「イソフラボン」の積極的な摂取を考えている、またはイソフラボンを積極的に摂取するように心がけている方も多いはず。


イソフラボンは、女性にとって心強い働きをする成分の1つなので、一見すると悪いところが見当たらない成分のようにも見えるのですが、「過剰摂取は健康に悪影響」という話もあります。


イソフラボンの過剰摂取は、本当に健康に悪影響を及ぼすのでしょうか


また、イソフラボンの1日の正しい摂取量はどのくらいなのでしょうか?


イソフラボンとは?





イソフラボンとは、主に大豆の芽になる部分(胚芽)に含まれている、貴重なポリフェノールの一種です。


「大豆イソフラボン」「植物性エストロゲン」といった名前で呼ばれることもあります。


このイソフラボンの大きな特徴としては、「女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする」という点。


エストロゲンとは、丸みを帯びた体つきや美肌といった「女性らしさ」を作る上で欠かせない成分です。


しかしこのエストロゲンは、年齢と共に減少していくため、更年期障害の症状や肌トラブルなどを引き起こす原因になります。


ここで、減少したエストロゲンを補うという意味で、エストロゲンと似た働きをするイソフラボンが大活躍します。


エストロゲンが過剰に分泌された場合には、エストロゲンの分泌を抑えて量を調整する働きもしてくれます。


また、女性ホルモンのバランスが乱れた時にも有効な成分であるため、ホルモンバランスが乱れやすい若い女性にも効果を発揮してくれます。


イソフラボンが多く含まれる食品



イソフラボンが多く含まれる食品としては、以下のような食品が挙げられます。



大豆
大豆水煮
豆腐
絹ごし豆腐
油揚げ
納豆
味噌
しょう油
きな粉
おから
豆乳



見ての通り、全て大豆が使用されている「大豆製品」です。


ということは、大豆製品を意識して摂っていれば、イソフラボンは簡単に摂取することができるということです。


大豆製品の他にも、大豆と同じマメ科の植物である「葛(くず)」や「レッドクローバー(アカツメクサ・ムラサキツメクサ)」といった植物にも、イソフラボンが含まれています。


イソフラボンの効果



イソフラボンには、



生理不順の改善
更年期障害による症状の緩和
月経前症候群(PMS)による症状の緩和
生活習慣病の予防
血行促進(冷え性の緩和)
骨粗しょう症の予防
バストアップ
美肌
育毛



といった効果が期待できます。


イソフラボンの過剰摂取は健康に悪影響?





では本題に入って、「イソフラボンの過剰摂取は健康に悪影響なのか」ということについて解説します。



胸を大きくしたい
PMSの症状を軽くしたい
更年期障害の症状を軽くしたい



などといった理由から、イソフラボンをたくさん摂取しようとする方は多いのですが、結論からお話しすると、イソフラボンの過剰摂取は健康に悪影響を及ぼします


どんなに体にいい成分や食品であっても、過剰摂取すれば体に良くないのは当たり前のこと。


水を飲み過ぎればお腹を壊したり、水中毒になったりしますし、食物繊維を摂り過ぎれば下痢になったり、便秘を悪化させてしまったりします。


イソフラボンの場合は、過剰摂取すると次のような症状が現れたり、病気を発症したりするリスクが高まる可能性があります。


生理不順



生理不順を改善する効果が期待できるはずのイソフラボンですが、過剰摂取するとホルモンバランスが乱れてしまいます


その結果、生理周期がバラバラになり、生理不順を招く恐れがあります。


PMSの症状の悪化



PMSに関しても、症状を緩和する効果が期待できるはずなのですが、過剰摂取すると、ホルモンバランスが乱れてかえって症状を悪化させてしまう恐れがあります。


スポンサードリンク



病気



イソフラボンを過剰摂取すると、


乳がん
子宮体がん(子宮内膜がん)
子宮内膜増殖症
膀胱がん
腎結石


といった病気のリスクが高まることがわかっています。


ある実験では、閉経後の女性が1日あたり150mgのイソフラボンを長期間にわたって摂取し続けることで、子宮体がんを引き起こすとされている子宮内膜増殖症を発症するリスクが上がることがわかったそうです。


イソフラボンの1日の正しい摂取量





過剰摂取は体に良くないということ、お分かりいただけたかと思うのですが、では一体イソフラボンの1日の正しい摂取量はどのくらいなのでしょうか。


イソフラボンの1日の摂取目安量は、40~50mgとされています。


これは理想量であるため、1日40~50mgのイソフラボンを摂取することが望ましいという意味です。


これは、



味噌汁 約4~5杯分
豆腐 約半丁分
納豆 約1パック分
調整豆乳 約200ml分



それぞれに該当する摂取量です。


実は現代人は、食生活の乱れや欧米化によって大豆製品を食べる機会が、昔と比べると減っています


イソフラボンの1日の平均摂取量は18mgと、1日の摂取目安量の約半分にも下がっているのです。


過剰摂取にも注意しなければならないことは事実なのですが、現代人のイソフラボンの摂取量が不足していることを考えると、積極的に摂取するように心掛けたほうが良いでしょう。


摂取上限量は?



イソフラボンの1日の摂取目安量は40~50mgでしたが、1日の摂取上限量も気になるところ。


イソフラボンの1日の摂取上限量は、70~75mgとされています。


そのうち、健康食品から摂取する場合の摂取上限量は1日30mgまでとされています。


なぜ健康食品から摂取する場合の摂取上限量が30mgなのかというと、過剰摂取に繋がる恐れがあるからです。


その日1日のイソフラボンの摂取が「健康食品からの摂取」のみでであれば良いのですが、健康食品からイソフラボンを摂取した他に、食品を通してイソフラボンを摂取すると、過剰摂取になってしまうことがあります。


日本人には大豆製品と馴染みが深いですから、


「今日は大豆の煮ものでも作ろうかな」
「今夜のおかずは豆腐ハンバーグにしよう!」


といった感じで、何気なく大豆製品を食べていることも多いと思います。


30mgというのは、何気なく摂取しているイソフラボンのことも考慮した上での30mgということです。


もし健康食品を通してイソフラボンを摂取することを考えているのであれば、食品からの摂取は少し控えめにしておいたほうが良いでしょう。


過剰摂取に特に注意が必要な場合



誰もがイソフラボンの過剰摂取には気をつけてほしいのですが、中でも特に注意が必要なのは、以下に該当する方です。



妊娠中
授乳中
生理期間中
15歳未満の子供
ホルモン剤や抗がん剤を使用した治療を受けている
がんの既往歴がある



ほとんどの女性が、1つは該当する項目があったと思います。


通常の食事から摂取する分には、過剰摂取になることはないと思うのですが、該当する方は気を付けたほうが良いでしょう。


健康食品を通してのイソフラボンの摂取は、いずれの状態にも該当しない状態になってからにするか、主治医と相談した上で決めるようにしましょう。


適度に摂取すれば嬉しい効果が期待できるイソフラボン!



今回は、イソフラボンの過剰摂取が本当に健康に悪影響を及ぼすのか、そしてイソフラボンの1日の正しい摂取量はどのくらいなのか、ということについて解説させていただきました。


イソフラボンは過剰摂取すると、健康に悪影響を及ぼすことはありますが、現状としては不足している方が結構多いので、そこまで深く気にする必要はありません


適度に摂取すれば嬉しい効果が期待できると思うので、摂取量を守って食生活に取り入れるようにしてくださいね。


スポンサードリンク