可愛らしい花を咲かせる「たんぽぽ」


このたんぽぽを使った「たんぽぽ茶」という飲み物が、今女性の間で人気を集めています


たんぽぽ茶には妊婦さんに対する効果、授乳中の方の母乳に対する効果、不妊に悩む方に対する効果など、デリケートな状態にある女性を助けてくれるのです。


今回はこのたんぽぽ茶についてご紹介します。






たんぽぽ茶とは?



たんぽぽ

たんぽぽ茶とは、たんぽぽの根っこを乾燥・焙煎させて作られたお茶です。


コーヒーに近い味わいが楽しめるお茶であることから、「たんぽぽコーヒー」という名前で売られていることもあります。


日本ではまだまだ浸透していない飲み物ではありますが、実はヨーロッパでは古くから親しまれている飲み物です。


漢方の国である中国では、薬効があるものとして漢方にも用いられていることから、たんぽぽ茶が美容や健康に良いことは認められているようです。


たんぽぽ茶はノンカフェイン!



カフェインが入っているお茶もたくさんある中で、たんぽぽ茶はノンカフェインです。


そのため、赤ちゃんへの影響を防ぐために、カフェインを摂ることができない妊婦さんや授乳中の方でも飲むことができます


たんぽぽコーヒーなんて名前で呼ばれることもあるとなると、カフェインが心配になりますが、その点は心配要りません。


たんぽぽ茶の効果



妊婦さん

では早速、たんぽぽ茶の効果についてご紹介していきたいと思います。


妊婦に対する効果



まずは妊娠中の妊婦さんに対する効果からご紹介します。



【ホルモンバランスを整える効果】
たんぽぽ茶に含まれる成分が、妊娠中で乱れがちなホルモンバランスを整えてくれます。


【むくみ改善効果】
たんぽぽ茶には利尿作用があります。
この利尿作用によって、老廃物を体外に排出することができるため、妊娠中に起こりやすいトラブルである「むくみ」を改善してくれます。


【便秘の予防・改善効果】
妊娠中というのは、妊娠前は便秘知らずだった方でさえも便秘になりやすい時期。
ですが、たんぽぽ茶の利便作用により便秘を予防したり、改善したりする効果が期待できます。


【血圧を下げる効果(妊娠高血圧症候群の予防)】
たんぽぽ茶には血管を拡張し、血流を促進させる効果があります。
その結果、血圧が上がりにくくなるため、妊娠高血圧症候群を予防することができます。


授乳期への効果



では次に、授乳中の方に対する効果についてご紹介します。


【ホルモンバランスを整える効果】
妊娠中と同様、授乳中もホルモンバランスが乱れがちです。
ですが、たんぽぽ茶には女性ホルモンを増やす効果があるため、乱れがちなホルモンバランスを整えてくれます。


【母乳不足を改善する効果】
母乳は血液から作られているということは、皆さんご存知かと思います。
たんぽぽ茶には血行促進と浄血作用があり、その結果母乳の出が良くなるため、母乳不足を改善してくれます。
もちろん、母乳不足が改善されたことで母乳が出過ぎてしまうということもなく、母乳の量を調整してくれます。


【乳腺炎を予防する効果】
「母乳不足を改善する効果」と関わるのですが、たんぽぽ茶による血行促進と浄血作用により、血液をサラサラにしてくれます。
血液がサラサラになると母乳もサラサラになるので、乳腺で詰まりにくくなり、乳腺炎を予防することができます。


【リラックス効果】
子育てというのは、ストレスが溜まりやすいですよね。
たんぽぽ茶にはリラックス効果があるため、育児によるストレスを軽減してくれます。


【疲労回復効果】
授乳期というのは、夜間の授乳にオムツ替えにと、昼夜問わず赤ちゃんのお世話をしなければならない状況で、疲れが溜まりやすいと思います。
たんぽぽ茶には疲労回復効果があるので、疲労を緩和してくれます。







不妊に対する効果



次に、たんぽぽ茶の不妊に対する効果についてご紹介します。

【ホルモンバランスを整える効果】
不妊の原因として考えられるのが、「女性ホルモンの不足」です。
たんぽぽ茶を飲むことで、卵巣の働きが活発になるために女性ホルモンの分泌量を増やすことができます。
女性ホルモンの分泌量が増えると、ホルモンバランスも整ってくるので、妊娠しやすい身体へと導いてくれます。


【血行不良を改善する効果】
血行不良というのは、「子宮への栄養も滞っている」という状態を意味しています。
たんぽぽ茶には血行不良を改善する効果があるので、改善された血行によって支給にもしっかりと栄養が届くようになります。


【生理不順を改善する効果】
一言に生理不順といっても、冷え性・ホルモンバランスの乱れ・ストレスなど、様々な原因があるわけですが、生理周期が乱れているとなかなか妊娠することができません。
たんぽぽ茶が持つ、「ホルモンバランスを整える効果」「血行促進効果」「リラックス効果(ストレス緩和)」といった効果は、どれも生理不順の改善に効果的です。


※「男性不妊」にも効果的!
「不妊の原因は男性にもある」ということが徐々に浸透してきていますが、たんぽぽ茶は女性側の不妊だけではなく、男性側の不妊にも効果的です。
たんぽぽ茶には生殖機能を良くする効果があり、精子を作り出す「精巣」の働きを良くして、質の良い精子を作り出すサポートをしてくれます。
不妊治療に臨む夫婦にたんぽぽ茶を勧める医療機関もあるそうです。



たんぽぽ茶のその他の効果



妊娠中・授乳中・不妊に悩んでいる方に対する効果についてご紹介させていただいたのですが、先ほどの効果の一部は、全ての方に有効です。


また、先ほどの効果の他にも、たんぽぽ茶には次のような効果が期待できます。



新陳代謝を促進する効果
血中コレステロールを下げる効果
血糖値の上昇を緩やかにする効果
デトックス作用
肝機能を改善する効果
胃腸の働きを活発にする効果
白内障・緑内障を予防する効果
育毛・発毛効果
美肌効果


どうでしょうか?


妊娠・授乳・不妊に関係なく、毎日の美容や健康のためにも飲みたい、魅力的なお茶ですよね。


たんぽぽ茶の飲み方



たんぽぽ茶

たんぽぽ茶には、特に1日の目安摂取量は設けられていませんが、現実的には1日に1〜3杯程度が目安になるでしょう。


ホットでもアイスでも飲むことができるので、暑い日はティーバッグを水出しにしてアイスで、寒い日はティーバッグを煮出してホットに、といった形で飲むことができます。


ただ、ホットのほうがたんぽぽ茶の成分がしっかりと抽出されるので、ホットで飲むことをオススメします。


苦みが気になる場合は?



たんぽぽ茶は少々苦みがあるお茶なので、苦みが気になる方もいると思います。


そのような場合は、たんぽぽ茶を薄めて飲むか、



牛乳
豆乳
ハチミツ
黒糖
ガムシロップ



といったものと混ぜて飲むと飲みやすくなります。


飲むタイミングには注意して!



たんぽぽ茶には利尿作用があります。


そのため、トイレが近くなる可能性があります。


「トイレが近くなると困る」というタイミングで飲むのは避けたほうが良いでしょう。


ノンカフェインなので、寝る前に飲んでも睡眠には影響しないのですが、トイレに起きる回数が増える恐れがあるので、そういった意味では寝る前のタイミングもオススメできません。


たんぽぽ茶の魅力を味わってみて!



ここまでは、たんぽぽ茶についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


自然由来のたんぽぽ茶が持つ、妊婦さん・授乳中の方・不妊に悩んでいる方に対する効果は絶大です。


また、他の方々に対する効果も様々あるので、夫婦で飲んでも良いですし、家族みんなで飲んでも良いでしょう。


たんぽぽ茶の魅力を、皆さんも是非味わってみてくださいね。

<<ママさんに一番人気のたんぽぽ茶はコレ!!【ママナチュレ】のたんぽぽ茶がオススメな理由を紹介!!>>