積極的に摂取する必要があるものがあったり、逆に摂取しないように注意する必要があるものがあったりと、妊娠中は口にするもの1つ1つに気を遣わなければなりませんよね


妊娠中の妊婦さんが避けるべきとされている食べ物は様々あるのですが、お好きな方も多い「抹茶」に関しても「カフェインが多すぎて危険」という噂があるようです。


この、「抹茶はカフェインが多すぎて危険」という噂の真相や、抹茶好きな妊婦さんが注意すべきことについてのポイントを5つに分けてご紹介します。


「妊娠中はカフェインを控えるべき」とされている理由





抹茶のカフェインについてお話しする前に、まずは「妊娠中はカフェインを控えるべき」とされている理由について解説したいと思います。


妊娠中にカフェインをたくさん摂取することは、母体・胎児の双方に影響を及ぼすことがわかっています。


母体への影響



母体への影響としては、毛細血管を収縮させて血流を悪化させる可能性があります。


血流が悪化することによって、胎盤への血流が滞ってしまうため、



胎盤が作られる過程に影響を及ぼす(妊娠初期)
胎児に充分な酸素や栄養が届かなくなる



といった状態に陥る恐れがあります。


また、カフェインには妊娠中に多く摂取すべきとされている「カルシウム」や「鉄分」の吸収を阻害する作用もあり、カフェインをたくさん摂取することでカルシウムや鉄分が不足する恐れもあります。


胎児への影響



カフェインは胎児の体へと摂り込まれやすい成分です。


大人の場合は、カフェインを摂取してもすぐに排出する能力を持っているのですが、体の機能が未熟な胎児にはそのような能力は備わっていません


そのため、一度カフェインが体内に摂り込まれると、カフェインが高濃度のまま居座って影響を及ぼすとされています。


胎児への影響としては、胎盤への血流が滞ることによって発育が阻害されてしまうため、



早産
流産
死産
低体重児


といったリスクが高まります。


また、カフェインの特徴でもある「覚醒作用」も胎児には良くありません


抹茶にカフェインは含まれている?



「カフェインが含まれている飲み物」というと、コーヒーや緑茶のイメージが強いと思います。


では、抹茶はどうなのかというと、抹茶にもカフェインは含まれています


抹茶に含まれるカフェインはどのくらい?



抹茶にカフェインが含まれているとなると、次に気になるのは抹茶に含まれているカフェインの量


抹茶は色が濃いので、見た目からすれば「結構な量のカフェインが含まれているのではないか?」と思ってしまうと思いますが、実際はそれほど多くのカフェインが含まれているわけではありません


抹茶に含まれているカフェインの量は、「100mlあたり約30mg」といわれています。


コップ1杯が大体200mlなので、コップ1杯の抹茶を飲んだ場合のカフェイン摂取量は60mgになります。


スポンサードリンク



妊娠中に抹茶を摂っても大丈夫?





「抹茶にはカフェインが含まれている」となると、抹茶好きな妊婦さんは「しばらくの間は抹茶を飲んではいけないのか?」という疑問を抱くはず。


では、妊娠中の抹茶はNGなのかというと、NGではありません


妊娠中に抹茶を摂ること自体に、それほど問題はないとされています。


なぜかというと、妊娠中に摂取しても問題ないとされているカフェインの量「1日あたり200~300mg程度」と、カフェインを一切摂取してはいけないとされているわけではないからです。


極端な話ですが、抹茶に含まれているカフェインの量と1日に摂取できるカフェインの量を照らし合わせると、「1日1リットルまでなら抹茶を飲んでも良い」ということになります。


ただ、現実的に考えれば、1日1リットルも抹茶を飲もうとする妊婦さんはいないと思います。


たくさん飲んだとしても、最大で1日3杯程度(約600ml)で限界だと思うので、カフェインの摂取量は180mgとなり、1日に摂取しても良い量の上限には届きません


抹茶を使ったお菓子の場合は?



クッキー・チョコレート・ケーキ・アイス・プリンなどなど、抹茶を使ったお菓子もたくさんありますが、そういったお菓子にも多少のカフェインは含まれている可能性があります


ですが、少し食べるくらいであれば問題はないでしょう。


適度に飲んだほうが良い飲み物でもある



実はこの抹茶、妊婦さんは適度に飲んだほうが良い飲み物でもあります。


なぜかというと、



カフェインに精神を落ち着かせる作用がある
妊娠初期に必要な「葉酸」が含まれている
虫歯予防や肌トラブル予防に効果的な「カテキン」が含まれている
むくみを予防・解消するのに効果的な「カリウム」が含まれている



といった、抹茶に含まれている成分による働きが期待できるからです。


飲み方のポイントについてはこの後ご紹介させていただきますが、こうした理由から適度に飲んだほうが良いとする意見もあります。


妊婦さんが抹茶を摂る上で注意すべきポイント5つ





妊婦さんが抹茶を摂る上で、どのようなことに注意すべきなのでしょうか?


抹茶の飲み方を5つのポイントに分けてご紹介します。


①抹茶の飲み過ぎはNG



前述している通り、妊娠中に摂取しても問題ないとされているカフェインの量は、1日あたり200~300mg程度です。


抹茶を飲むのであれば、1日に2~3杯程度に留めておくようにしましょう。


②抹茶を使ったお菓子の食べ過ぎはNG



お菓子に使用される抹茶の量はそれほど多くはありませんが、抹茶を使ったお菓子を食べ過ぎると、1日に摂取しても良いカフェインの量の200~300mgの範囲を超えてしまう恐れがあります。


抹茶を使ったお菓子に関しては、カフェインの摂取量以前にカロリーのほうが気になりますから、たくさん食べる方はまずいないと思いますが、抹茶を使ったお菓子を食べる場合は、食べ過ぎないように注意してください


③抹茶以外のカフェインを含む飲み物や食べ物にも注意!



抹茶だけでは200~300gの範囲には達しなくても、



抹茶を飲みながらカフェインが含まれたお菓子を食べる
抹茶を使ったお菓子を食べながら、カフェインが含まれた飲み物(コーヒーや緑茶など)を飲む



といった形で、抹茶と共にカフェインが含まれた飲み物や食べ物を摂取することで、200~300mgの範囲を超えてしまう恐れがあります。


ですから、抹茶以外の飲み物や食べ物のカフェインにも注意してください。


④あまり神経質にならないこと



抹茶が好きな方にとって、抹茶を断つのは辛いこと


いくらお腹の赤ちゃんのためとはいえ、精神的にも不安定になりがちですから、大好きな抹茶を我慢し過ぎるのも考えものです。


不安定な精神状態も胎児にとっては良くないですし、カフェインを含むものを一切摂取してはいけないというわけではないので、あまり神経質にならないようにしてください。


⑤気になる場合は「ノンカフェインの抹茶」を選ぶ



カフェインの摂取量が気になる場合は、「ノンカフェインの抹茶を選ぶ」という方法もあります。


ノンカフェインですから、カフェインの摂取量を気にすることなく飲むことができます


過剰摂取しなければ大丈夫!



今回は、「抹茶はカフェインが多すぎて危険」という噂の真相や、抹茶好きな妊婦さんが注意すべきことについてのポイントを5つに分けてご紹介させていただきました。


結論としては、抹茶にカフェインは含まれているものの、妊娠中でも過剰摂取しなければ大丈夫です。


適度に摂取すれば、ご紹介したような良い効果も期待できます


飲み過ぎや食べ過ぎに注意しながら、大好きな抹茶と上手に付き合っていきましょう


スポンサードリンク