ココナッツオイルには様々な効果があるとされ、多くの方々が自分の目的に合った方法でココナッツオイルを食べたり、飲んだりしています。

有名な効果としてはダイエット効果や認知症予防(改善も)、免疫力アップなどが知られていると思います。


ココナッツに何故こんなにも効果があるかというと、それは多くの成分を含んでいるからなのです。


ラウリン酸やビタミンE、中鎖脂肪酸という体内で燃えやすい脂肪酸のおかげでダイエット効果などを感じられる訳なのです。


 そんなココナッツですがまだ未知な事が沢山あり、もしかしたら他にも効能があるかもしれないと言われています。

スポンサードリンク

 ~昔から活用されている~

 昔、常夏の地で生きていた人々はココナッツを生き延びる為に様々な方法で有効活用していたと言われています。

夏の暑い時期は体力が失われがちですよね。

そんな時にココナッツを食べてオイルを飲んで、体力を上げ免疫力もアップするのです。


そして風邪を予防したり改善したりして暑い地でも人々は生き延びてきました。


今でも同じです。夏の暑い時期には日射病になったり体力が落ちたりします。

症状が酷いと熱が出たり咳、下痢なども発症してしまう事もあります。

そんな時に、是非ココナッツオイルを飲んでみて下さい。
スポンサードリンク


 ~ココナッツオイルと下痢の関係~

 ココナッツオイルは効能として、下痢の改善にもなりますがココナッツオイルを摂取した原因で下痢を起こしてしまう事もあるのです。いわゆる、副作用というものですね。

何事も摂り過ぎは良くない!と言いますよね。

ココナッツオイルも摂取をし過ぎると、様々な副作用があるとして量には注意しながら食べなければなりません。

しかし、副作用と言っても化学薬品ではなく、あくまでも自然の物なので副作用が出たら服用を中止しましょう。


ちなみにココナッツオイルで下痢が起きてしまうのは、体質的なものでアレルギーを起こしている状態や摂り過ぎという事です。

~下痢を起こさない為に~

 ココナツオイルを摂取して下痢を起こさない為には、ココナッツオイルを少量ずつ食べ始める事です。

食べた事の無い方は少しずつ様子を見ながらココナッツオイルを食べて下さい。


人によっては、スプーン一杯のオイルだけでも下痢を起こしてしまう場合もあります。



 ダイエットを目的とする場合は、定期的に食事に取り入れたりそのまま食べる事で、体質が変わってくるので「1日に3回」を目安に様子を見ながら摂取しましょう。


 そのまま食べるよりも、食べ物と一緒に食べたりコーヒーや紅茶に入れたりして慣れましょう!

 おすすめは、カレーやシチュー、パスタなどに食べる直前にかけてみて下さい。少し濃いめの料理にかけるとココナッツオイル独特のニオイが少し解消されて食べやすくなります。

スポンサードリンク