小腹が空いた時や、「ご飯作るの面倒だなぁ…」という時に便利な「カップ焼きそば」


カップ焼きそばにも様々な種類がありますが、食べるからにはおいしいカップ焼きそばを選んで食べたいところ。


そこで今回は、「どのカップ焼きそばが一番人気なのか」ということで、人気のカップ焼きそばランキングTOP5をご紹介したいと思います。


スポンサードリンク



「カップ焼きそば」について





まずは簡単に、カップ焼きそばについてご紹介したいと思います。


カップ焼きそばとは、その名の通りカップに入ったインスタントの焼きそばのことを指します。


油で揚げてある麺や乾燥した具材(かやく)にお湯を注いで戻した後、湯切り口お湯を捨てて付属のたれで味付けするだけで簡単にできます。


そもそも焼きそばは、中華麺を肉類や野菜類と一緒に炒めて味付けをした料理のことで、ルーツは中国の「炒麺(チャオメン)」という料理です。


現在食べられている焼きそばは、この炒麺が日本独自の進化を遂げた末の形であり、戦前にはすでに日本で食べられていたそうです。


カップ焼きそばの発祥は、炒麺の発祥である中国ではなく、なんと日本


現在はありませんが、1974年(昭和49年)の7月に発売された「エビスカップ焼そば」というカップ焼きそばが、日本で初めて誕生したカップ焼きそばだそうです。


カップ焼きそばランキングTOP5をご紹介!





それでは早速、カップ焼きそばの人気TOP5を、第5位から順にご紹介したいと思います。


なお、今回ご紹介させていただくランキングは、当サイトで調査した結果にもとづいてランク付けをした、当サイト独自のランキングになります。


また、いずれのカップ焼きそばも2017年3月末時点での情報となります。


ご了承ください。


【第5位】ごつ盛りソース焼そば



まずは第5位。


第5位に輝いたのは、東洋水産(マルちゃん)の「ごつ盛りソース焼きそば」です。


「ごつ盛り」という名前の通り、麺だけで130gのごつ盛りなカップ焼きそばで、キューピーの「からしマヨネーズ」がついています。


口コミでは、



たっぷり入っているのに価格が安い
安いのに結構おいしい
マヨネーズ入りなのが良い
これ1つでお腹がいっぱいになる
1人で食べきれないくらいの量だった
たくさん食べたい人には良い



といった、量の多さと価格の安さ、そして味を高く評価する口コミが目立ちました。


量が多いということは、「その分カロリーも高い」ということになるので、その点に関しては玉に瑕ですが、たまに食べる程度であれば問題ないと思います。



【ごつ盛りソース焼きそばの詳細情報】

◎希望小売価格
オープンプライス

◎内容量
171g (麺130g)

◎カロリー
784kcal

◎シリーズ商品
ごつ盛り塩焼きそば



【第4位】昔ながらのソース焼そば



続いては第4位。


第4位に輝いたのは、東洋水産(マルちゃん)の「昔ながらのソース焼きそば」です。


タカアンドトシの2人がイメージキャラクターを務めるカップ焼きそばで、なめらかでモチモチとした麺と粉末と液体のダブルソースが生み出す、昔ながらの焼きそばを感じさせるおいしさが特徴です。


口コミでは、



インスタントなのにおいしい
昔ながらの味が良い
ソースがおいしい
毎日食べたいくらいおいしい
モチモチした麺がおいしかった



といった、味を高く評価する口コミが目立ちました。


懐かしさを感じさせる昔ながらの味が、我々現代人にとっては新鮮に感じやすいのかもしれません。



【昔ながらのソース焼きそばの詳細情報】

◎希望小売価格
180円(税抜)

◎内容量
123g (麺100g)

◎カロリー
551kcal

◎シリーズ商品
昔ながらのソース焼きそば ちょい辛




【第3位】一平ちゃん夜店の焼そば



ここからはTOP3に入っていきます。


第3位に輝いたのは、明星食品の「一平ちゃん夜店の焼そばソース味」です。


一平ちゃん夜店の焼そばソース味は、1995年に発売されて以来ロングセラーを記録しているカップ焼きそばです。


特製のからしマヨネーズと、からしマヨネーズ風味のフレークがついており、ソース・からし・マヨネーズの絶妙な組み合わせを楽しむことができます。


口コミでは、


あっさりしていて食べやすい
からしマヨネーズがくせになる
安いのにおいしい
ロングセラー商品なだけあっておいしい
マヨビームをかけると見た目的にもおいしそうに見える
屋台で売られている焼きそばのよう



といった、こちらも味を高く評価する口コミが目立ちました。


麺やソースがおいしいのは当然として、からしマヨネーズがおいしさをさらに引き立ててくれているからこそ、高く評価されているのだと思います。



【一平ちゃん夜店の焼きそばソース味の詳細情報】

◎希望小売価格
180円(税抜)

◎内容量
135g(麺100g)

◎カロリー
604kcal

◎シリーズ商品
大盛りソース味
わさびマヨ醤油味
大盛りわさびマヨ醤油味
チョコソース
ショートケーキ味
カラムーチョホットチリ味
すっぱムーチョさっぱり梅味
塩だれ味
辛子明太子味
ポテマヨ味



スポンサードリンク



【第2位】ペヤングソースやきそば



次は第2位。


第2位に輝いたのは、まるか食品株式会社の「ペヤングソース焼きそば」です。


ペヤングソース焼きそばは、1975年(昭和50年)に販売が開始された、40年以上も愛されているカップ焼きそばのロングセラー商品です。


鉄板で作る本格的な焼きそばをイメージしたカップ焼きそばで、販売開始当初から変わらないシンプルな味わいに定評があります。


口コミでは、



麺の感じやソースの味全てが自分好み
マヨネーズが入っていないところが逆に良い
シンプルな味でおいしい
いろいろなカップ焼きそばがあるけど、ペヤングソース焼きそばが一番好き
安定したおいしさ



といった、変わらないシンプルな味を高く評価する口コミが目立ちました。


様々な工夫を凝らしたカップ焼きそばが登場している中で、あえてシンプルな味をイメージしているところがペヤングソース焼きそばの強みですね。



【ペヤングソース焼きそばの詳細情報】

◎希望小売価格
170円(税別)

◎内容量
120g

◎カロリー
544kcal

◎シリーズ商品
超大盛
酸辣MAXやきそば
背脂MAXやきそば
やきそばプラス納豆
ペペロンチーノ風やきそば
チョコレートやきそばギリ
パクチーMAXやきそば
わかめMAXやきそば
超大盛やきそばハーフ&ハーフ激辛
激辛やきそば



【第1位】日清焼そばU.F.O.



最後は栄えある第1位の発表です。


第1位に輝いたのは、日清食品の「日清焼そばU.F.O.」です。


日清焼そばU.F.O.は、1976年(昭和51年)に販売が開始された、「カップ焼きそばと言ったらこれ!」といっても過言ではない、カップ焼きそばの定番商品です。


他のカップ焼きそばとは違った、少し太めの麺と濃厚なソースが特徴的で、こちらもシンプルな味に定評があります。


口コミでは、


一番シンプルでおいしいカップ焼きそば
カップ焼きそばが食べたくなった時は、迷わずU.F.O.を選ぶ
麺とソースの相性が抜群
時々無性に食べたくなるほどおいしい
カップ焼きそばの中で一番好き



といった、おいしさを高く評価する口コミが目立ちました。


40年もの間愛され続けているカップ焼きそばであり、日清焼そばU.F.O.の元祖なだけあって、やはり強いですね。



【日清焼そばU.F.O.の詳細情報】

◎希望小売価格
180円 (税別)

◎内容量
128g (麺100g)

◎カロリー
556kcal

◎シリーズ商品
お好み焼味
明太子マヨ焼そば
上海オイスター焼そば
梅こぶ茶 梅こぶ茶の旨み広がる塩焼そば
プチU.F.O.
ビッグ
ビッグ 数量限定マヨ付
ビッグ 極太まぜそば炭火焼肉味



好きなカップ焼きそばには地域性がある!





人気のカップ焼きそばTOP5をご紹介させていただきましたが、補足情報として最後にご紹介したいのが、「好きなカップ焼きそばの地域性」についてです。


実は好きなカップ焼きそばは、地域によって意見が分かれることが調査によってわかっています。


東日本と西日本で分けると、東日本では「ペヤングソース焼きそば」が人気なのに対し、西日本では「日清焼そばU.F.O」が人気です。


ただ、ペヤングソース焼きそばでもなければ、日清焼そばU.F.Oでもないカップ焼きそばが人気の地域もあります。

北海道 「焼きそば弁当」(投票数98票 / 総投票数317票)
青森県・秋田県・岩手県・山形県 「焼そばバゴォーン」 (53票 / 114票)
山梨県・宮崎県・沖縄県 「一平ちゃん夜店の焼きそば」 (17票 / 41票)

Pouchより引用


※焼きそば弁当は北海道限定、焼きそばバゴォーンは東北・信越地方限定のカップ焼きそばです。


カップ焼きそば1つで地域性が表れる、面白い調査結果ですよね。


定番商品強し!



今回は、人気のカップ焼きそばランキングTOP5をご紹介させていただきました。


TOP5に入ったカップ焼きそばはどれも、定番商品として知られているカップ焼きそばばかりでしたよね。


カロリーの摂り過ぎには要注意ですが、今回ご紹介させていただいたTOP5のカップ焼きそばを食べてみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク