ココナッツオイルが注目されていますね。
ココヤシの実から採取されるオイルで健康に良い成分がバランスよく含まれているオイルです。


食用としててんぷらやフライなどの揚げ物用として…炒め物などの調理用として等幅広く使えます。


また美容用として身体に塗ったり、髪にヘアオイルとしてつけて美髪効果を促進するなど…
ココナッツオイルは食用としても美容用としても使える万能オイルです。


でも、保存方法に困っている方も多いのではないでしょうか?

ココナッツオイルの酸化や臭いも心配ですね。

どんな保存方法が最適なのか、ご紹介していきましょう。

ココナッツオイル 容器

実は酸化しにくいんです

普通の食用油は比較的酸化が早く、酸化とともに油っぽい臭いも発生してしまいます。
しかし、ココナッツオイルは酸化しにくい油で開封後2年ほどは品質を保つことが出来ると言われています。
そのわけは、飽和脂肪酸の含有量が多いことにあります。
もともと熱帯地方の厳しい紫外線の下で育ったココヤシから採取された油なので紫外線に強い抗酸化作用が高いのです。
だから、あわてて使うことはありません。


温度によって固まっちゃう!?

ココナッツオイルは25℃くらいを境に液化したり固体化したりします。


基本は常温保存で大丈夫なのですが、サラサラだったりカチカチだったりって気になりますよね。
どんな状態になっても品質が劣化することはないので心配はいりません。


逆にこの性質を利用して、用途や季節によって保存方法を変えてみることをおススメします。

【関連記事】
ココナッツオイルが固まる場合の対処法!?酸化や臭いなどは!?


用途ごとに容器を分けましょう



大きな瓶入りのままだと使いにくいですよね。
そこで、用途によって容器を使い分け保存方法も変えていきましょう。


いくら酸化がしにくいオイルとはいえ、雑菌が入るとやはり劣化は否めません。


移しかえる前には容器を煮沸消毒するなどして、雑菌が入らないように注意していきましょう。
揚げ油など食用として使う場合には夏場はそのまま瓶入りを利用。


冬場は固まっても取り出しやすいように大口の容器に移し替えましょう。


顔や身体に塗る美容用は固まっていたほうが適量を取り出しやすく使いやすいものです。
一年中冷蔵庫などの温度が低いところで保存することをおススメします。


小さめの容器に入れてスパチュラなどで適量を手の上にとればすぐに液化しますので塗りやすくなります。

リップとして使ったりするのには固体化したオイルのほうが断然扱いやすいですよね。
こんな風に用途や季節で保存方法を変えていきましょう。
 
スポンサードリンク


まとめ

ココナッツオイルは酸化しにくい油ですから保存にそれほど気を遣う必要はありません。
でも、用途によって保存方法を変えたほうが使いやすくなります。
自分の使い道によって、入れ物や保存方法を変えて工夫していきましょう。
 
スポンサードリンク