健康ブームの中で「生酵素」の存在が注目を集めています。


そのため、身近な食べ物から生酵素を摂取する他に、健康食品を通して生酵素を摂取する方も増えています。


ただ、「私も生酵素を摂取したい」となった場合に気になるのが、やはり生酵素の評判ですよね。


そこで今回は生酵素の口コミを参考に、「成功体験」をまとめてみた結果と、良い口コミの裏で囁かれている「効果がない」ということが本当かどうかを検証した結果をご紹介します。


スポンサードリンク



そもそも「酵素」って何?



首を傾げるビジネスウーマン

酵素とは、人間の生命維持に欠かすことのできない物質のことを指します。


人間の体内で作られているのは、


食べ物の消化吸収に必要な「消化酵素」
呼吸・血液循環・運動などの代謝行為に必要な「代謝酵素」



の2つです。


この2つの酵素は、体の状態に合わせて割合が変化するため、



消化酵素をたくさん使うと「消化酵素>代謝酵素」という形になるため、代謝酵素の量が減る
代謝酵素をたくさん使うと「代謝酵素>消化酵素」という形になるため、消化酵素の量が減る



といった関係にあります。


ただ、健康のためには、消化酵素よりも代謝酵素の量が多い状態をキープする必要があります。


食物酵素が必要になる!



消化酵素よりも代謝酵素の量が多い状態をキープするために必要なのが、食べ物が持つ酵素である「食物酵素」です。


食物酵素は唯一人間の体内で作り出すことができない酵素であるため、食べ物を通して摂取するしか方法がありません


食物酵素を体内に摂り込むことで、消化酵素の量を節約すると共に、代謝酵素の量を増やすことができるので、代謝が良くなって健康的な身体を作ることができます。


生酵素とは?



では次に、生酵素について解説します。


一般的に生酵素といわれているのは、先ほどご紹介した食物酵素の一種です。


食物酵素には、「加熱処理された後のもの」「加熱処理されていないもの」とがあり、生酵素はこの後者である加熱処理されていない食物酵素のことを指しています。


同時に、加熱処理をしていない発酵食品や生酵素を使用した健康食品を指していることのほうが多いので、そういった意味では「製造過程において加熱処理をしていない発酵食品・酵素の健康食品」を指しているといったほうがわかりやすいかもしれません。


食物酵素は栄養価が高い物質なのですが、熱に弱い性質があり、体内に摂り入れる前に加熱処理をしてしまうと破壊されてしまいます。


つまり食物酵素は、「生の状態でなければほとんど意味がない」ということになります。


ですが、加熱処理をしていない生酵素であれば、栄養価が高いままの食物酵素を体内に摂り入れることができ、食物酵素が体内で最大限の効果を発揮してくれます。


生酵素を効率よく補うことができるのが「健康食品」



ガラスの瓶とサプリメント


食物酵素の1日の目標摂取量は、



野菜350g
果物200g


とされています。


発酵食品からも摂取することはできますが、現実的に考えると、ちょっと難しい量ですよね。


果物の場合はそれほど難しくはないかもしれませんが、野菜から食物酵素を摂取するとなると、生の状態で食べる必要がありますし、加熱調理した場合は食物酵素の量が減ってしまうので、350g以上の野菜を食べなければ、充分な食物酵素を体内に摂り入れることはできません


また、食物酵素にはたくさんの種類があるため、様々な食べ物からバランスよく摂取しないと偏りが出てしまうため、「なかなか効率よく摂取することができない」という方も多いのが現状。


そこで、生酵素を効率よく補うことができる、生酵素のサプリメントやドリンクといった「健康食品」が必要になります。


生酵素の健康食品の効果は?



生酵素の健康食品を通して得られる効果としては、次のような効果が挙げられます。



腸内環境が整うことによる「便秘解消効果」「美肌効果」「免疫力アップ効果」
基礎代謝が上がることによる「ダイエット効果」
新陳代謝の活発化による「冷え性改善効果(血行促進効果)」「美肌効果」
活性酸素を除去する働きによる「老化防止効果」

など…



健康にも美容にも効果を発揮する存在であることが見て取れます。


そのため、健康目的で生酵素を摂取する方だけではなく、美容目的で生酵素を摂取する方も多いです。


スポンサードリンク



生酵素の成功体験



タンクトップ姿で腕を伸ばす女性

健康や美容に欠かせない生酵素ですが、生酵素を積極的に食生活に取り入れる前に知っておきたいのが、生酵素で良い結果があったという「成功体験」ですよね。


ここでは仮に、「生酵素の健康食品を摂取した」と仮定して、生酵素の口コミの中から、主にダイエットに関する成功体験をまとめてみました。



半年かけて20キロの減量に成功した
便通が良くなった
頑固な便秘が改善された
体質的なものもあるかもしれないが、運動しなくても痩せた
他のサプリメントと併用して痩せることができた
飲んだ後体がポカポカしてきた
食事制限も同時に行って5キロ以上体重を落とした
朝の目覚めが良くなった
1か月で3キロ痩せた



これらの口コミはほんの一部に過ぎませんが、様々な口コミを見ていてわかったのが、「別のダイエット方法と併用して痩せた」という方が多いということ。


生酵素だけで減量に成功した方もいるようですが、そういった方の場合はじっくりと時間をかけて体重を落としていったようなので、生酵素でダイエットしたいという場合は、



他のダイエット方法も取り入れる
「痩せるまでには時間がかかる」ということを覚悟する


といったことを把握しておく必要があるようです。


多少の効果があった口コミも!



「成功体験」とまではいきませんが、多少の効果を感じられた方も多いようです。



体重は変化なし、でもお肌の調子が良くなった
前よりは太りにくくなったように感じる
体重は減らないけど、増えることもない



「効果がない」って本当?



生酵素の効果を実感している方がいる一方で、「効果がない」といった口コミを寄せている方も多く見受けられました。



3ヶ月続けてみたが、効果なし
生酵素で痩せた友人に勧められて試してみたが、私は痩せなかった
ダイエット目的で4ヶ月飲み続けてみたものの、体重に変化はなかった
飲んでみても、何にも実感がなかった



こういった口コミが、「生酵素は効果がない」という良くない評判のきっかけとなっていると思われます


「効果が実感できなかった」ということで、生酵素の摂取をやめてしまう方も少なくありません


「効果がない」という結果に陥ってしまう理由



健康や美容に良いことが分かっている生酵素を摂取しているにも関わらず、「効果がない」という結果に陥ってしまうのには、次のような理由が考えられます。



①「すぐに効果を実感できるのでは」という即効性を期待してしまった
②生酵素に頼った食生活を送って、栄養バランスが大きく偏ってしまった
③高カロリーのものを食べて、消化酵素をたくさん消費してしまった
④睡眠の質が悪い
⑤運動不足である



人それぞれ体質が違うので一概には言えませんが、生酵素の効果を実感できていない方は、どれか当てはまる理由があるはずです。


いずれにしても、生酵素に過剰な期待を寄せてしまったことや、普段の生活習慣に何か原因が潜んでいる可能性があります。


生酵素の効果を得るために注意したいこと



では最後に、生酵素の効果を得るために注意したことについてご紹介します。


先ほどの【「効果がない」という結果に陥ってしまう理由】という項目の内容の裏返しになる部分もありますが、次の点に注意して摂取するようにしましょう。



生酵素には即効性がないので、「すぐに痩せる」という過剰な期待は寄せない
栄養バランスのとれた食事を摂った上で生酵素を摂取する
食事の前に摂取する
規則正しい生活を送る
運動をする機会を作る


体調が悪くなることもある!



生酵素で体調が悪くなる方も結構多いようです。


食物アレルギーを持っている方は、原材料として使用されている食べ物に気を付けなければ、アレルギー症状を引き起こす恐れがあります。


また、生酵素では「好転反応」といって、一時的に体調が悪くなるものの、徐々に体調が回復していく症状が現れる可能性もあります。


•第1段階:弛緩反応(だるい・ねむい・倦怠感など)
•第2段階:過敏反応(便秘・下痢・発汗など)
•第3段階:排泄反応(吹き出物・発疹など)
•第4段階:回復反応(発熱・痛み・吐き気など)

生酵素サプリの殿堂より引用


好転反応の症状が辛い場合は摂取をやめても問題はありません


好転反応か副作用かを見極めるには1か月ほどの時間を要するので、症状がひどくなければ、無理のない程度に摂取を続けるという方法もありです。


不安な場合は医療機関で相談し、その後ご自身の体とよく相談したうえで決めてください。


即効性を期待せず、生酵素に頼りすぎないように!



今回は生酵素の成功体験と、効果がないと言われていることが本当かどうか検証した結果についてご紹介させていただきました。


生酵素の効果を実感するためには時間がかかるので、効果を実感する前に摂取をやめてしまう方も少なくありません。


また、生酵素に頼りっぱなしの生活をしていると、効果が実感できないこともあります。


ですが、即効性を期待せずに継続して摂取し続けること、そして生酵素に頼りすぎないことで効果は実感できるようになると思います。


スポンサードリンク