「歯石が溜まると良くない」ということは、皆さんもよくご存知かと思うのですが、歯石を取るとなると、皆さんはどのような方法を思い浮かべますか?


実は歯石は、歯科医院に行かなくても自分で取ることができるのです。


歯石を自分で取るには、どのような流れでやっていけば良いのでしょうか。


また、痛さや臭いは気にならないのでしょうか?


スポンサードリンク



歯石とは?



歯磨き

歯石とは、唾液によって歯垢が石灰化し、硬くなってしまったものです。


「歯垢」と混同されやすいのですが、歯垢は食べカスと細菌が一緒になったもので、まだネバネバした状態です。


歯石になる前の段階、つまり「歯垢を放置すると歯石になる」ということになります。


歯石そのものに害はないのですが、歯石の表面はザラザラしており、歯石があることによって歯垢が溜まりやすくなるため、除去したほうが良いとされているのです。


歯石ができるメカニズム



歯の表面や歯と歯のすき間などに付着した歯垢は、食事によって口の中に入ってきた糖質によって「酸」を発生させます。


この酸によって、歯の内部からカルシウムやリンなどのミネラルが溶かされてしまう「脱灰」という現象が起こります。


つまり、歯が溶かされているわけです。


この脱灰を食い止めてくれるのが唾液です。


「再石灰化」といって、唾液に含まれるミネラルが溶かされた歯を修復してくれるので、虫歯の発生を予防してくれています。


ただ、溶かされた歯が石灰化で修復されると共に、歯垢も一緒に石灰化されてしまいます。


こうして出来上がるのが歯石です。


歯垢から歯石へと変化するのに要する時間は、大体48時間(2日間)とされています。


歯石を取ったほうが良い理由



歯周病の予防になる



歯周病の原因は、「歯垢や歯石が毒素を出し続ける」という部分にあります。


歯垢や歯石が出し続ける毒素によって、歯茎の腫れや出血が発生するため、痛みはもちろんのこと、出血による臭いも口臭にプラスされて大変なことになります。


ですが、歯石を取り除くことで、この歯周病を予防することができます


歯周病を予防することができると、歯周病によって発生する口臭や、歯周病によって引き起こされる歯以外の病気(合併症)を予防することにも繋がります。


ちなみに合併症には、次のようなものがあります。



糖尿病
脳梗塞
心筋梗塞
感染性心内膜炎
肺炎
慢性腎疾患
骨粗しょう症

など…


このように、「たかが歯石」と軽くとらえていると、全身の病気にまで発展する恐れがあるので、歯石は取ったほうが良いのです。


歯槽膿漏の予防になる



歯石が溜まって歯周病が発生、そしてその歯周病が悪化すると「歯槽膿漏」という病気に発展します。


歯槽膿漏になると、歯茎から膿が出ます。


この膿は、組織の崩壊物や白血球、細菌などから構成されているものであるため、臭いは強烈です。


歯石→歯周病→歯槽膿漏→強い口臭


という流れになってしまうので、歯石を取り除くことで歯槽膿漏と、歯槽膿漏による強い口臭も予防できます。


歯石による口臭の予防になる



元々は歯石も歯垢ですから、細菌の塊であることに変わりはありません


細菌には臭いがありますから、歯石が溜まっていると口臭の原因となります。


そして歯石は、前述している通り表面がザラザラしていて新たな歯垢も溜まりやすいので、そのままにしていると口臭も悪化します。


従って、歯石を取ることは口臭の予防に効果を発揮してくれます。


スポンサードリンク



歯石を自分で取るために必要なもの



歯医者さんで歯の治療

歯石になってしまうと、日々の歯磨きで取り除くことは困難になってしまいます。


ですから、特別な方法で歯石を取る必要があります。


歯石を自分で取るためには、次の4つのアイテムを用意します。



スケーラー


【スケーラーの消毒に必要なもの】

消毒用エタノール
コットン



スケーラーとは、先端がフックのように曲がっている器具のことです。


歯科治療を受けた時に見たことがある方も多いと思うのですが、歯石を取り除くためにはこの器具が必要です。


通販などでも簡単に手に入ります。


歯石を自分で取る方法



ではここからは、歯石を自分で取る方法についてご紹介します。



①歯磨きをする
歯石を少しでも取りやすくするために、まずはいつも通りに歯磨きをして、歯垢や食べカスなどを除去します。


②スケーラーを消毒する
コットンに消毒用エタノールを染み込ませてスケーラーを拭き、スケーラーを消毒します。


③スケーラーを使って歯石を取り除く
スケーラーは鉛筆を持つ感じで、先端にやや近い部分を握って持ちます。
そして、鏡を使って口の中を見て、歯石が付着している部分を確認しながらスケーラーで削り取っていきます。


④口の中をすすぐ
歯石を取った後は水で口の中をよくすすいでください。



歯石は結構硬いので、取り除くには強い力が必要になるのと同時に、間違って歯や歯茎を傷つけてしまう恐れもあるので、ゆっくりと時間をかけて慎重に行ってください。


どうしても取り除けない歯石がある場合や、途中で血が滲んでくるようなことがあった場合には、無理に歯石を取り除くのはやめて歯科医院に行きましょう。


※痛さや臭いは気にならない?



「自分で歯石を取る」という行為は、口の中に関わることなので「痛さや臭い」も気になるところ


まずは「痛さ」についてですが、痛いかどうかは歯茎の状態次第です。


歯茎が炎症を起こした状態だと、歯石を取った時に痛みを感じる可能性があります。


逆に、歯茎が炎症を起こしていない状態であれば、痛みはほとんど感じないそうです。


そして「臭い」についてですが、歯石そのものが臭いの原因となっているものなので、取り除くことでむしろ臭いは気にならなくなると思います。


取り除いている時であっても、わざわざ嗅ぐようなことをしなければ問題はないと思います。


あまりオススメできない理由も…



一般注意マーク

自分で歯石を取る方法をご紹介させていただきましたが、自分で歯石を取ることをあまりオススメできない理由もあります。


リスクがあることを知った上で行ってほしいので、あまりオススメできない理由もご紹介させていただきます。


歯や歯茎が傷ついてしまう



歯石は硬いので、強い力を入れなければ取り除くことは困難です。


ただ、強い力を入れてしまうと歯が傷ついてしまったり、スケーラーを歯茎に刺してしまったりして、歯や歯茎を傷つけてしまう恐れがあります。


キレイに取り除くことができない



せっかく歯石を取っても、やはり専門知識があるわけではないので、キレイに歯石を取ることができない可能性があります。


また、自分で取ることができる歯石にも限界があり、歯茎の中にある歯石までは歯が立ちません


そういった意味でもキレイに歯石を取ることができない可能性があります。


歯石が押し込まれて炎症を起こす



歯科医院では、水を流して歯石が歯茎の奥に押し込まれることがないようにしていますが、自分で取ろうとすると、歯石を歯茎の奥に押し込んでしまう可能性があります。


歯茎に押し込まれた歯石によって炎症を起こすので、それもまた歯石や口臭の原因となる恐れもあります。


またすぐに歯石がついてしまう



歯科医院では歯石を取った後、歯石をつきにくくするために歯の表面を磨いてピカピカにします。


ですが、自分で歯石を取った場合は歯の表面をピカピカにすることができないため、またすぐに歯石がついてしまう可能性があります。


歯石を予防する方法



歯石は自分で取ることも可能ではあるのですが、やはりリスクを伴いますし、歯科医院で取るにしても診察料がかかります


歯石がないに越したことはないので、歯石そのものを予防することも大切です。


前述している通り、歯石の正体は歯垢が石灰化したものであるため、歯垢がたまらないようにすることで、歯石も予防できます。


歯垢がたまらないようにするためには、毎日の丁寧なブラッシングが大事です。


歯ブラシはもちろんのこと、歯間ブラシや糸ようじのようなデンタルケアのアイテムを使って、食べカスや歯垢を丁寧に取り除くようにしてください。


歯と歯の隙間や、歯と歯茎の隙間には特に歯垢が溜まりやすいので要注意です。


また、歯茎の炎症による出血も歯石の原因になるので、歯茎の健康状態に気を使うことも大切です。


セルフケアによるリスクもしっかり把握して!



今回は、自分で歯石を取る方法について解説させていただきました。


意外にも簡単にできそうですよね。


ただ、自分で歯石を取ることには、それなりのリスクがあります。


自分で歯石を取りたい方は、セルフケアによるリスクもしっかり把握して下さい


スポンサードリンク