最近、日本のみならず海外でも人気となっている健康食材に、
ココナッツオイルが挙げられます。


健康食材は数多く存在し、食べていると免疫力が高くなったり風邪予防になったり、
将来的に認知症にならない効果やお肌がキレイになる効果など様々です。



そんな中で、ココナッツオイルは多くの効能が検証されており、
男女問わずに多くの方が好んで食べられています。


ココナッツオイルとは、常夏の地域で成長するココヤシ果実からとれるオイルのことです。


~ココナッツオイルの効能~

基本的なココナッツオイルの効能をご紹介します。
まず、ココナッツオイルとは通常、ヤシ油と言い、
ココヤシ果実の巨大な種子内部からとれるものであります。

性質は、ラウリン酸が50%、ミリスチン酸が約20%、パルミチン酸が10%と、飽和脂肪酸が多いのです。


基本的な用途は、日本では工業原料として6割が洗剤や石けんに使われています。

4割は、食料品としてホイップクリームやコーヒーフレッシュ、ラクトアイスの原料に使われています。


ココナッツオイルは乳脂肪に近い性質を持っている為に、使いやすい食材なのです。


 
スポンサードリンク


そんなココナッツオイルの効能を2つご紹介します!


1)まず、ダイエット効果がある事です。食べると痩せる!と言われるくらい効果があるみたいです。

 ココナッツオイルには飽和脂肪酸が多く含まれています。しかし、飽和脂肪酸と言うとコレステロールが上昇したり動脈硬化を招いたりする健康を意識する人にとってはなるべく控えたいものなのです。でも、飽和脂肪酸には長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸に分かれており、ココナッツオイルは中鎖脂肪酸に分類されるので、安心してダイエット効果として好まれる食材なのです。(中鎖脂肪酸は、体内に取り込むと門脈から直接、肝臓へと運ばれるので吸収が早いのです。即座に脂肪がエネルギーへと効率よく分解されるので体内に蓄積されずにダイエット効果が期待されるのです。)

2)健康効果


ココナッツオイルは、健康志向の方にとてもおすすめな食材でもあるのです。オリーブ同様に、トランス脂肪酸を全く含みません。トランス脂肪酸を過剰に摂取すると動脈硬化や肥満、心臓疾患などの発症リスクが高まってしまいます。

~ココナッツオイルとお肌の関係~

ココナッツオイルとお肌の関係をご存知ですか?
実は、ココナッツオイルを摂取するとお肌に良い効果があると言います。

その接種方法は直接食べても良いし、
食材に混ぜても良いですし、緑茶や紅茶に入れて飲んでも良いのです。

元々、洗顔料に成分として取り入れられている事が多く、

そこまで珍しい事ではないのですがお肌の保湿効果やメイク落とし効果、

お肌のマッサージオイルなどとして様々な効果があります。火傷やキズのケアにも使えるそうです。


他に、若い人には嬉しいニキビ予防の効果もあるので、誰もが使えるケアアイテムとなるでしょう。


 
スポンサードリンク