巷で話題の「ココナッツオイル」。食べるのはもちろんのこと、スキンケアにも使うことができるという、とても万能なオイルなのですが、「髪パック」にも使うことができます。


今回は、ドライヤーのやり方をどのように工夫すれば良いのかということや、ココナッツオイル髪パックをすることで得られる効果や髪パックのやり方、そして「工夫したほうが良い」と言われている髪パック後のドライヤーの使い方などについて、ご紹介したいと思います。

ココナッツオイル

ココナッツオイル髪パックの効果とは?


実際に髪パックをする前に、ココナッツオイルで髪パックをすることで得られる効果について、あらかじめ知っておきましょう。


まず、一番に挙げられる効果としては、「傷んだ髪の毛をケアする」という効果です。



毎日のドライヤーやヘアアイロンの使用、定期的なカラーリングやパーマの施術などで傷んでしまった髪の毛を補修する効果が期待できます。


そのため、傷んでパサついていた髪の毛も、ツヤとうるおいを取り戻すことができます。



頭皮の健康にも効果的


健康的な髪の毛というのは、頭皮が健康でなければ生えてこないものなのですが、ココナッツオイルには頭皮を健康的な状態へと導き、健康的な髪の毛を育ててくれます。


また、頭皮が健康的な状態になることで、フケ・抜け毛・薄毛といった悩みの予防や改善効果も期待できます。

 
スポンサードリンク

ココナッツオイル髪パックのやり方


では実際に、ココナッツオイル髪パックのやり方を説明したいと思います。

用意するもの


・ココナッツオイル(目安:ロングヘア→大さじ5・ショートヘア→大さじ3~4)
・タオル(またはラップ)

【下準備①】ココナッツオイルを溶かす


ココナッツオイルは25℃以下になると固まる性質があるので、25℃以下の環境で保管していて固まっていた場合は、手のひらに乗せて体温で溶かします。

【下準備②】ホットタオルを作る


タオルを使用する場合は、あらかじめホットタオルを作っておきます。

①頭皮にココナッツオイルを馴染ませる


髪の毛に馴染ませる前に、まずは頭皮にココナッツオイルを馴染ませて、指の腹を使って頭皮をマッサージします。

②ココナッツオイルを髪の毛全体に馴染ませる


ココナッツオイルを髪の毛全体に、毛先部分までしっかりと馴染ませます。

③ホットタオルを巻いて放置する


ココナッツオイルが馴染んだら、髪の毛全体をホットタオル(またはラップ)で巻いて30分程度放置します。

④ココナッツオイルを洗い流す


時間が経ったら、ココナッツオイルをキレイに洗い流します。

ドライヤーの使い方を工夫しよう


ココナッツオイル 


ココナッツオイル髪パックを終えた後のドライヤーは、「低温」で使用するようにしてください。

低温のドライヤーで、まずは髪の毛の根元を先に乾かし、最後は毛先を乾かすようにすると良いでしょう。

ココナッツオイルはオススメのヘアケアグッズ


ココナッツオイル髪パックの効果ややり方などについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?



お話ししている通り、ココナッツオイルは髪の毛にも頭皮にも良いですし、天然由来のオイルで安心して使用することができるので、ぜひココナッツオイルで、髪パックはもちろんのこと、その他のヘアケアもやってみてください。


 
スポンサードリンク