便秘解消効果やダイエット効果などが期待できる健康食品として、多数のメディアで取り上げられたことのある「えん麦のちから」


えん麦のちからは粉末状で、飲み物や料理に混ぜて摂取することができる健康食品なのですが、やはり毎日摂取し続けるのであれば、美味しい食べ方をしたいですよね。


そこで今回は、えん麦のちからのダイエットレシピや摂取量などについて解説します。







えん麦のちからとは?



麦畑

えん麦のちからとは、その名の通り、えん麦の持つすごい力を体感することができる健康食品です。


えん麦の中でも、水溶性食物繊維の一種である「βグルカン」などの栄養が特に凝縮されたえん麦の外皮(えん麦ふすま)を使用しており、テレビや雑誌などでも幾度となく取り上げられたことがあります。


そもそもえん麦とは?



えん麦とは、過酷な環境下でも丈夫でたくましく育つ穀物のこと。


「オーツ麦」「カラス麦」などと呼ばれることもあり、海外ではオートミールやグラノーラに加工され、多くの家庭で食べられています。


穀物の中でも栄養価が高く、「米国食品医薬品局(FDA)」によって健康効果が認められています。


FDAでは科学的根拠のレベルの高さに応じて、A・B・C・Dの順に食品を分類しているのですが、えん麦は心疾患に対する栄養機能において「Aランクの食品」として認められている、すごい穀物なのです。


「栄養機能が非常に高い10の食品」として、アメリカのTime誌に掲載されたこともあります。


えん麦のちからの栄養成分



今回ご紹介させていただくのは、えん麦のちからの「プレーン味」です。


以下は、えん麦のちからの原材料と栄養成分です。


【原材料】



えん麦ふすま
果糖
※保存料・着色料不使用



えん麦のちからに使用されているえん麦は、標高1,000~2,000mの冷涼な環境で育てられた、栄養価が特に高いもの。


その上無農薬栽培されたものなので、安全性もクリアしています。


【栄養成分】



※1袋13g(53.6 kcal)あたりの成分


たんぱく質:1.8g
脂質:1.4g
糖質:5.4g
食物繊維:3.0g(βグルカン:1.0g)
カルシウム:23.4 mg
鉄:1.5 mg
マグネシウム:42.0 mg


見ての通り、カルシウムや鉄など、女性に嬉しいミネラルも豊富に含まれています。


えん麦のちからの効果



えん麦のちからには、えん麦ふすまにぎっしりと詰まった栄養成分に由来する、次のような効果が期待できます。



便秘解消
ダイエット
コレステロール値を下げる
血糖値をコントロールする


販売元であるえんばく生活が公表しているのは、こういった効果です。


いずれの効果にも関わっているのが、えん麦ふすまに豊富に含まれているβグルカンです。


こういった効果から、さらに心臓や脳の病気、糖尿病を予防することも可能になるのだそうです。


また、便秘解消の効果も期待できることから、便秘解消による美肌効果を期待することもできると思われます。


水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が理想的なバランスで含まれているため、便秘解消の効果を実感している方が特に多いようです。







えん麦のちからの摂取量は?



首を傾げる女性

えん麦のちからの摂取量ですが、販売元のえんばく生活では、1日1~3袋を目安に摂取することを推奨しています。


摂取するタイミングも、薬ではなく健康食品であるため、明確な決まりはありません


摂取量に合わせて注文可能!



今回ご紹介しているえん麦のちからは、1箱30袋入りです。


ということは、



1日1袋ずつ摂取すれば1ヶ月分
1日2袋ずつ摂取すれば15日分
1日3袋ずつ摂取すれば10日分


といった感じになりますね。


1ヶ月に1箱届く仕組みにはなっていますが、希望すれば個数や配送サイクルを変更することも可能だそうです。


つまり、2箱以上届くようにすることや、2週間に一度のサイクルで届くようにすることが可能だということ。


いろいろと試してみて、ご自身に合う摂取量を把握した後に、必要であれば個数や配送サイクルを変えてみてください。


ただ、初回分はひと家族1箱になるので、個数や配送サイクルを変更できるのは、実質2回目以降になります。


えん麦のちからの味は?



「えん麦のちからってどんな味なんだろう」と気になっている方もいるはず。


プレーン味の味はどんな感じなのかというと、えん麦由来の香ばしさとほのかな甘みが感じられるのだそう。


そもそもえん麦ふすまは、皮の部分ですから、苦くて口当たりが良くないもの。


ですが、えん麦のちからはえん麦ふすまを独自製法で食べやすい状態に加工しているため、おいしく食べることができるのだそうです。


えん麦のちからのダイエットレシピ



牛乳を飲む女性

えん麦のちからは、料理や飲み物に混ぜて摂取することができる健康食品です。


えん麦のちからの販売元であるえんばく生活では、「美ボディを手に入れるためには、最低でも3か月間は摂取し続けてほしい」としています。


とはいえ、摂取し続けるとなると、少しでも美味しく続けられるものでなければ、途中で挫折してしまうことにもなりかねませんよね。


では、どのように工夫すれば美味しい食べ方ができるのでしょうか。


美味しい食べ方のレシピをまとめてみました。


えん麦のちからが推奨している食べ方



野菜やフルーツたっぷりのスムージーに混ぜて飲む
牛乳に混ぜて飲む
味噌汁やスープに混ぜて飲む



口コミで見かけた食べ方



ヨーグルトに混ぜて食べる
豆乳に混ぜて飲む
バナナジュースに混ぜて飲む



「牛乳」と「豆乳」がオススメ!



えん麦のちからの美味しい食べ方としては、「牛乳」と「豆乳」に混ぜて飲むという方法に軍配が上がることがわかりました。


食べ方というより、飲み方のほうですね。


口コミを見てみると、料理に混ぜて摂取した方よりも、飲み物に混ぜて飲んだ方のほうが圧倒的に多く、他の食べ方や飲み方がダメだったという方も、牛乳や豆乳に混ぜることで飲むことができた場合も多いようです。


ただ、βグルカンが豊富に含まれているので、飲み物に溶かすとドロドロとした感じになるそうで、飲むというよりは食べる感覚に近いものになるのかもしれません。


今なら7大特典付き!



最後に、オススメの購入方法について簡単にご紹介させていただきます。


えん麦のちからのオススメの購入方法は、ずばり「特設サイトからの購入」です。


こちらのページ内に貼ってあるURLからアクセスすると、販売元のえんばく生活のサイトとは別の特設サイトにアクセスすることができます。


そしてその特設サイトでは、えん麦のちからの定期コースを申し込んだ方に向けて、



①初回お届け分が通常価格5,000円の40%OFF(2,980円)
(2回目以降は10%OFFの4,500円)
②500円OFFクーポンプレゼント
③ふえる!レシピ集プレゼント
④オリジナルシェーカープレゼント
⑤日本全国送料無料(配達日時の指定もOK)
⑥初回分限定で全額返金保証
⑦いつでも解約OK



といった、7つの特典を提供しています。


こちらの7大特典が受けられるのは、先着300名様限定です。


いつ締め切りになるかわかりませんから、購入を考えている方は早めの決断をオススメします。


牛乳や豆乳と混ぜて飲むのが一番美味しい!



えん麦のちからのダイエットレシピや摂取量などについてご紹介させていただきました。


結論としては、「牛乳や豆乳と混ぜて飲む」という方法が一番美味しいことがわかりました。


人それぞれ好みがありますから、様々な食べ方や飲み方を試してご自身に合う方法でえん麦のちからを続けてみてください。

<<【えん麦のちから】の公式通販サイトはこちら>>