「えん麦のちから」という健康食品、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。


こちらのえん麦のちからなのですが、実際に購入した方の口コミや感想では「評判が抜群にいい」と言われています。


では、評判が抜群にいいのはなぜなのでしょうか。


実際に購入した方の口コミや感想を交えながら、えん麦のちからの評判が抜群にいい理由を解説します。






えん麦のちからとは?



首を傾げるビジネスウーマン

えん麦のちからとは、えんばく生活が取り扱っている健康食品のことです。


「栄養機能が非常に高い10の食品」に選ばれたこともある、世界的にも健康効果が認められている「えん麦(えんばく)」を使用しています。


えん麦は穀物の一種で、過酷な環境下でもたくましく育つ麦のこと。


えん麦が自生している地域に住む人たちや、えん麦を皮付きのまま食していた地域の人たちの中には、体が丈夫で病気を患っている人がほとんどいなかったことから、えん麦の研究が始まったとされています。


えん麦のちからは、このえん麦の外皮の部分(ふすま)を粉末状にし、独自製法により栄養をぎゅっと凝縮して摂取しやすく加工したもので、栄養価の高いえん麦のすごさを体感することができます。


こちらの記事でご紹介させていただくのは、えん麦のちからの「プレーン味」なのですが、プレーン味のえん麦のちからは、焙煎したえん麦の香ばしさとほのかな甘みがあります。


余計な味付けがされていないので、飲み物はもちろんのこと、料理に混ぜて簡単に摂取することができます。


シンプルなので、「続けやすい」というのが特徴であり、魅力でもあります。


えん麦のちからプレーン味の栄養成分



1袋13gあたりのエネルギー:53.6kcal


たんぱく質:1.8g
脂質:1.4g
糖質:5.4g
食物繊維:3.0g
(βグルカンは1.0g)
カルシウム:23.4mg
鉄分:1.5mg
マグネシウム:42.0mg


こういった栄養成分が、他の穀物よりもバランスよく含まれているのがえん麦のちからの特徴です。


しかも、えん麦のちからに使用されているえん麦は、標高1,000~2,000mという標高の高い冷涼な環境で、無農薬で育てられた栄養価の高いえん麦を使用しています。


評判が抜群にいい理由①【便秘解消効果がすごい】



青空と歓喜する女子大生

えん麦のちからの評判が抜群にいい理由、1つめに挙げられるのが「便秘解消効果」です。


えん麦のちからの原材料である「えん麦ふすま(えん麦の外皮部分)」には、便秘解消効果のある栄養素である「食物繊維」が豊富に含まれています。


その含有量は、なんと玄米の約9倍にも相当するのだとか。


食物繊維には、水に溶ける「水溶性食物繊維」と水に溶けない「不溶性食物繊維」の2種類がありますが、それぞれの食物繊維は、腸内で次のような働きをします。



【水溶性食物繊維の腸での働き】
善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やして腸内環境を整える
便に水分を与えてやわらかくし、便を排出しやすくする



【不溶性食物繊維の腸での働き】
胃や腸で水分を吸収することで便を大きくし、腸の蠕動運動を促す



こうした、水溶性食物繊維・不溶性食物繊維それぞれの働きが合わさって、便秘を解消することができるというわけです。


水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスが最適!



この2種類の食物繊維は、水溶性食物繊維「1」に対し、不溶性食物繊維「2」のバランスで摂取するのが良いとされています。


「食物繊維が便秘解消に良いから」といって、不溶性食物繊維だけを摂取してしまうと、かえって便が硬くなって便秘を悪化させることもあるのだそうです。


えん麦のちからには、この2つの食物繊維が「1:2」、つまり理想的なバランスで含まれています


そのため、えん麦のちからは便秘解消効果が期待できるというわけです。


便秘に関する口コミも多数



えん麦のちからの口コミを見てみると、便秘に関する口コミが多いことが分かります。


例えば、


1週間出ないこともあったのに、スムーズに出るようになった
便の量が増えた
お腹がスッキリした感じがする


などといった口コミがありました。


元々便秘ではない方だと、便秘解消効果は感じられない場合や、お腹がゆるくなってしまう場合もあるようですが、便秘に悩んでいる方にはオススメです。






評判が抜群にいい理由②【腹持ちが良い】



えん麦のちからの評判が抜群にいい理由、2つめに挙げられるのは「腹持ちが良い」ということです。


えん麦のちからには、前述している通り水溶性食物繊維が含まれているのですが、水溶性食物繊維のほとんどは「βグルカン」というもの。


このβグルカンは、水に溶けるとドロドロのゲル状になり、約8倍に膨張する性質があります。


膨張することによって消化吸収がゆっくりになるので、体内に長い時間とどまり、その分腹持ちが良くなります


腹持ちが良くなると、間食を減らすことができますから、間食によって太ってしまうのを防ぐことができます。


また、「腹持ちが良い」ということは「満腹感を感じやすくなる」ということとイコールになりますから、食べ過ぎを防ぐこともできます。


ですから、ダイエット中のサポート食としてもオススメです。


口コミを見ると、食事の量を減らすことができた方や間食が減った方もいるようです。


評判が抜群にいい理由③【低GI値である】



ウエスト測定

えん麦のちからの評判が抜群にいい理由、3つめに挙げられるのは「低GI値である」ということです。


GI値とは、血糖値が上がるまでの速度を表したもの。


GI値が高ければ高いほど血糖値が上がるスピードは早く、逆にGI値が低ければ上がるスピードはゆっくりです。


血糖値が上がると、その糖分を全身に運搬して血糖値を下げる働きをする「インスリン」が分泌されます。


インスリンの分泌量は、血糖値が急に上がると大量に分泌される仕組みになっていて、大量に分泌されたインスリンによって、今度は血糖値が急に下がります


血糖値が急に下がると、今度は「低血糖」の状態が引き起こされるため、「糖分を摂って」というサインが発せられ、空腹感を感じやすくなります


この空腹感によって食欲が増してしまうため、GI値の高い食べ物は間食や食べ過ぎの原因になります。


えん麦のちからの原材料であるえん麦は、ゲル状のβグルカンが糖質を包み込んで消化吸収をゆっくりにするため、GI値が低いです。


そのため、血糖値が急に上がって急に下がることによる空腹感を抑えることができます。


低GI値であるということも、間食を防ぐことに繋がるというわけです。


腹持ちの良さと被る部分もありますが、口コミを見ると「お腹が空きにくくなった」という方もいるようです。


えん麦のちからは便秘解消やダイエットにオススメ!



えん麦のちからの評判が抜群にいい理由について、口コミや感想も交えながら解説させていただきました。


評判が抜群にいい理由は、やはり「便秘解消」や「ダイエットに繋がる効果」にありました。


便秘やダイエットの問題は、女性にとってはすぐに取っぱらってしまいたいもの。


そんな問題を、料理や飲み物に混ぜて摂取し続けるだけで解消できるかもしれないなんて、忙しい方にも嬉しいですよね。


えん麦のちからが気になった方は是非、こちらのページのリンクから特設サイトへアクセスしてみて下さい。


特設サイトからえん麦のちからの定期コースに申し込むと、今なら先着300名様限定で、とてもお得な特典を受けることができますよ。

<<【えん麦のちから】の公式通販サイトはこちら>>