チアシードの口コミはどんどん広がりつつあり、どのくらいの方々が愛用しているのでしょうか?
ダイエット食品として知られていますが、食べ方について紹介していきたいと思います。


チアシードは、栄養豊富な種です。胡麻や、キウイの種によく似ています。直径1mm程の大きさです。


水分を吸収するので、種を水に浸すと約10倍程にも膨れます。周りには、グルコマンナンというゼリー状
のものができます。食物繊維たっぷりです。


水を含ませたチアシードの見た目は食欲を注ぐようなものではありません。申し訳なく例えると蛙の卵の
ような感じです。

しかし、この状態が美容や健康に効果をもたらすのです。

スポンサードリンク

■チアシードをそのまま食べる

水に浸したチアシードは、味はありません。ヨーグルトや、スープ、飲み物やスムージーなどに混ぜる
のがとても良さそうです。


アレンジ方法も様々ですよね。
冷たい物でも温かい物でも使うことは可能ですが、チアシードは熱に弱いため40度以上のものに混ぜる
のは避け、冷たい物か常温にしましょう。
スポンサードリンク

■そのまま以外で食べる

寒天、ゼリー、プリン、ジャム、パン、ケーキ、クッキーなど。
色々な調理法がありますが、基本的には冷たい物から常温で食べるようにしましょう。
アレンジ方法は様々ですね。

そのまま食べるの“そのまま”を誤ってはいけません。
水分を含まない乾燥状態のみで食べるのは危険です。


胃の中にある水分を吸収してしまうので、そうなると胃の中ではどうなってしまうでしょうか?
結果、便通は悪くなり便秘になるということです。


便秘になったことが数回ありますが、本当に辛いですよね。
そんなことにならないためにも、チアシードを食べるときは水分も一緒に心がけること!これは大切な
事で基本的なことですので忘れないでくださいね。


ふりかけ感覚で食べるのであれば、野菜サラダなど水分があるものと一緒がオススメです。

チアシードは、水分を含ませることで、腸内の水分を増やし便通をよくする働きになります。
チアシードの効果を実感するのは、食物繊維不足の方かもしれませんね。


便秘の方はもちろん、是非お試し頂けたら良いなと思っています。

チアシードはダイエット効果だけではない!


先程ご説明した整腸作用もそうですが、他にも栄養補給作用、生活習慣病の予防にも役に立ちます。
チアシードを食べる目的はダイエットの為ですか?健康の為ですか?
どちらも当てはまると思います。


チアシードを正しい方法で食べて、お腹の中から綺麗を目指しましょう!

スポンサードリンク