ココナッツオイルの効能って、どれだけあるのでしょうか?

認知症予防が出来るから食べていると言う男性や美肌をゲットしたいから毎日食べているという若い女性、子供の健康を想って家庭料理に取り入れているというお母さんなど様々な目的で使われている感じではありますが、本当のところ、ココナッツオイルの効能はどれくらいあるのでしょうか?


女性にも男性にも、お子様にもお年寄りにも好まれているココナッツオイルの効能をまとめてみました。


読んで頂いて、ご自分に合った目的を持って食べると良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

*免疫機能アップ*

まず、効能として知っておきたい事は「免疫機能アップ」です。

ココナッツオイルに含まれているラウリン酸は、さまざまな微生物に対しての抗菌作用があるのです。その為ヘルペスやインフルエンザなどの外からのウイルスや、黄色ブドウ球菌やアクネ菌などにも効果があります。

*認知症予防と改善*

脳が動いて、生活するにはブドウ糖が必要です。

そのブドウ糖と同じくらいのエネルギー減としてケトン体が注目されていますが、そのケトン体をココナッツオイルで摂取出来るので、認知症予防と改善に良いのです。

認知症になってしまうと脳細胞が上手くブドウ糖を吸収出来なくなるので、脳が働かずに衰えてしまいます。そんな状態を改善してくれるのがケトン体なのです。

*お肌のトラブル改善*

ココナッツオイルにはトコトリエノールという成分が多く含まれています。トコトリエノールとはビタミンEの一種で、とても強力な高酸化作用を持つ栄養素です。


(コレステロールや中性脂肪酸を低下させる作用も持ちます。)ですのでシワやシミ、毛穴の改善などの美容効果をとても感じられるでしょう。

お肌のトラブルとして多くの方が悩んでる、アトピー性皮膚炎にも効果的です。ココナッツオイルをアトピーの酷い箇所に湿布すると改善していくとも言われています。

*便秘に効果的*

ココナッツオイルは、小腸によく浸透するので腸の中の食品添加物などの化合物の汚れを掃除してくれます。

そうする事で、小腸が正常に動いて便秘解消に続がるのです。便秘は、長く続いてしまうとお肌のトラブルを起こしたり体調を壊したり、精神的なイライラを起こす原因にもなります。

酷い場合、大腸ポリープや大腸がんに発展する事もあります。

*ダイエット効果*

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸に分類されます。中鎖脂肪酸とは、一般の食用油に含まれている長鎖脂肪酸と違い身体に吸収された後に効率よく素早く分解されるのですぐにエネルギーとなり体内から排出されるのです。

その時に元々溜まっていた脂肪も一緒に燃やしてくれるのでダイエット効果があるという事なのです。

ちなみに、長鎖脂肪酸も最終的にはエネルギーになりますが、体内に蓄積されている時間が長いので脂肪になりやすいのです。

スポンサードリンク