美容や健康に関心の高い女性に特に注目されているココナッツオイル。


ダイエットや健康のために食生活に取り入れる方がかなり多くなってきました。


でも、食べるだけじゃもったいないくらいココナッツオイルにはたくさんの利用法があるんです。


今回は、美しい歯を手に入れるためのホワイトニングや歯磨きの方法をお伝えします。

ココナッツオイル 歯磨き ホワイトニング

・ココナッツオイルって食用以外にもこんなに使えるの?


最近料理にココナッツオイルを使ったり、美容の為に少量ココナッツオイルを食べ物にプラスする人が多くなってきました。


国内外の美肌&美ボディの女優さん・有名人も使っているココナッツオイル。

試さない手はありませんよね。

でも、そんな話題のココナッツオイルには食用にする以外の活用方法が結構あるのです。


その一つが、「オイルプリング」という方法です。


オイルプリングをすると、お口の中のにおいや汚れがきれいになったり、良いことがたくさんあるんです。

では、そんな大注目のオイルプリングのやり方と効果についてじっくり見ていきましょう!

・ホワイトニングにも使える?やり方は?


オイルプリングというのは、インドの伝統的な自然療法である「アーユルヴェーダ」でも取り入れられている方法です。


簡単に説明すると食用の油を使って口をゆすぐという方法ですね。


なんだか気持ち悪そうに感じてしまうかもしれませんが、体験者によると意外なさっぱり感が得られるのだそうですよ。

ココナッツオイルには、ラウリン酸という成分が含まれ抗菌作用が期待されています。


そのため、お口の中の雑菌をきれいにすることができるのです。


また、ホワイトニングの意味でもお口の中の汚れを浮かせて落とす効果があるんです。


汚れがさっぱりして、しかも免疫力がアップすると噂の「オイルプリング」はどうやったらいいのでしょうか?

まず、最初に水を飲んで唾液の出をよくしましょう。


次にココナッツオイルを口に含む訳ですが、量は大さじ1杯が目安です。
これは飲む訳ではないので、摂取量とは別に考えて大丈夫ですよ。


口に入れると、結構どろっとした感じがするかもしれません。

でも、口に含んでいるうちに体温で馴染んでさらさらになるので心配いりません。
気持ち悪く感じたら、最初はもう少し量を加減してもOKですよ♪



さて、ここからが本番です。
口の中に入れたオイルを15分から20分程度、マウスウォッシュを使う時のように口の中でゆっくりと動かします。
まんべんなく行き渡るように意識してくださいね。


結構お口が疲れるかもしれませんが、これも小顔に効果があるそうなので頑張りましょう!

うがいし終わったら、オイルは捨てましょう。


その後、水または食塩水などでお口をきれいにすすいで完了です。


プロセス自体は難しくないので、お家にココナッツオイルがあれば今日からでもできますね!

オイルプリングの後にブラッシングをするとさらに効果的なので、是非試してみて下さいね。
 
スポンサードリンク

・歯磨きにも効果があるって本当?


母乳にも含まれる成分ラウリン酸を含んでいるココナッツオイルは、お口の中の雑菌に対しても抗菌作用を発揮してくれます。


しかも、汚れを落とす作用にも優れているので歯磨きにも向いたオイルといえるでしょう。


先ほどはうがいの方法をご紹介しましたが、歯磨きにも使えるのでしょうか?

なんと手作りの歯磨き粉を作ることができるんです。


これなら体によくないとも言われる甘味料を使った市販のものより断然安心かもしれません。


それに、歯肉炎の人にもおすすめのココナッツオイルを使っているので効果も期待できます。

使うものは、
*ココナッツオイル・・・大さじ2
*重層・・・大さじ6
*ミントオイル・・・適量
*塩(天然のもの)・・・小さじ半分



これだけです。
ミントの香りでさっぱりしているので、今まで市販のミント味に慣れた方でもいけそうですね♪

もちろん保存料が入っていないので、なるべく早く使い切るように気をつけましょう。

なかなか色々な使い方のできるココナッツオイル。

お口の健康、ホワイトニングなどが気になる方は食べるだけではなく「オイルプリング」や手作り歯磨き粉にもトライしてみたいですね。


全身美しくなれちゃうココナッツオイル、これからもますます目が離せません。

 
スポンサードリンク