チアシードは飲むの?噛むの?
チアシードを食べるとき、皆さんは飲みますか?噛みますか?


チアシードを水に含んだゼリー状のグルコマンナンは、胃の中で膨れてお腹を
いっぱいにする働きがあります。



飲むだけでも十分お腹は膨らみますが、栄養の吸収を考えると噛むこと、噛み
砕くことが大切なのです。


細かくなればなるほど、胃の働きも活発になり上手に消化されやすくなります。
満腹中枢を刺激し、グルコマンナン効果で食べ過ぎを抑えることができます。

スポンサードリンク

チアシードのふやかす時間とは?



どれくらいの目安で食べれば良いのでしょう?通常5~10分で食べれますと
説明しているものもありますが、食感が欲しいという方は長時間置くことで
楽しむことができます。


時間の目安

ドリンク→30分~1時間
デザート→2時間以上
ヨーグルト→3時間以上

水に浸す時間が少ないと、プルプル感はないようです。
2時間もすると、種がモコモコト膨らんできます。


3時間以上置いたものはプチプチといった食感が楽しめて、癖になるといった
方が沢山います。


たっぷりの水分と一緒に食べることが基本です。
割合としては、チアシード1に対して水は9です。

ダイエットにお勧めなのは?

バジルシード
チアシードは、水分を吸って膨らみます。満腹感が得やすいということが特徴
です。ダイエット中は、ドリンクやヨーグルトがお勧めです。



食べるタイミングというのは、実は決まっていません。
朝食を置きかえるダイエットが流行っていますね。

スポンサードリンク

ダイエット中に心配なのは、なんといっても空腹です。
食事制限もありますし、なんとかお腹が膨らまないかなんて考えがちですね。


チアシードには満腹にする効果があります。腹もちも良いので、嬉しいですね。
チアシードに置きかえる場合は食べる、飲む30分以上前に混ぜておくことです。


ヨーグルトの場合はプレーンがお勧めですが、なんだか物足りないと感じてしま
いがちです。そんな時は、ジャムやはちみつなどで少し甘味をつけることで
満足が得られるのではないでしょうか。



便秘が気になる方は、就寝前に是非試してみてくださいね。
腸の調子を整えてくれます。


成人になると、水分を保つのが難しくなり脱水気味の方が多いそうですので
1日1,5~2Lの水分をこまめにとることがポイントです。

まとめ

食べるときの注意点として、チアシードは水を吸収するのに時間がかかります。
食べる数時間前に混ぜてから冷やしておきましょう。


噛むことを意識しましょう。ゆっくり食べることで胃に負担をかけることもなくなり
ます。時間はあくまで目安ですので、自分の好みに合わせた方法で食べてい
ただくのが1番です。食べるタイミングも自分次第です。

スポンサードリンク