食べても塗っても、美容や健康に対して効果を発揮してくれる「ココナッツオイル」は、ニキビができた時のケアにも効果を発揮してくれるアイテムです。


しかしながら、「ココナッツオイルはニキビを悪化させてしまう」という意見もあります。では、この噂は本当なのでしょうか?また、どのような使い方をすれば、ニキビにも良いのでしょうか。


ココナッツオイル

悪化することはあまりない


結論からお話しさせていただくと、基本的には、ニキビケアとしてココナッツオイルをお肌に塗ることで、ニキビそのものが悪化することはあまりありません。



むしろ、ココナッツオイルの持つ「抗炎症」「抗菌」「殺菌」「保湿」といった効果がニキビケアには効果的であり、ココナッツオイルをお肌に塗ったことで、逆にニキビが改善されることのほうが多いです。

まれに悪化することも…


使う人の体質にもよるのですが、中にはココナッツオイルがお肌に合わず、ニキビが悪化してしまうこともあります。また、ニキビを早く治したいがためにココナッツオイルを塗りすぎると、かえって毛穴が詰まってしまい、ニキビの悪化に繋がることもあります。

ニキビを悪化させないココナッツオイルの使い方


これまでにもお話ししている通り、ココナッツオイルでニキビが悪化することはほとんどなく、むしろニキビの治療に効果的です。ですから、ココナッツオイルそのものをニキビにそのまま使っても大丈夫ですし、化粧水とブレンドして使っても大丈夫です。

浸透しきれなかった分は拭き取って


ただ、あまりたくさん使いすぎると、浸透しきれなかったココナッツオイルがお肌の表面に残って毛穴に詰まってしまい、ニキビの悪化を招く恐れがあります。


ですから、ココナッツオイルを塗ってから様子を見て、浸透しきれなかった分があれば、しっかりと拭き取るようにしてください。

 
スポンサードリンク


ココナッツオイルでニキビケアをするなら…


悪化しないココナッツオイルでのニキビケアをしたいのであれば、ココナッツオイルはココナッツオイルでも、「ヴァージンココナッツオイル」がおすすめです。



ヴァージンココナッツオイルは、無精製・無漂白・無添加で作られた、より安心安全なココナッツオイルなので、ニキビケアにも安心して使用することができます。

ニキビそのものを予防することも大切


ニキビというのは、悪化させないようにすることももちろん大切なのですが、できてしまってからでは、適切なケアをしなければなりませんし、毎日のスキンケアやメイクにも支障が出て大変ですよね。



また、目立つところにできると周りの目が気になりますし、痛みも伴いますから、ニキビができないように、ニキビそのものを予防することも大切です。

ニキビ予防はココナッツオイルで可能


「ニキビそのものを予防する」ということにも、ココナッツオイルは効果的です。

お肌を乾燥から守る


ニキビの原因の一つでもある「皮脂の過剰分泌」は、お肌の乾燥によってもたらされている場合もあります。ココナッツオイルには保湿効果があり、お肌を乾燥から守ってくれるので、皮脂の過剰分泌によるニキビを予防する効果が期待できます。

お肌のバリア機能を高める


乾燥や紫外線、ストレスなどでお肌のバリア機能が弱っていると、どうしてもニキビができやすくなってしまいます。




ですが、ココナッツオイルにはお肌に潤いを与えると共に、ココナッツオイル由来の「抗菌」「殺菌」の作用により、お肌のバリア機能を高めてくれる効果があるので、ニキビをできにくくすることが可能です。

ココナッツオイルはニキビに効く


ここまで、「ココナッツオイルでニキビが悪化するのか?」という噂の真相や、悪化させない使い方などについてお話しさせていただきました。


ココナッツオイルはニキビに効果的なものであり、ニキビの炎症を鎮めて悪化を予防し、跡が残らないようにもしてくれるので、ニキビケアにはおすすめです。

 
スポンサードリンク