんど酸化しません。
しかし、烏龍茶や紅茶では、酸化酵素の作用で酸化重合物(いわゆる合体カテキンで、テアフラビン類・テアルビジン類が該当)が作られます。
すると、本来は水溶液中では無色のカテキンが、オレンジから赤色となります。
烏龍茶や紅茶が赤っぽい色をしているのは、このためです。

※「伊藤園 お茶百科(http://www.ocha.tv/components_and_health/benefits_greentea/catechin/)」より引用


緑茶は酸化を抑制してあるので、酸化していない状態のカテキンを摂ることができるのは「緑茶のみ」ということになります。


カテキンの効果



頬に手を当てて夢見心地の女性

カテキンには、私たちが知っている効果の他にも、様々な効果があります。


簡単にではありますが、カテキンの効果を見ていきたいと思います。


抗菌・殺菌作用



カテキンは、様々な病気の原因となる細菌やウイルスなどの細胞膜に付着し、抗菌・殺菌の作用を発揮します。



【抗菌】
細菌やウイルスの増殖を抑制する

【殺菌】
細菌やウイルスの細胞膜自体を破壊する


風邪・インフルエンザ・食中毒といった病気の他、虫歯予防にもオススメです。


抗酸化作用



老化の原因となる活性酸素は、体内に侵入してきた細菌やウイルスを殺す役目があり、ある程度は体内になくてはならない物質です。


ただ、あまりたくさんの活性酸素が体内にあると、身体を錆びつかせて老化を招き、健康・美容の両面に影響を及ぼします。


カテキンには、身体の錆びつきの原因となる活性酸素を程よく除去し、老化を防止する抗酸化作用があります。


また、カテキンの抗酸化作用によって、がんを予防することもできるそうです。


高血圧の予防・改善による動脈硬化の予防



カテキンには高血圧を予防・改善して、動脈硬化を予防する効果があります。



【血圧の上昇を抑制する効果】
血管壁へかかる圧力が上がることによる動脈硬化を予防

【抗酸化作用】
悪玉コレステロールを酸化させて動脈硬化を引き起こす活性酸素を除去

【脂肪の吸収を抑える効果】
過剰量のコレステロールが血管壁にこびりつくことによる動脈硬化を予防



こういった効果によって高血圧や動脈硬化の発生を防ぐことができると、高血圧や動脈硬化が引き起こす脳卒中や心臓病などの怖い病気までをも予防することができます。


糖尿病の予防



カテキンには、血糖値の急激な上昇を防いで糖尿病を予防する効果があります。


糖尿病というのは、「血糖値の急激な上昇→インスリンの大量分泌」の状態が繰り返され、インスリンを分泌するすい臓の働きが弱ることによって起こる病気です。


カテキンは糖質の吸収を穏やかにしてくれるので、血糖値の急激な上昇を予防することができ、その流れで糖尿病を予防することができます。


スポンサードリンク



便秘の予防・改善



人間の腸内には、100種類を超える細菌が存在していますが、大きく分けると「善玉菌」と「悪玉菌」の2つに分けることができます。


通常であれば善玉菌のほうが悪玉菌よりも多いのですが、便秘が起こっている状態というのは、善玉菌よりも悪玉菌のほうが多くなっています


カテキンには悪玉菌を殺菌して減らし、善玉菌を増やす効果があります。


そのため、便秘の予防と改善に効果的です。


抗アレルギー作用・抗炎症作用



アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状に、「エピガロカテキンガレート」という種類のカテキンが効果的であることが報告されています。


アレルギー反応というのは、肥満細胞から「ヒスタミン」という物質が浮遊することによって引き起こされるもの。


エピガロカテキンガレートには、このヒスタミンの遊離を抑制する作用があるため、アレルギー反応を抑制することができます。


また、抗炎症作用もあるため、アレルギーによる様々な炎症を抑える効果も期待できます。


ダイエット効果



こちらは皆さんもご存知かと思うのですが、カテキンにはダイエット効果があります。


ダイエット効果といっても、



脂肪を消化吸収しようと働く酵素の働きを抑制する
脂肪の分解を促進する酵素の分泌を促す
脂肪の燃焼を促進する



といった、いくつかのダイエットに繋がる効果を発揮してくれるため、結果的に脂肪を溜め込みにくくすることができるというものです。


脂肪の消化吸収を抑えたい場合は食事の前後に、脂肪の燃焼を促進したい場合は運動前に飲むと良いそうです。


カテキンに副作用はある?



注意 標識

様々な効果があるので、そういった良い面だけを見ると「たくさん摂取しておきたい」という気持ちになりますよね。


でも、やはり副作用の有無は気になるところ。


結論からお話しすると、カテキンにも副作用はあるとされています。


「肝機能障害」が報告されている



日本での話ではないのですが、カナダ・フランス・スペインカテキンの過剰摂取による「肝機能障害」が報告されています。


原因はわかっていないのですが、過剰摂取はやはり身体に負担をかけてしまうようです。


日本人は緑茶を飲むことが多いので、もしかしたら海外の国の人は持っていない耐性のようなものを持っていて、肝機能障害を免れているのかもしれません。


いずれにしても、海外でそのような副作用が出ているということは、気を付けるにこしたことはありません


鉄分と一緒に摂らないで!



こちらは副作用というわけではないのですが、カテキンは「タンニン」という成分の一種です。


タンニンは鉄分の吸収を阻害する働きがあるため、鉄分が不足しがちな女性にとってはマイナスに働くことがあります。


そのため、鉄分不足が気になる方は、食事の後にタンニンを含む緑茶を飲むのは避けたほうが良いでしょう。


摂取目安量はどのくらい?



過剰摂取は危険となると、「摂取目安量はどのくらい?」という疑問がわいてくると思います。


カテキンの摂取目安量に関しては、特にこれといって明確に決められたものがありません


ただ、よく言われているのは「1日1g」という摂取目安量です。


1日1gがどのくらいなのかというと、緑茶1杯に含まれているカテキンの量が0.1gなので、緑茶10杯分に相当します。


お茶の産地として有名な静岡県では、1日10杯以上のお茶を飲んでいる方が多く、そのおかげなのか、生活習慣病を発症する確率が低いそうです。


過剰摂取は避けたほうが安全



カテキンの副作用について、関連する情報とあわせてご紹介させていただきました。


日本では副作用は報告されていませんが、過剰摂取は避けたほうが安全です。


ただ、ご紹介させていただいた通り、カテキンには様々な効果があるので、過剰摂取にならないように気をつけながら摂取してみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク