テレビショッピングでもおなじみの「皇潤」、気になっている方も多いのではないでしょうか。


この皇潤に関しては、期待できる効果があるのはもちろんなのですが、その一方で「効かない」という良くないウワサがあるようです。


このウワサ、本当なのでしょうか?


皇潤が効かないというウワサの真相や皇潤の効果について、成分を調査して考察してみた結果をご紹介します。





皇潤(皇潤シリーズ)とは?





皇潤とは、テレビショッピングでもおなじみの「株式会社エバーライフ」が取り扱いを行っている、ロングセラーのシリーズ商品のことです。


この皇潤シリーズは、



販売実績年数 13年
ご愛用者 184万人(2003年8月から2016年5月までの皇潤購入者数累計)
健康食品ヒアルロン酸部門 11年連続売り上げNo1(2016年富士経済調べ)



といったように、多くの皇潤愛用者の健康づくりに貢献してきた実績があります。


皇潤シリーズから新商品が登場!



もしかしたらこのページに、従来の「皇潤」の情報を求めてきたという方もいらっしゃるかと思います。


残念ながら現在は「皇潤」というサプリメントはないのですが、「皇潤極」「皇潤プレミアム」といった、皇潤がさらにパワーアップした商品へと生まれ変わっています。


そして今回、この皇潤シリーズから新しく登場したのが「皇潤極」です。


皇潤極とは、2017年1月に販売が開始されたばかりの、皇潤シリーズ初の機能性表示食品です。


これまでの皇潤シリーズに使用されていた「ヒアルロン酸」はそのままで、今回新たに「非変性Ⅱ型コラーゲン」を配合、いつまでも自分の力で歩み続けたい方を応援してくれます。

<<【皇潤極】の公式通販サイトはコチラ>>

皇潤極の成分は?



皇潤極に配合されている成分は様々あるのですが、皇潤極の効果のカギを握る代表的な成分は、



非変性Ⅱ型コラーゲン
ヒアルロン酸



の2つの成分です。


「非変性Ⅱ型コラーゲン」とは?



そもそもコラーゲンとは、体内の至るところに存在しているタンパク質のことで、体の約3分の1はコラーゲンで構成されています。


ただ、全て同じ種類のコラーゲンというわけではなく、存在している部位によって種類が違い全部で20種類以上もあるとされています。


そして、その20種類のコラーゲンをざっくり分けると、「Ⅰ型」「Ⅱ型」「Ⅲ型」の3つに分けることができます。


ひざ関節の軟骨に存在しているのは、この3つのうちの「Ⅱ型」に分類されるコラーゲンで、ひざ関節の軟骨15~20%を占める主成分です。


残念なことに、体内のコラーゲンは20歳をピークに年齢と共に減少していくため、ひざ関節のケアをするためにはコラーゲンを積極的に摂取する必要があります。


しかし、コラーゲンのほうにも「熱や酸に弱い」という性質の問題があり、体内にあるコラーゲンとは別の分子構造に変化してしまうため、分子構造を維持したまま小腸に届けることができません。


皇潤極には、非変性Ⅱ型コラーゲンを天然に限りなく近い形で原料化した特許成分「UC-Ⅱ®」を使用、特殊な製造方法により、分子構造をほぼ維持したまま小腸まで届けることを可能にしました。


「ヒアルロン酸」とは?



ヒアルロン酸とは、高い保水力を持つ潤い成分のことで、脳・目・皮膚・関節といった体の至るところで水分を保持し、クッションのような役割を果たしています。


関節においては、関節軟骨の周囲で水分を保持し、クッションのような役割を果たしています。


残念なことにこのヒアルロン酸も、コラーゲンと同様に20歳をピークに年齢と共に減少していく成分であるため、ひざ関節のスムーズな動きをキープするためには、積極的に摂取する必要があります。


ただ、ヒアルロン酸は食べ物を通して摂取しても、「分子が大きくて吸収されにくい場合が多い」という問題がありました。


皇潤極に使用されているヒアルロン酸は、これまでの皇潤シリーズの商品にも使用されていましたが、効率的に吸収できるように低分子化されています。


また、国産鶏冠から抽出した天然由来のヒアルロン酸を使用しているので、安全性や品質もばっちりです。





皇潤極の効果





皇潤極の効果は、「ひざ関節の柔軟性や可動性をサポートする」というものです。


こちらは、健康な方を対象に行った、非変性Ⅱ型コラーゲンの継続摂取の実験データです。


見ての通り、非変性Ⅱ型コラーゲンの継続摂取をした方と偽薬を継続摂取した方とでは、ひざの可動域の改善の様子に違いがあり、非変性Ⅱ型コラーゲンがひざ関節の柔軟性や可動性をサポートすることが証明されました


先ほどご紹介させていただいた通りですが、皇潤極に配合されている非変性Ⅱ型コラーゲンは、ひざ関節の軟骨の中に存在する成分で、年齢と共に減少していきます。


非変性Ⅱ型コラーゲンは、ひざ関節の柔軟性や可動性に大きく関わっている成分であるため、減少することによってひざの曲げ伸ばしが気になるようになってしまいます。


そこで、皇潤極を通して減少した非変性Ⅱ型コラーゲンを補うことで、ひざ関節の柔軟性や可動性をサポートすることができるというわけです。


また皇潤極には、関節のスムーズな動きをサポートするヒアルロン酸も配合されているので、ひざ関節の健康を維持することも可能です。

<<【皇潤極】の公式通販サイトはコチラ>>

効かないってウワサは本当?





皇潤極に関しては、一部では「効かない」という噂があるようです。


では、このウワサは本当なのかというと、「まだ販売開始から間もないサプリメントである」ということもあるので、このウワサが本当かどうかの判断が難しいというのが現状です。


ただ、皇潤極はサプリメントであって薬ではないので、期待できる効果が現れるまでには時間がかかります。


そのため、「皇潤極を飲んだらすぐにひざの曲げ伸ばしが楽になる!」といった即効性を期待すると、飲み始めて日が浅いうちに「効かなかった」という判断を下してしまう可能性もあります。


またサプリメントである以上、飲んだ人全員に効果が現れる保証もないので、もしかしたら「継続して飲み続けてみたけれど、効果がなかった」という方も出てくる可能性もあります。


皇潤極の正しい飲み方



「皇潤極が効かなかった」という結果に陥ることをある程度防ぐ方法が1つあります。


それは、「正しい飲み方をする」ということです。


「皇潤極が効かなかった」という場合、効かなかった原因が飲み方にある場合も十分考えられるので、まずは正しい飲み方を実践するのが第一歩です。


皇潤極の1日の摂取目安量は6粒です。


薬ではないので、飲むタイミングに関しては明確な決まりはありませんが、自分の中で飲むタイミングを決めて、毎日しっかりと飲み続けることが望ましいです。


飲むタイミングを決めておかないと、飲み忘れの原因になってしまいますから、飲むタイミングは決めておくことをオススメします


皇潤極はひざ関節のケアに対する効果が期待できるサプリメント



今回は、皇潤(皇潤極)が効かないというウワサの真相や皇潤の効果についてご紹介させていただきました。


皇潤極に関しては、まだ口コミや感想などの情報が少ない状態ではあるのですが、ひざ関節のケアに対する効果が期待できるサプリメントです。


効かないというウワサに関しても、効果の現れ方に個人差はあるかと思いますが、毎日継続して飲んでいれば、「効かなかった」という結果に陥る可能性を低くすることは可能です。


今回ご紹介させていただいた皇潤極は、リンク先にて初回価格3,900円(通常価格の半額以下)で購入することができます。


ひざ関節のケアをお考えの方は是非、皇潤極を試してみてはいかがでしょうか

<<【皇潤極】の公式通販サイトはコチラ>>