ココナッツオイルが最近、
テレビや雑誌などで大きく紹介される事が多いですがそんなに良いものなのでしょうか?

健康に良い!ダイエットに良い!美肌をゲット出来る!など、
様々な効能があるという噂ですが、そんなにメリットがあるのならば誰もが気になるはずです。

しかし、話題になっているのは最近の事であり、
いざ購入しようとしてもそこら辺のスーパーでは手に入らない事が多いのですが、
一度使うと止められなくなるような効能ばかりですので、頑張ってゲットしてみて下さいね。



~効能~

そんなココナッツオイルの効能をいくつか挙げてみましょう。

まず、ココナッツオイルと言えば「健康に良い食材」というイメージがあると思います。
効能として是非知っておいて頂きたいのが、



「糖尿病予防&改善」「コレステロール値を下げる」「免疫力アップ」「認知症予防」です。


その中で、糖尿病への効能を詳しく、ご紹介します。
ココナッツオイルの成分は約67%が中鎖脂肪酸で出来ており、
この中鎖脂肪酸が身体に良い形で吸収されるので健康に良いと言うのです。

人の身体は多くの細胞で出来ていますが、
代謝をするために必要なエネルギーの全てを脂肪酸とブドウ糖から得ています。

長鎖脂肪酸やブドウ糖は細胞壁を通り抜ける時に、
インスリンと言うホルモンを必要としますが、
糖尿病の患者さんは、このインスリンが充分に分泌されずに細胞のエネルギー不足となり、
身体の機能バランスが崩れてしまうのです。

それは細胞の死滅を招く事に続がっている事を意味します。


しかし、ココナッツオイルを摂取する事で、
ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は細胞壁を通過する為にインスリンを必要としない為、
膵臓への負担が軽くなり糖尿病や様々な病気を患っている方には最高な食材と言えるのです。



コレステロール値を下げる事が出来る理由は、
ココナッツオイルに含まれるラウリン酸という成分が総コレステロールを減らし、
善玉コレステロールを増やす働きをしてくれます。

コレステロール値が一度高くなると、
食材にシビアにならないといけませんがココナッツオイルは安心して食べてみて下さい。

 
スポンサードリンク


~認知症予防にもなる?!~

先ほどご紹介したように、ココナッツオイルは多くの病気の予防や改善、
健康促進の効能があるのですが、「認知症」にも効くと言われています。

ココナッツ=認知症予防!とだけ知っている方も多いのではないでしょうか?

認知症(アルツハイマー型認知症)とは、
65%以上の高齢者のうち15%が発症しており、
日本だけでもその患者数は約462万人にもなると言われています。


認知症の根本的な原因は、脳がブドウ糖を上手に利用する事が出来ずに、
エネルギーに変換出来ないので、脳細胞が飢餓状態になり、急激に老化してしまうというのです。

普通、人間の脳細胞が健康な状態に保たれているのは、
食べた炭水化物を体内でブドウ糖に変換し、そのブドウ糖をエネルギーに変える事が出来るからなのです。

そんな認知症の状態を予防したり改善出来ると期待されているのがココナッツオイルなのです。
ココナッツオイルの代表的な成分、「中鎖脂肪酸トリグリセリド」は、
血糖値や食事で摂った炭水化物の量に関係なく、体内でケトンに変換されます。



ケトンとは、脳に栄養を与える為に肝臓で作られる高エネルギー燃料です。


ブドウ糖をエネルギーに変換出来ない認知症の脳には、
ブドウ糖の代わりにケトンを供給する必要があるのです。


そんなエネルギー源となるケトンをココナッツオイルを摂取して補う事で、認知症の予防や改善に続がると言われています。

 
スポンサードリンク